Keep on Jumpin'

Jリーグ第6節 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦

なんつーんすかね、負ける気がしねぇっす。ってくらい気持ちのいい連勝でしたっていう、ホーム埼スタでのJリーグ第6節はヴィッセル神戸と。 前節、長らく相性が悪く勝てなかった鹿島にアウェーで勝利して、今度は...

なんつーんすかね、負ける気がしねぇっす。ってくらい気持ちのいい連勝でしたっていう、ホーム埼スタでのJリーグ第6節はヴィッセル神戸と。

前節、長らく相性が悪く勝てなかった鹿島にアウェーで勝利して、今度はホームに戻ってこれまたここ数年相性の悪い神戸さんとですが、今のウチにはそんな苦手意識なんか全く関係ない感じで、きっちり勝点3を獲得、順位も2位まで上げて、ちょっとここまでうまくいきすぎていいのかねっ不安になるくらいのリーグ序盤戦です。

Jリーグ第6節 埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦

ウチのスタメンは、前節鹿島戦と全く同じ。勝っているチームはいじるなっていうのは基本なのでまぁ当たり前かもしれませんが、最終ラインに槙野、永田・ベッケンバウアー・充、ツボ、ボランチに阿部ちゃん、啓太。2列目アウトサイドがウメとヒラ、2シャドーがマルシオと柏木、ポポさん1トップと。

今日のウチは全体的に攻守転換も早く、また、各選手の連動性もしっかりあることでビルドアップ時のスピード感、パスコースの選択肢も多く、2列目からシステマチックに人が飛び出していく感じはホント見てて楽しいわけですよ。

立ち上がり、神戸は前からプレスかけてきてっていう従来のやり方で入ってきたけど、ウチが何度かそれを最終ラインのパス回しでかわして、空いたスペースで啓太、マルシオや柏木がボールをもらい、前を向いてのプレーからチャンスを作ると、神戸もそこから先はあまり無理にプレスをかけてこず、引いて守ってっていう感じに。でも、そうやってある程度しっかりブロックを作られている状況でも、相手ディフェンスの合間、合間にうまく入り込んでそこでボールを受け、また、ダイレクトプレーを織り交ぜながら相手ディフェンスを崩していく様を見るに、これは相当いい感じに仕上がってきたって実感できる試合展開でした (前からプレスかけられても、落ち着いてかわしてってできるし、逆にブロック作られたら、今度はボールを素早く動かして崩しちゃえるってのが素晴らしいわけですよ)。

神戸さんは、まぁ余計なお世話なんですけど、ヘタに大型補強できて、欲を出してポゼッションサッカーとか言ってますけど、主体的にボールを保持してゲームを作っていくような動きが全くできてないし、結構苦戦すんじゃないですかね。このままだと。普通にカウンターサッカーやってりゃ点が取れそうだし、その流れでセットプレーなんかがいい位置で取れれば、いいキッカーが入った分、得点も上積みできそうなんだけどな。いや、本当に余計なお世話なのと人ごとなんでどうでもいいんですけどね。

話を試合に戻すと、前半はウチもチャンスを作るも決めきれず、そのままスコアレスで折り返し。後半も前半から引き続きいい形でチャンスを作り、それで獲得したコーナーキックを阿部ちゃんが冷静なトラップから押し込んで先制。

その後、ポポを下げて、元気投入。その元気がいい位置でフリーキックのチャンスを獲得すると、マルシオがパーフェクトなフリーキックをダイレクトに叩き込んで追加点。このゴール、今節ベストゴールだろっていうくらいコース、スピード、球筋とも完璧なビューティフルゴールで、マルシオの本領発揮って感じでした。この調子で今年はゴール量産して欲しいものです。

途中交代の元気は、まだまだ足元でボールもらいたい感が強くて、その辺が柏木あたりのイメージとちょっとマッチしていないシーンが見受けられましたが、もう少しスペースへの飛び出し方とか、ボールをどうやったら自分のところに引き出せるかってところで成長すると、ポポさんのスタメンを脅かすワントップ候補としても面白くなるんじゃないかなと思います。実際、インサイドハーフの2枚はマルシオ、柏木が故障でもしない限り不動でしょうし、今のミシャサッカーでのアウトサイドは彼向きじゃないし、ワントップの地位を奪わないとリーグ戦でのスタメン定着は難しいと思われ。途中交代でチャンスをもらえているので、うまくアピールして欲しいですね。

その後の交代は、ちょっと足を痛めたマルシオ→水輝、さらに啓太→小島くんで締め。若手にもしっかり経験を積ませつつ、無失点で試合を終わらせられたのは素晴らしかったと思います。

ということで、今日は雨が降って、ちょっと寒い埼スタでしたが、気持ちのいい勝利で寒さも忘れて喜べた。次は水曜日のナビスコカップ、C大阪戦を挟んで、アウェーで大宮戦。このまま連勝街道突っ走りましょうぜ。

試合データ
観客: 25894人
天候: 雨
試合結果: 浦和2-0神戸(前半0-0)
レッズ得点者: 阿部/53分、マルシオ/77分
順位: 2位(6節終了時点/4勝1敗1分/勝点13)
警告・退場: -

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る