Keep on Jumpin'

Jリーグ第13節 味の素スタジアム FC東京戦

ワールドカップの最終予選開始に伴うJリーグ一時中断前、最後の試合はアウェーでのFC東京戦。結論から言えばほんといい試合だった。内容的にもスタジアムの雰囲気的にも。先制点も取れて、勝てる試合だったから引...

ワールドカップの最終予選開始に伴うJリーグ一時中断前、最後の試合はアウェーでのFC東京戦。結論から言えばほんといい試合だった。内容的にもスタジアムの雰囲気的にも。先制点も取れて、勝てる試合だったから引き分けっていう結果は正直悔しいけど、アウェーでの上位対決、勝点1を取れたのをよしとして次に期待することにします。

Jリーグ第13節 味の素スタジアム FC東京戦

今日のスタメンはいつものベストメンバー。最終ラインに槙野、永田、ツボ、ボランチに阿部ちゃん、啓太。ウィングにがウメとヒラ、2シャドーがマルシオと柏木、ポポさん1トップ。

ウチも東京も、守備時はしっかり自陣でブロックを作って守り、攻撃時はしっかりボールをつないでゲームを組み立てるっていうサッカー (本来の今期FC東京さんは前プレ激しいスタイルですが) なので、なかなか中盤でスペースがなく、しかも両者とも攻守の切り替えも早い中、ワンタッチプレーやテンポのいいパス交換で互いにチャンスを作る、緊張感のある試合展開。

ウチはなかなか簡単には中央に楔を入れられないものの、啓太や柏木、阿部ちゃんがうまくスペースを見つけてボールを受け、前を向くと、両ウィングのウメ、ヒラに鋭い展開でサイドをえぐったり、ポポさんを楔の受け手にうまく使いながら2列目からマルシオや柏木がゴール前に飛び出してチャンスを作ったりと、相手のタイトな中盤に苦労しながらも自分たちのサッカーをなんとか出そうと工夫していて、しかも何度もいい形を作っていました。

相手のゴール前に人数もいて、守備ブロックを作られている状況でもワンタッチプレーなどで崩していけてるのを見て、前日インタビューでミシャさんが「やりたいことの半分くらいはできてるよ」と言ってたのがわかる気がします。

開幕当初は中央で相手にブロックを作られると手詰まりになってた感がありましたが、今はそのような状況でも中盤でのパス交換の間にタイミングよくウメやヒラが抜け出し、そこを使ってサイド攻撃を行うだけでなく、中央の狭いところでも果敢に楔を入れて、そこからワンタッチプレーで裏に抜け出したりと決定機を作れてるので。特にポポさんの楔の受け手としての能力の高さ、さらに2シャドーとの連携や槙野を含めたサイドのオーバーラップのタイミング等は、ここにきてかなり完成度が上がってきているので、今後も期待してよさそうです。

さて、前半はお互いに何度か決定機を作るものの得点は奪えず。ただチャンスの数と質でいえばウチの方がちょっと多いかなっていう感じながらほぼ互角の展開。後半も立ち上がりから両者とも集中して運動量も多く、前半同様に互いにチャンスを作る展開。ただし、後半はFC東京ペースだったと言える展開。お得意の前プレでウチが押し込まれる時間が長くなりました。

このままスコアレスでもおかしくないかなという展開で後半も終了間際、88分にサイドで柏木が粘って中に切れ込んだボールのこぼれ球を元気が落とし、それをマルシオが叩き込んで先制。終了間際だし、もうこれは勝ったぜぇぇって感じでお祭り騒ぎだったんですが......その2分後、ロスタイムにコーナーキックから森重にヘディング叩き込まれてあっさり同点。そのまま試合終了となりました。

マリノス戦の時も同じような形でマルキに勝ち越しゴールぶっ込まれてますが、最後の最後で集中が...サッカーは終わってみるまでわかりませんが、まさにそんな劇的なラストでした。ホント疲れた。

Jリーグ第13節 味の素スタジアム FC東京戦

これで来週のミッドウィークにナビスコカップ鳥栖戦があるものの、Jリーグはしばらくお休み。次は16日、アウェーでのガンバ戦が再会試合になります。中断期間にしっかりコンディションを整えて、大阪で気持ちよく勝ちたいっすね。

試合データ
観客: 33836人
天候: 晴れ
試合結果: 東京1-1浦和(前半0-0)
レッズ得点者: マルシオ/88分
順位: 5位(暫定順位/13節終了時点/6勝3敗4分/勝点22)
警告・退場: -

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る