Keep on Jumpin'

フィンケ監督は契約満了で退任へ

新聞報道が先行して、オフィシャル発表が後追いっていう状況はどうなんだと思うけど、とにかく正式に発表されました。噂通り、フィンケ監督は2年間の契約を満了して、来年の契約更新はなし、退任となります。次期監...

新聞報道が先行して、オフィシャル発表が後追いっていう状況はどうなんだと思うけど、とにかく正式に発表されました。噂通り、フィンケ監督は2年間の契約を満了して、来年の契約更新はなし、退任となります。次期監督の人事に関してはまだ正式な発表はなし。

フィンケさんの退任と同時に、モラス、ナイチェル、タンコ各コーチ、さらに福田さん、大槻さんも契約満了で退団とのこと。土田GKコーチ以外はみんな抜けちゃうって事ですが、福田さんには外で経験を積んで、ぜひまたレッズに戻ってきて欲しいものです。

フィンケ監督には、『レッズスタイルの構築』というチーム変革に2年間にわたり取り組んで貰い、いくつもの成果を挙げました。ベテラン選手の意識改革と同 時に、若手選手を積極起用し新戦力の台頭を実現しました。この2年間、勝ちながらの世代交代という難しい課題に挑戦し、チームづくりを進めてきました。こ の取り組みは、今後のチームづくりの土台となり、チームの発展に大きくプラスに作用するものと考えています。

一方、過去2年間、チームの変革とい う面では成果はあったものの、夏場での敗戦などで、ファン・サポーターの皆さまの期待に十分応えられなかったこともあり真摯に受け止めています。2011シーズンはこれまで進めてきた『レッズスタイルづくり』の次のステージに踏み出していきたいと思います

浦和レッズオフィシャルサイトより引用

上記はオフィシャルのリリースに掲載された橋本社長の言葉ですが、これを読む限り、チーム改革の進捗は評価しつつも、成績不振を理由に契約更新をしないという結論に達した感じでしょうか。

しかし、チーム改革の進み具合を評価するなら、なぜあと1年、時間を与えないのかがよくわかりません。成績不振といっても、天皇杯優勝でACL出場権獲得の可能性はまだ残っているわけですしね。

次の監督が決まっていない状態(報道レベルではもうあの人に確定って話になっていますけどね)でいうのもなんですが、いくら路線を継承したところで、監督やコーチ陣が変わればアプローチの仕方は当然ですが変わります。やっとチーム戦術が浸透してきて、前節川崎戦でも見せてくれたような、チーム全体が「このサッカーで勝つ」という強い意志を見せるところまで成長してきたところで、じゃ、一回リセットして新しい人とやってね。っていう流れが本当に「次のステージに踏み出す」ってことになるのか...疑問を感じます。そもそもフィンケ監督くらい実績のある人が簡単に見つかるのかっていう心配もあるし。

ま、私はフィンケ監督にもう1年はやってもらいたかった派なので、こういう意見になりますが、フロントに求めるのは、

  • 「次のステップ」というのが具体的に何を、どのように実行していくのかってこと
  • そのためにはフィンケ監督じゃダメで、次の監督の方が適しているのだという納得のいく説明

この2点ですね。

とにかく、まだ今シーズン終わっていないので、週末の最終節、天皇杯と残り試合をしっかりサポートしていきましょう。

参考エントリー

追記エントリー