Keep on Jumpin'

万博記念競技場 アウェー ガンバ大阪戦(Jリーグ第28節)

予定合わずで現地には行けなかったのでテレビ観戦。残留に向けてまさに天王山って言うべき大事なアウェーガンバ戦だったわけですが、1点差っていうスコア以上に完敗ですね。もうマジでやべぇ。 今日は鹿島戦以降、...

予定合わずで現地には行けなかったのでテレビ観戦。残留に向けてまさに天王山って言うべき大事なアウェーガンバ戦だったわけですが、1点差っていうスコア以上に完敗ですね。もうマジでやべぇ。

今日は鹿島戦以降、負傷で別メニュー調整中だった峻希くんが帯同せず、右サイドにウガ、左サイドに野田くんっていう両SB、中央は永田、スピラコンビ。小島くんと柏木がボランチの、トップ下直輝、左右にマルシオと元気、ランコの1トップ。

相手は優勝争いしてて、前節甲府に負けたとは言ってもそこまで11戦無敗のガンバ。90分に渡って押し込まれるのは仕方ないとして、それをしのいでなんとかカウンターからでも1点取れれば...くらいに淡い期待を持っていましたが、特に見せ場もなく終わっちまいました。

今日は最悪でも勝点1を取って帰りたかったわけだから、守備的に入るのかなと思ってたら先発で右サイドがウガって聞いてのっけからちょっと待てと。なんでこの状況で本人も普段やったことないような右サイドをやらすのかがわからないし、暢久がいるんだからウガを先発させるにしても彼はいつもの左で使って、右は暢久にしときゃいいじゃないの。何でこんな大事な試合でリスクを冒すのかね(そもそもウガの首はもう大丈夫なのかよっていう...)。

元々ウガは守備的な選手ではないし、野田くんは鹿島戦での急な出場以来がんばっているとはいえまだ経験が少なすぎる。守備力足りない両サイドバックの先発って怖すぎるわって思ってたら、案の定バックラインの裏のスペースをきっちり使われて失点。(で、結局後半から野田くん→暢久に交代の、ウガを左SBに移動...)

中盤でボール持った遠藤にまったくプレスがかからずってのも問題だけど、裏のスペースに動き出すガンバ2トップに対応するCBとは逆にSBはオフサイド取りに行くっていうちぐはぐな対応で簡単にキーパーと1対1を作られお粗末な失点(っていうか中盤でプレスもかけてねーのに無闇に最終ラインを上げるんじゃねーよ)。

攻撃面でも1トップのランコに全くボールが収まらず、元気もポジション上げられず不発、攻守の切り替え遅い、中盤をコンパクトに保てないのでセカンドボールも拾えない...とまぁ完敗ですね。失点が1で済んだのはひとえに順大の好セーブのおかげです。

ランコに関しては前試合、ナビスコ杯大宮戦で2得点してある程度自信を持ってこの試合にのぞんだと思いますが、大宮さんがやる気なかったあの試合とは違い、トップで孤立してポストプレーに忙殺されるっていういつものパターンにハマっては、全く機能しないのは今に始まったことではありません。

後半からウメ、一樹を入れて、1度だけウメのサイド突破→ゴール前で一樹がヘディングっていうシーンが見られましたが特に決定的というわけでもなく、おぉってなったのは結局それだけでした。

これでアウェー3連戦は結局2敗1分け。取れた勝点、たったの「1」。甲府が今節負けて足踏みしてくれたから最悪の事態は避けられましたけど、もうホントにやべぇ状態。

ちなみに、去年降格を免れた神戸の最終的な勝点は「38」。今のウチの勝点が「29」。去年を基準にすれば、残り6試合であと勝点を「9」取らないといけません(もちろんそれで絶対に残留ってわけじゃないですけど)。つまり、3勝、最低でも2勝3分けですよ。28節中6勝(勝率2割ちょっと)しかしてないチームが残り6試合で5割勝たないといけないわけで、状況的には厳しいなんてもんじゃないですけど、諦めたらそこで終わりですからね。選手を信じて最後まで全力でサポートするしかないでしょ。

次はアウェーでのナビスコ杯準々決勝、セレッソ戦をはさんでのホーム大宮戦。きっちり勝って悪い空気を絶ちたいですね。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る