Keep on Jumpin'

2010年11月の記事一覧

2010年11月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

フィンケ監督は契約満了で退任へ

新聞報道が先行して、オフィシャル発表が後追いっていう状況はどうなんだと思うけど、とにかく正式に発表されました。噂通り、フィンケ監督は2年間の契約を満了して、来年の契約更新はなし、退任となります。次期監督の人事に関してはまだ正式な発表はなし。

フィンケさんの退任と同時に、モラス、ナイチェル、タンコ各コーチ、さらに福田さん、大槻さんも契約満了で退団とのこと。土田GKコーチ以外はみんな抜けちゃうって事ですが、福田さんには外で経験を積んで、ぜひまたレッズに戻ってきて欲しいものです。

Continue reading

最近買ったDVDとか

メタル好きなら外せないDVDです。ホントは日本に来てくれれば一番いいんだけど、そこは我慢してDVDで楽しみましょう。Metallica、Slayer、Megadeth、Anthraxの対バンなんて滅多にお目にかかれるもんじゃないですからね。

デラックスエディションは限定版。2DVD、5CDに加えて、24ページのカラーブックレット、ポスター1枚、各バンドのフォトカード、Big4のギターピック1個が同封されています。まだ売ってるみたいなので買うならこれがいいんじゃないですかね。DVDだけで良いって言う人は、通常版もあります。Blu-ray版もリリースされているみたいですけど、今のところ輸入盤のみです。

マイケル好きなら買っといたらいいんじゃないですかね。特典は豪華です。

等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦 (Jリーグ第33節)

リーグ戦も終わりに近づいてきました。チームによってはホーム最終節になる33節は、対戦相手の川崎がホーム最終節。ウチとしては負けなしの等々力なので、相性は悪くないアウェーゲームになりました。

等々力陸上競技場 アウェー川崎フロンターレ戦 (Jリーグ第33節)

とはいっても、川崎の攻撃力はリーグでも屈指。それをしっかり抑えることができるかが問題だったのですが、試合開始、1分もたたないうちに、いきなり先制点を喰らうっていう嫌な立ち上がりに。素早いパス回しから、ダイレクトで中央にピンポイントのクロスを供給した相手を褒めるべきかもしれませんが、中央で対応した暢久を始め、ウチのディフェンス陣が少し立ち上がりの集中を欠いたのは確かでしょう。

Continue reading

[告知] 浦和レッズに関する様々な情報を Facebook / Google+ で

浦和レッズ公式サイトからの情報以外にも、浦和レッズに関する様々な情報を Facebook や Google+ で取得したい方向けに、レッズサポ向けのFacebookグループ、Google+ページを立ち上げています。ご興味のある方はお気軽にご利用ください。

また、浦和レッズの試合日程、イベント日程などをGoogleカレンダーで確認できる「浦和レッズカレンダー」なども公開している、サポーターのための情報サイト「We ♥ Urawa Reds」も運営しています。

Continue reading

Alive & Kickingでサッカーボール買ってみた

2004年に「子どもにボールを、大人に雇用を、そして、スポーツを通じた健康への啓発を」というコンセプトでスタートしたっていう「Alive & Kicking」。この活動自体はあまり知らなかったんだけど、greenz.jp グリーンズさんでちょっと前に紹介されてて面白そうだったのと、丁度新しいボールを買おうと思ってたところだったんで注文してみた。それが届きましたよと。

Alive & Kicking

で、届いたボールが↑。結構いい感じ。サイズは5号ですよ。

Continue reading

エルゴラッソ「浦和レッズ、いまそこにある危機 vol.1」読んで

今日発売のエルゴラッソ(2010年11月24・25日号)紙面に掲載されたレッズ特集記事「浦和レッズ、いまそこにある危機 vol.1」がかなり切り込んだ内容だったので、ちょっと引用しつつ紹介してみようかと思います。

連載企画としてスタートしたこの記事は、シーズンも終盤になっていろいろ騒がしくなってきたピッチ外での報道や動きに対して切り込んでいます。

J1第31節・G大阪戦の試合当日、「フィンケ監督退任」が一部メディアで報道されるなど、浦和の周辺が騒がしい。一体、浦和レッズに何が起こっているのは。シリーズで検証していきたい。

エル・ゴラッソ 2010年11月24・25日号紙面より引用

どうもレッズはサポーターの数も多くて目立つからか、ゴシップのネタにされる頻度が高いですね。これもJリーグを代表するチームだと認められた結果なのかもしれませんが、まだ天皇杯の可能性も残ってて、リーグ戦だって残り1つでも順位上げていこうぜって気合い入れてる現場やサポのやる気を削ぐような報道はほんと勘弁してもらいたいものです。この件についてオフィシャルから全く反論が出ないこともいらだたしいというか、何のためにオフィシャルメディアを持って情報発信してるんだろねっていう。

Continue reading

日産スタジアム アウェー横浜F・マリノス戦 (Jリーグ第32節)

前節悔しい負け方して、連敗だけは勘弁してもらいたいアウェーの横浜F・マリノス戦は、日産スタジアムで14時キックオフ。午前中まで雨が降ってて、どうなるかなと思ったけど、お昼前には雨も上がって、晴れ間も見えてくるいいコンディション。ただ風が強くて冷たかったんで、試合開始前はちょっと寒かった。。

日産スタジアム アウェー横浜F・マリノス戦 (Jリーグ第32節)

Continue reading

埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦 (Jリーグ第31節)

京都戦で連敗脱して、天皇杯も勝って、いい感じで迎えたんホームゲームだったんですけどね。。(´Д`) =3

結果は2失点完封負け。これでACL出場圏、リーグ戦3位以内の可能性は消滅。あとは天皇杯優勝か、リーグ戦4位(周りが全部負けてくれないとダメだけど)に入って、天皇杯優勝チームがリーグ戦1~3位と重複するかが残されたACL出場権獲得への道ってことになりますね。

埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦 (Jリーグ第31節)

Continue reading

埼玉スタジアム2002 天皇杯4回戦 ジュビロ磐田戦

平日の天皇杯ってことで、観客数は1万人ちょっとと寂しい埼スタでしたが、結果は今年あまり相性の良くない磐田に1-0ながらしっかり勝ちきって準々決勝進出が決まりました。

埼玉スタジアム2002 天皇杯4回戦 ジュビロ磐田戦

今日は柏木もケガで離脱、ボランチの2人は啓太と堀之内、CBはいつも通り、ツボと暢久、サイドバックが岡本、ウガ。前線はサヌ、峻希、ロビー、エジというスタメン。

Continue reading

埼玉スタジアム2002 京都サンガF.C.戦 (Jリーグ第30節)

いい感じ勝ち点重ねて、「これはイケる」と思わせといて最後の最後で盛大にコケるってのはウチの十八番ですが、今年も同じ、ACL圏内が見えたってところで3連敗やらかして、一気に目標が遠のいた状況でのホーム戦は、この日負ければJ2降格確定っていう後がない京都が相手。どっちも負けられない試合。

埼玉スタジアム2002 京都サンガF.C.戦 (Jリーグ第30節)

Continue reading

駒場スタジアムの芝生配布イベント行ってきたよ

11月から改修のためしばらくの間、閉鎖されてしまう駒場スタジアムで、記念にメインピッチの芝生を配っちゃおうって言うイベントがあったので散歩がてら参加してきました。イベントの概要をレッズオフィシャルサイトから引用すると↓のような感じ。

3日、11時から駒場スタジアムにて、『メインピッチ芝生配布イベント』が開催された。1993年のJリーグ開幕以来、数々の歴史を刻んできた駒場スタジアムのフィールド部分(陸上トラック及びピッチ)の改修工事が11月から開始されるにあたり、ファン・サポーター、ホームタウンの皆さんに、駒場の思い出とともに芝生をお持ち帰りいただこう、という趣旨で企画されたこのイベント。

開場時には、既に約300人が列を作り、開場とともに、多くの人たちが、一目散に芝生配布コーナーへと向かっていった。配布された芝生は、15cm×15cmの大きさで、駒場では、一番熱烈なサポーターが集うことで知られる東側のコーナー付近のもの。スーパーの生鮮食品のように、発砲スチロールのトレーに乗せられた状態で配布され、その後、ビニール袋に入れてお持ち帰りとなった。

駒場スタジアム「芝生配布イベント」:クラブインフォメーション

11時ちょうどに現地に着いたので、開始前に到着してた人たちが列を作ってたけど、開門するとほとんど待ち時間もなく中には入れました。

Continue reading

Recent Entry

全ての記事一覧を見る