Keep on Jumpin'

Jリーグ第5節 カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

超久しぶりに鹿島さんに勝ったよー ということで、Jリーグ第5節は、アウェー、カシマスタジアムで。鹿島は今シーズン、リーグ戦ではいまだ勝ちに恵まれず (ナビスコカップは勝ってるけど)、勝ちどころか得点も...

超久しぶりに鹿島さんに勝ったよー

ということで、Jリーグ第5節は、アウェー、カシマスタジアムで。鹿島は今シーズン、リーグ戦ではいまだ勝ちに恵まれず (ナビスコカップは勝ってるけど)、勝ちどころか得点も全く取れていなくてまさかの最下位。

前節やっと引き分けで勝点1を獲得したっていう状況での対戦。当然ホームで勝たないといけない鹿島は相当な気合いを入れてくるだろうし、ウチってなんかそういう危機的状況にある相手に自信をつけさせるような負け試合をやらかす率が高いので、順位の差ほど安心してられないかもねとか思ってたけど、そんな心配をよそにしっかり勝点3を取ってくれました。

Jリーグ第5節 カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦
選手入場で紙吹雪舞うの図

今日のスタメンは、最終ラインに槙野、永田、ツボ、ボランチに阿部ちゃん、啓太のダブルパーマコンビ。2列目アウトサイドがウメとヒラ、2シャドーがマルシオと柏木、ポポさん1トップ。前節、川崎戦のメンツに、マルシオが復帰して矢島と交代という状態です。

川崎戦で退場になった阿部ちゃん、槙野の出場停止試合に関しては、水曜日に行われたナビスコカップの磐田戦で消化されていますので、2人はまっさらな状態での出場です。

ちょっと帰ってくるの遅くて疲れたので以下簡単に気になった点だけ。

  • 開始2分の失点はマジかよっていう感じだったけど、クロスに対してディフェンスの人数がそろっているにもかかわらずマークが外れてフリーでやられるってのはちょっと勘弁して頂きたいものです。
  • 柏木、マルシオ、ポポに加えて、両サイドのウメとヒラの前線5枚に対して、鹿島の4バックがうまく対応できていなかったようで、特に柏木、マルシオがバイタルエリアでフリーで前を向ける機会が多かったと思います。結果としていいチャンスが数多く作れていた。
  • 鹿島はボランチが最終ラインとどういう風にマークを受け渡すのかに関してちょっと混乱したようで、そのスキを突いて一気に3点取れたのは大きかった。
  • ウチ、カウンターうまくなったね。うまくなったって言うか迫力と殺傷能力が出てきた。今日のポポさんの前線での働き、素晴らしかった (もちろん、ウチのカウンターがはまってたのは鹿島の守備のアンバランスさもあってのものだけど)。
  • 啓太や阿部ちゃんも含めた2列目からの飛び出しが何度も行われ、前線での連動性も上がってきていることからミシャのやりたいサッカーがかなり形になってきてると思われ。これはいい流れ。
  • 永田くんもプレスがかからないとみると思いきってオーバーラップし、前線へのロングフィードでチャンスを演出、ツボもスピードを活かして守備面であわや失点っていう大迫のシュートシーンをブロックするなど、ベテラン守備陣がいい活躍をしてくれてる。
  • つまらないミスからピンチを招いている場面も多々あるのでその辺は今後の課題。チャレンジしてパスが通らないならまだしも、軽率なプレーで危ない位置でボールを奪われるとか、何でもない単純な横パスでミスるとか。
  • まだ録画したテレビ中継をチェックできてないからわからないけど、マルシオがもらったPKはエリア外のファールだったらしいっていう噂を小耳にはさんだ。まぁ終わったことだから何言っても仕方ないけど、運も味方につけてるってことでいいんじゃないですかね。いや鹿島さんにとっては最悪だろうけど...
  • あとで録画見て書き足すかも。ちょこっと書き足す
  • 啓太下げて小島くんっていう選択は2点ビハインドの状態で若手に経験を積ませるっていう選択だったのかもしれないけど、結構あれでバランス崩れて押し込まれる状況になってしまっていたのがもったいなかったかも (でも時折見せる、彼の広い視野から繰り出されるサイドチェンジ、展開力などはやはり魅了なんだけど) 。結局そのあと水輝を入れて3ボランチっぽくしてバランスとってたけど、ボランチでのファーストチョイスはやっぱり啓太・阿部コンビだなっていう印象を強くしてしまった感じ。
  • まぁなんつーかジャッジにかなり助けられた。マジ運がよかったってのもある。ウメが西を倒したシーンとか、マルシオのがファールならこっちもPK取られておかしくない状況だったり、槙野へのファールを取ってくれたおかげでノーゴールになった大迫の得点も、あれ、普通に流されるか、逆に槙野のファール取られても文句言えないような状況だったし。あと、やっぱマルシオのはペナルティエリア外だったですね。鹿島にとってはただでさえ調子が上がらないところにジャッジまでっていう最悪の状況で、運気下がってますねって感じですが、1つ間違えれば全く違った結果になってもおかしくないような試合だったってことは忘れないようにしないといけないですね。

ということで、気分よく鹿島から帰ってまいりましたが、次はホームに戻って神戸と。連勝しようぜ。

Jリーグ第5節 カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

試合データ
観客: 23507人
天候: 晴れ→曇り
試合結果: 鹿島1-3浦和(前半1-3)
レッズ得点者: マルシオ/3分、ポポ/5分、マルシオ/25分、
順位: 6位(5節終了時点/3勝1敗1分/勝点10)
警告・退場: 柏木(警告×1/反スポーツ的行為)、槙野(警告×1/反スポーツ的行為)