Keep on Jumpin'

国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦(Jリーグ第22節)

アウェーの甲府戦は観客動員の件もあって国立で開催。国立ならほぼウチのホームっつーことできっちり連勝して上位に近づくチャンスとか思ってたけど...結果は惨敗の2-3。甲府には初の黒星です。 ...

アウェーの甲府戦は観客動員の件もあって国立で開催。国立ならほぼウチのホームっつーことできっちり連勝して上位に近づくチャンスとか思ってたけど...結果は惨敗の2-3。甲府には初の黒星です。

国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦(Jリーグ第22節)

スタメンは事前のペトロの会見で「ベンチ」って宣言されてた直輝がトップ下で先発。ということで、前節の新潟戦から、CBがスピラに戻った形。

甲府戦のポイントとしては前回対戦でかなり手こずりつつもシュート精度に助けられて活躍のなかったパウリーニョをどう抑えるのか、という点と、ハーフナー・マイクの高さへの対応ってのが優先順位としては高かったと思いますが、今日はパウリーニョ大爆発ってことで、彼に2ゴール1アシストなんて大活躍された日にゃ勝てるわけないわっていう。

最も警戒するべき選手だと最初からわかってるやつにここまで仕事されるとちょっとね。今日は完全に対個人の能力で負けるっていうやられ方なのでディフェンス面、特にウチが採用しているマンマークディフェンスでの課題が色々出ました。

以下、気になった点

  • ウチは攻撃時に人数をかけてポゼッションし、攻撃の形を作っていたけど、甲府は多分それを織り込み済みで、前線からはあまりプレスにいかず、ウチが前がかりになってポジションのバランスが崩れたところをボール奪取→ショートカウンターで一気に得点っていう流れを狙っていたと思われ。まさに思い通りの試合展開ですね。
  • 攻撃時、人数をかけること自体は悪くないと思うけど、ボール奪取されて、攻守が転換したときの切り替えや、プレス、カバーリング等で甘い部分はあったと思う。特に2失点目なんかは、マークが付いていたにも関わらずパウリーニョに振り切られてサイドを使われ、さらにゴール前でもハーフナー・マイクがどフリーっていう...あそこまできれいなサイド攻撃は滅多にお目にかかれないっすよ。
  • 直輝の外され方的に、しばらく先発はなさげな予感。
  • 後半からマゾーラ、セルって投入していつものイケイケ状態になりました。今日は甲府の運動量が後半落ちたせいもあってそれ程オープンな展開にはならなかったけど、ただでさえ裏のスペース使われ放題で3失点してる状態から、守備面での貢献度が低い選手を前線に2人もぶっ込むっていうのはかなりリスキーだと思われ。まぁ見てる方としては迫力があって面白いんだけど、連動性に乏しいごり押しサッカーにはやっぱ限界がありますよ。

ということで、悔しい敗戦でしたが、次はすぐにホーム広島戦。気持ち切り替えてしっかり勝ちましょう。

おまけ。試合開始前になぜかペトロがピッチに水まきながら歩き回ってたけどなんかの儀式ですか?

水まきペトロ