Keep on Jumpin'

ペトロヴィッチ監督の解任と堀さんの監督就任について

なんつーか、今さらですね。 ペトロヴィッチ監督、ボヘルスコーチとの契約解除について : レッズオフィシャル 堀 孝史ユース監督、トップチーム監督就任について: レッズオフィシャル たらればを言っても詮...

なんつーか、今さらですね。

たらればを言っても詮ないので特に言いませんが、シーズン序盤から結果が出ず、さらに確立したいサッカースタイルさえチームに浸透させられず迷走していたペトロを中途半端に擁護し解任という決断を先延ばしにしたことが、ペトロ本人だけでなく、選手、クラブ、サポのすべてを不幸にしつつあります(っていうかもうなってるか)。

それにしても大宮戦で負けて、試合後にペトロが勝手に「もう来年はやらない」とか言っちゃってる時点で特に何もアクションを起こさず、翌日決起集会的なことまでやって、「ここまできたらもう最後までペトロで行く決意なんだろうな、応援に集中しよう」って思って週末の試合のこと考えてたら、その試合直前に突然のクビ発表...なんつーか力一杯ずっこけました。

ペトロの就任が決まったときにも書きましたけど、選手時代は応援した側なので、選手時代のペトロに対する感情はポジティブなんですが、監督としての彼にはほんと、ガッカリさせられて、複雑な心境。ペトロの現役時代を知ってるサポには俺と同じような感覚の人多いんじゃないかな。監督としての能力が足りなかったっていう点はきっちり評価しないといけないから擁護する気はまったくないけど、でもお疲れって思う。ペトロにはレッズや日本を嫌いにならないで欲しいな...

堀さんの監督就任には特に言うことない。ユースでの実績は素晴らしいし、直輝や元気、峻希といった期待の若手を育てたのはユースチームの功績。急な監督交代で、クラブ内部で監督を引き受けられるような人と言えば堀さんくらいしか思い浮かばないから(柱さんは解任されちゃったし)、積極的な理由での就任と言うより、選択肢としてそれしかなかったんでしょう。

ただ、堀さんにはその育成能力を活かして、これからも長くユースで指揮をとって欲しいし、そこときっちり連携して、トップの強化に結びつけられる人がトップチームの監督について欲しい(それ、なんてフィンケ?ってのは冗談として)と思うので、この就任が残りシーズン限定の暫定処置であって欲しいのと、今期の結果にかかわらず、来年は堀さんが元のポジションに戻れるようにしといてくれよとクラブにはお願いしたいってのが個人的な意見。

とにかく、サポとしては内部の事情はどうあれ、残り試合、選手達を信じてサポートするしかないんで、まずは週末のマリノス戦、きっちり勝ちたいですね。

おまけ。

なんだかなーとか思いながら過去に自分が書いた試合のレポとか読んでたけど、PSMのころから「ここやばくね?」って書いてることが最近の試合レポ見てもほぼ同じ事書いてて笑った。10ヶ月かかって、何も進歩してないってことだからそりゃムリだよな。

で、↓11節(といっても実際には震災の影響で第6節目)の時点で、当初やろうとしてたピッチをワイドに使ってサイドチェンジで数的優位作ってっていうサッカーはどこいった?って書いてたり(結局どっか行ったっきり帰ってきませんでしたな)。

この辺からサポ仲間とかと話しててもこれは今年やばいかもねっていう話は出てたけど、まさか残留争いするほどとはね...(遠い目)

何度も言うけど、J2はもうイヤなんだよ。J2落ちて目を覚ませとか簡単に言う人いるけど、99年、00年を実際に経験して言ってるのかね?冗談でもないわと思うんだが...まぁ人それぞれだけどさ。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る