Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦(Jリーグ第4節)

平日夜のホーム川崎戦ですが、久々に気持ちよくスタジアムをあとにできる完封勝利(2-0)で、勝点3を奪いました。それにしても暑いです。 ...

平日夜のホーム川崎戦ですが、久々に気持ちよくスタジアムをあとにできる完封勝利(2-0)で、勝点3を奪いました。それにしても暑いです。

埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦(Jリーグ第4節)

ウチのスタメンは久しぶりに柏木がスタメン復帰して、啓太とボランチコンビ。前線は高崎を1トップに、左右に達也と元気。マルシオをトップ下に。4バックはいつもどおり、峻希、ヒラ、スピラ、永田。

立ち上がりは両チームとも慎重な入りで、ウチもあまりリスクを取らず、相手ディフェンスラインの裏にロングボール蹴っての繰り返し。いつもの入りといえばそう。川崎はボランチ、サイドバックが積極的に攻撃参加するとても運動量のあるサッカーで、前半は川崎が多くのチャンスを作ってた。

ウチは高崎をターゲットマンに、ロングボール蹴ってのセカンドボール狙いや、サイドは元気や達也が積極的に仕掛けてっていう感じだけど、サイドバックの2人は慎重にバランスを取りながらプレーしてた印象だし、ボランチの位置でそれ程攻撃の起点を作れなかったので前半に関しては大きなチャンスは特になし(1回くらい?)。

後半は開始早々に直輝投入で試合が動き出す。マルシオと交代した直輝が中盤で流動的にポジションを動かしつつ、パス交換の起点となり、それがきっかけで元気の素晴らしいミドルシュートが。久々の先制点。

川崎はボランチが攻撃参加する分、バイタルエリアのスペースケアが遅れるケースが多くて、直近の試合とか見ててもそこからミドルを叩き込まれたりで失点してるのを見るけど、今回もそんな感じ。でも元気のシュートは素晴らしかった。

その後も川崎より試合日程的に楽なウチが、中盤からのハイプレスで川崎に決定機を作らせず、逆にコーナーキックからスピラのヘッド→永田押し込むで追加点。これで試合自体はかなり楽になりました。そのままきっちり完封して勝利と。

川崎は自分たちで主導権を握ろうとかなり前がかりにくるチームなので、そういう意味ではウチにとって相性はいいチーム。とはいえ、リーグでも屈指の得点力を持ったチーム相手に、無失点で勝ったことはかなり評価できると思います。この調子で次のエコパ、磐田戦も勝って、今期初の連勝といきたいですね。

1点気になるとすれば、今日で言えば、明らかに後半直輝が入ってから中盤が活性化して、チャンスメイク、さらに得点までが可能になったという点。ペトロが目指すサッカーでは直輝のようにポジションを流動的に動かすことでしか活きない選手はどちらかというと構想外だと思うし、だからスタメンからは外されてるんだろうけど、でもその直輝が入った方がチームは躍動するっていう...この辺の整合性はどう取るんでしょうね。

おまけ

今日の試合開始前、新たに加入したFW、ランコ・デスポトビッチ選手がサポーターに挨拶しました。挨拶って言っても顔見せだけですが、動画撮ってきたので貼っときます。活躍して欲しいですね。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る