Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦 (Jリーグ第24節)

天皇杯を含めてここ6試合負けなしのいい流れではあるものの、ホームではなぜか勝てないここ最近でしたが、今日はアルビレックス新潟を埼スタに迎えて、久しぶりのホーム勝ち点3ゲットですよ。 ...

天皇杯を含めてここ6試合負けなしのいい流れではあるものの、ホームではなぜか勝てないここ最近でしたが、今日はアルビレックス新潟を埼スタに迎えて、久しぶりのホーム勝ち点3ゲットですよ。

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦 (Jリーグ第24節) 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦 (Jリーグ第24節)

前半立ち上がりは新潟も中盤をコンパクトに、ポゼッションを狙って細かいパス回しを多用する展開で序盤は中盤の主導権争いからほぼ互角の攻防。

ウチは達也が積極的に裏のスペースを狙って飛び出し、さらに萌、柏木がスピードのある縦パスを前線に積極的に供給して、エジや元気をうまくポストに使いつつ、2列目からオーバーラップして相手ディフェンスのギャップを突くなど、ここのところ実践されている攻撃の形で何度か決定機を作るも、新潟も集中した守りで最後のところで得点が入らない展開。

ウチの守備もスピラが前半早々に予定外のアクシデントでツボに交代するも、こちらも集中して守り、お互いに無得点のまま進んでいく展開。そんなんで、前半も終わりかなと思いかけた矢先、萌の鋭い縦パスを受けた元気から、エジ→柏木と渡ったボールを、その柏木が左足でビューティフルミドルシュートを叩き込み先制。マジですげぇシュートだったよ。

後半は新潟の運動量が落ちたこともあり、逆にウチは運動量も落ちず、引き続き前線からのハイプレスでいい位置でボールを奪ってポゼッションできるようになり、流れはどちらかというとウチ寄りに。

ここで追加点が取れれば楽になるんだけど、ここ数試合は追加点が取れずに最後に追いつかれるなんていう悔しい結果になってしまうこともしばしば。今日も頼むから追加点取って楽にしてくれと思っていたら…やってくれました、セルが待望の追加点を叩き込んで2-0に。そのまましっかり守り切って完封勝利という嬉しい結果でした。

なんか、4ヶ月半ぶりのホーム勝利だったそうで、そりゃしばらく埼スタで We are Diamonds 歌ってねぇなって思ってたけどほんとーに長らく待った勝利。気持ちよく帰らせてもらったよ。

新潟は、マルシオ・リシャルデス、ミシェウがいないっていう、かなりきつい状態で、そのおかげで前線でボールが収まらないからウチのディフェンスにとってはかなり助かってたと思うけど、それでもしっかり完封できたっていうのは素晴らしい。

ディフェンス面では途中交代で入った岡本くんも、いい仕事してたし、暢久、ツボのコンビはまぁさすがですねっていう落ち着いた守備をしてました。さらに、萌は中盤で闘志溢れるプレスをガンガンかけて、相手攻撃の芽をつんでいたし、ホント、阿部ちゃんが抜けたことで俺が守るっていう自覚がでたのか、ここのところいい仕事してくれてます。

また、攻撃面でも、元気くんが献身的なフリーランニングでゴール前、裏のスペースへの効果的な走り込みをしてくれることでそれを起点に決定機が生まれてました。達也は元々裏への飛び出しがウリの選手だけど、ここ最近は元気も同じように積極的に仕掛けてくれることで相手ディフェンスにとっては嫌な存在になってきてくれている気がします。(あとは決定機にもっと確実に点が取れればね…)

ここ数ヶ月を見ていると、フィンケ監督のやりたいサッカーがしっかり浸透し、選手もそれを忠実に実行できていると感じます。気候的にも涼しくなって運動量が上げられるリーグ終盤戦、残り試合も減ってきたけど、ここから連勝街道まっしぐらな感じでお願いします。まだまだ上は狙えますぜ。