Keep on Jumpin'

Jリーグ第7節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

春なのに風が冷たいナクスタでのダービーは結果も完敗で、心もお寒い初めてナクスタでの敗戦となりました。この日お披露目した2ndユニフォーム(黒/青)もデビュー戦を勝ちで飾れなかったです... あとね、人...

春なのに風が冷たいナクスタでのダービーは結果も完敗で、心もお寒い初めてナクスタでの敗戦となりました。この日お披露目した2ndユニフォーム(黒/青)もデビュー戦を勝ちで飾れなかったです...

あとね、人多すぎ。ゲート相手から入場までちょー時間かかるし、座るとこねーし (愚痴)

Jリーグ第7節 NACK5スタジアム大宮 アウェー 大宮アルディージャ戦

さて、今日のスタメンは、最終ラインに槙野、永田、ツボ、ボランチに阿部ちゃん、啓太。2列目アウトサイドがウメとヒラ、2シャドーがマルシオと柏木、ポポさん1トップということで、これは前節神戸戦、さらにはその前の鹿島戦から同じスタメンです。Winning team never change. ってやつ。

ただ、今日は大宮さんがしっかりウチ対策をとってきたのと、それにきっちりハメられて完敗しました。

前半、大宮は中央の守備ブロックをきっちり作って、逆に言えばサイドはほぼ捨てて、マルシオと柏木のところで起点を作らせない守備。おかげさまで縦に楔が入っても、ワンタッチプレー以外は素早く寄せられて自由にプレーさせて貰えない状態。サイドに逃げてもそこは大宮は想定内の展開で、中央できっちりはじき返されてチャンスにならずという状態。

今までのウチの勝ち試合、ウチが5トップになって前線に張り出す形をとったとき、相手が4バックで守ってると数的優位になるので、相手ディフェンスの合間、合間にウチの選手がポジションを取って、それによってフリーでボールを受けられてっていう形がハマってたわけだけど、今日の大宮さんは、その、4バック対5トップっていう状況への1つの対策事例を示した感じ。つまりサイドで相手選手 (つまりウメとかヒラ) が余ってもいいからそこは捨て置いて中央をきっちり守ろうぜって言う。だから、ヒラやウメはある程度フリーなんだけど、中央で全く起点が作れない、さらに中央にはディフェンスが常にそろってるので、クロス上げてもほぼはじき返されて終わりっていう...

それに対してウチはアイデア不足だった感は否めない。今日は中央を崩せねぇなって感じたら、思い切ってミドル打ってみるとか、ワンタッチプレーをもっと織り交ぜるとか、パス回しにももっと緩急つけるとかさ...一本調子で工夫をしないからパスは一見回ってるけどほとんど決定機は作れないって言う前半でした。

で、前半、立ち上がりに最終ラインのギャップを見事に突かれてあっさり失点、さらにダービーで毎度やけにはりきっちゃうラファエルさんが今日もきっちり得点しやがってあっという間に2-0の苦しい展開に。

失点時のパターンは、過去数試合でも何度かやられてる (失点には至らなかったとしても) 形で、ヒラとツボの間のスペース (逆サイドならウメと槙野の間) をうまいこと使われてってやつ。2失点目はクロスの質が素晴らしかったとはいえ、マークがラファエルに付いていながらあっさり外されてヘディング一発と...もうこのやられ方、見飽きたぞ。

ということで、前半に2失点もしてりゃ難しい試合になりますよねと。

後半は大宮が引いて5バック気味に守り、やはり中央に守備人数をかけてきたので、中盤でのボール支配はほぼウチ。だから前線に縦の楔もバンバン入るも、そこで前を向かせて貰えないので展開的には苦しい状況。何度か惜しいシュートも放つも、大宮のGK、北野選手の好セーブに阻まれ得点ならず。そのまま時間が経過しておしまい。って感じでした。

選手交代に関しては、後半立ち上がりから啓太を下げて、元気を投入、柏木をボランチに下げましたが、柏木がトップ下にいるときは、彼に対して入った縦パスを、ワンタッチでさばいたりして何度かアイデアを見せてたんですけど、柏木が1列下がってしまったので、前線でのそういったアイデアがほぼなくなり、楔を受ける方も、ボール受けてから考える的な感じに終始していたので、あれだとなかなか厳しい。さらに、元気が、気持ちはわかるんだけど、サイドに流れちゃうことで、見事にウメの仕事のスペースを消してくれちゃっててこりゃダメだ状態。

トドメにポポさん下げ→ランコ投入も、彼の高さを活かすようなプレーもほぼなく。結局ずーっと押し込んでるけどその割に大して惜しいチャンスもないっていう、微妙な試合でしたと。まぁ、まだまだチームが発展して行っている途中なので、仕方ないんですが、ここ数試合うまくいってしまったことで、慢心とまでは言わないまでも、同じようにやってれば勝てるっていう気持ちもあったんじゃないですかね。で、今日みたいにそれがうまくいっていないにも関わらず、その形に固執しすぎたんじゃないかなと。まだ応用までには至っていないってことで、ここは忍耐が必要な時期ですよ。

気を取り直して、次節はアウェーで名古屋戦。連敗はしないようにきっちり準備してのぞんで欲しいですね。

試合データ
観客: 12709人
天候: 曇
試合結果: 大宮2-0浦和(前半2-0)
レッズ得点者: -
順位: 6位(7節終了時点/4勝2敗1分/勝点13)
警告・退場: 元気(警告×1/ラフプレー)、柏木(警告×1/繰り返しの違反

Recent Entry

全ての記事一覧を見る