Keep on Jumpin'

埼玉スタジアムから人が減った理由?...タイトル取ってないからですよ

Soccer Journal(サッカージャーナル)の吉沢康一さんコラムで、埼スタから人が減った理由っていう記事が上がってまして、超簡単に要約してしまえば、ゴール裏の雰囲気が悪いのも1つの要因じゃないの...

Soccer Journal(サッカージャーナル)の吉沢康一さんコラムで、埼スタから人が減った理由っていう記事が上がってまして、超簡単に要約してしまえば、ゴール裏の雰囲気が悪いのも1つの要因じゃないの?っていうお話なんですが...

私もクルヴァの一員ではないものの、ゴール裏で20年間応援しているものの端くれとして、吉沢さんの書いていることにまぁそういうこともあるよねと思うところは多々あるのですが、コラム内で上げられている点なんかは、大した問題だと思ってなくて、コラムのタイトルにある、埼スタから人が減った理由に関して端的に考えるなら、単純に勝ってねぇからだろ?と思うわけですが、丁度いい機会なので、データを基にちょっと考えてみようかなと思います。

さて、私は、埼スタから観客が減ったのは、

2008年以降タイトルから遠ざかって、それに伴いメディア露出も減った(優勝争いしてないからスポーツニュースなどテレビで報道されないなど)のが一番の原因で、しかもそれで減ったのはレッズがお荷物って言われてた時代から応援してた所謂コアなサポの人達じゃなくて、2003年~07年(主に2006年~07年)にかけてのレッズ全盛期にブームに乗って埼スタに来るようになったライトなサポが、バブルがはじけて離れていっただけ (あと古いサポの高齢化による現場離れがちょこっとあるかな...)

だと考えているのですが、実際の観客動員数データを基に、この仮説を検証してみます。

ということで、下記に観客動員数のデータ。Jリーグの公式データからレッズのホームゲームにおける平均観客動員数をまとめています。2ステージ制だった時期に関しては2ステージの平均値を出しています。

年度 リーグ戦平均入場者数(人) 備考
1993 11,460  
1994 18,476  
1995 19,560 駒場スタジアム改修 収容人員21,500人へ
1996 24,329  
1997 20,504  
1998 22,637
1999 21,258 J2降格
2000 16,923 ※J2
2001 26,958 埼玉スタで2試合開催(埼スタの収容人員は63,700人)
2002 26,372 埼玉スタで5試合開催
2003 28,760 ナビ杯優勝 / 埼玉スタと駒場半々くらい
2004 36,416 セカンドステージ優勝 / 埼スタが駒場開催より多い
2005 39,357 リーグ戦2位 / この年以降、埼スタがメインに
2006 45,573 リーグ戦優勝
2007 46,667 リーグ戦2位 / ACL優勝 & FIFA CWC 3位
2008 47,609 リーグ戦7位 / Jリーグ歴代最高年間観客動員数達成
2009 44,210 リーグ戦6位
2010 39,941 リーグ戦10位 / この年以降、J1の駒場開催なし
2011 33,910 リーグ戦15位

出典: Jリーグ公式サイト -> 公開資料 -> 入場者数データ

2004年以前の、駒場が狭かったときはもとより、埼スタがメインスタジアムになる以前の駒場での試合チケットは所謂プラチナチケットだったわけで、本当に取るの大変だったんですけど、それは数字にも表れていますね。J2だった2000年は別として、それ以外の年度、ほぼすべて平均観客動員数が2万人を超えています。

2001年に埼スタが開場しますが、まだこの年は芝の都合もあってリーグ戦開催は2試合のみ。なのでこの年も駒場は満タン。

で、2003年から埼スタ開催が本格的に増えて、2004年には駒場での開催数を逆転しましたが、2003年にナビスコカップで初タイトルを取ったことで、翌年、2004年の動員が明らかに増えているのがわかります。しかしそれでも、観客動員数の減少やばいっていわれて、それが監督が交代になる理由にも使われた2010年より少ないんですよね。駒場から埼スタに移って動員のキャパが大幅に増えたけど、まだそのキャパを使い切っていない状態 (当時からサポをやってる人なら、チケット買いやすくなって助かったわーって思った人多いと思う) 。

レッズの第1次全盛期 (上記表でセルの色を変えてる時期) を考えると、2003年の初タイトルから、翌年の2004年がセカンドステージ優勝、2005年は2位に終わるも、2006年にリーグ初優勝、2007年にはACL優勝とクラブワールドカップ3位っていう、2003年~2007年がそれに当たると思いますが、数字を見ても、その通りに動員が増えて、ACL取った翌年の2008年が動員のピーク(Jリーグ歴代最高年間観客動員数達成)なんですよね。

タイトルを取ったり、優勝争いに最後まで絡んでいれば、当然ながらスポーツニュースなどで取り上げられる回数も増えます。あとチームが好調だと所属選手が代表に呼ばれて名前が売れたりなんて効果もありますよね。

2003年以降はタイトルを取ったり、上位に常にいたことで、メディア露出による新規サポの開拓はかなり進んだんじゃないかと。特にクラブワールドカップでの活躍は大々的にニュースでも取り上げられましたし、ACLで遠い外国までアウェー戦の応援に遠征するサポをテレビが取り上げたりと、レッズ関連のメディア露出も非常に多かったと思います。なのでその翌年はブームに乗っかった人達が大きく上積みされた結果、歴代最高の動員を記録したりしたと。

誤解して欲しくないのですが、そういう「強いし話題になってるから応援してみるか」的なライトな人達を私は全く否定的にはとらえていません。むしろ、そういう人達がもっとレッズを知って、埼スタに足を運んでくれるように、そしてサッカーをもっと好きになってもらえるようにしなければレッズの発展はもとより、日本サッカーも発展していかないと思っていますので、むしろ増えてくれてありがたいなと。

しかし、そういうライトな人達がチームがタイトルから遠ざかったり、優勝争いもせず下位に低迷したとき、真っ先に離れていくのもまた仕方ないことかと思います。だって強いし、優勝とかするから応援しに行くのが楽しかったのにっていう人達ですから、そりゃ当たり前です。

結果、去年、2011年の動員は2003年、ナビ杯を取った時と同水準 (数字は2010年の方が多いですが、2003年はまだ駒場開催も多かったことを考慮すると同じくらいの客入りかと) まで戻ったと。そう、減ったというか、「元に戻った」っていうのが私の感覚なんですよね。どうでしょう?観客動員と成績が比較的リンクしていることを考えても、最初に書いた、「観客が減った一番の原因は勝ってないからだと思う」と私が思っていることの根拠がおわかり頂けるかと思います。

もちろん、上記だけがすべてだとは思いません。景気とかも関係しているかもしれませんし。でも観客動員を過去のピーク時まで戻したいっていうなら、やっぱ勝ってタイトルを取る、優勝争いを常にするという状態にするのが最も近道なんじゃないかと思うわけです。

逆に言えば30,000~35,000人くらいの平均観客動員ってのが浦和レッズの勝ち負けに関係なく集まる観客数ってことで、つまりこれが平時のウチが持ってる集客力ってことになるんじゃないかとも思います。

だからって何でもいいから勝てなんて思ってないっすよ

タイトル取ったりすれば観客も増えるよとか書くと、勝利至上主義の人かと思われそうですが、勝ちさえすれば何でもいいなんてことは全く思っていません。内容か結果かどっち?みたいな議論は嫌いだし、意味ないと思っていますが、プロスポーツである以上、勝利が重要なのは当たり前として、勝ち方にもこだわって欲しいと思うわけです。

だから、クラブが従来の個人能力に頼ったカウンター縦ポンサッカーから脱却し、自分たちがボールを持って主導権を握り、ゲームコントロールする難しいけどモダンなサッカーに転向しようとフィンケさんを呼んだこと (残念ながらうまく行きませんでしたが) はとても評価していて、去年はなかったことにしても、今年、形は違えど、同様なサッカーを目指すミシャさんを監督に呼んだことも喜ばしく思っています。(と言ってもサッカースタイルは最終的にその時代の流行りや個人の好みに行き着いちゃうのでパスサッカー = いいサッカーって単純な話じゃないですが)

しかし、ミシャさんがどんなに観ていて面白いサッカーを展開しても、勝ってタイトルに近づかなければ、観客動員数という視点では状況は改善しないとも同時に思います。だから私の心配は、観客動員ってところにクラブが注目しすぎて、やっているサッカーの内容や進歩の度合いを軽視し、安易に結果だけを求めて近年のようにまた迷走しないかってことで、そこだけはお願いしますよと思います。

タイトルを取る以外で観客動員を増やすには

タイトルを取る→メディア露出が増える→動員増える っていう道筋だと思っていますので、真ん中のメディア露出が増えるってところで、何か手を打てることもあるのかもしれません。逆に言えば、悪いメディア露出の仕方 (例えばサポが暴れただの、暴力沙汰だの...) なんかで目立つと、動員にマイナスに働くこともあると思いますので、そういう点でサポが果たすべき責任も多々あるのかなと。

クラブは試合結果とは別に動員数の増加を目指すなら、「メディア露出による新規顧客の獲得」という点でできることを探して実行するっていうことが大事かもなんて思ったりしました。具体的には思いつかないので思いっきり言いっ放しですが...

とりとめもなくなってきたので終わり。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る