Keep on Jumpin'

味の素スタジアム アウェーFC東京戦 (Jリーグ第22節)

アウェーのFC東京戦は両チームとも最後まで集中したいい試合だったよ。 ウチとしてはケガ人大量発生で厳しい台所事情もあって、若手の皆さんにがんばってもらないといけない状況ながら、その若手、元気くん、峻希...

アウェーのFC東京戦は両チームとも最後まで集中したいい試合だったよ。

ウチとしてはケガ人大量発生で厳しい台所事情もあって、若手の皆さんにがんばってもらないといけない状況ながら、その若手、元気くん、峻希くん、柏木や萌、スピラなどがとても優れたパフォーマンスを見せてくれた試合でした。

味の素スタジアム アウェーFC東京戦 (Jリーグ第22節) 味の素スタジアム アウェーFC東京戦 (Jリーグ第22節)

柏木は萌ちゃんとのボランチ先発だったけど、トップ下での配球はロビーに任せつつ、2列目から効果的なオーバーラップでゴール前に顔をだしたり、そこからの鋭い縦パスで攻撃の形を作ったりととてもいい感じに見えました。萌も豊富な運動量で中盤、相手攻撃の起点をしっかりとつぶしていましたし、その後ろでスピラも的確な読みと判断で素晴らしいディフェンスをしてくれました。

この試合、ユース時代のように左右アタッカーとして先発した元気、峻希の2人も、チャンスと見れば中央にドリブルで切れ込んでのチャンスメイクなど、相手ディフェンスがなかなかこの2人を抑え切れていない状態。この先、期待させてもらえる働きでした。ここ数試合、特に元気くんはほんとに進化したというか、一時期うまくいってない状態だったものから、動きの質もよくなったし、何より自分の持ち味っていうか強みを再認識してそれをチームのために活かそうっていう気持ちが見えますね。素晴らしいと思います。

もちろん、ベテラン勢もロビー、暢久を始め、若手に負けないいい仕事してました。ケガで離脱中の選手が多い中でも、チームとしては若手が育って、チームとしてのまとまりも出てきてっていう、いい方向に進んでいるのがわかる試合でしたよと。

試合自体は元気くんがゴール前に抜け出したプレーに対して相手ディフェンスのファールで得たPKをロビーがしっかり決めて先制、その1点を守りきっての勝利でしたが、パススピードの速い縦パスが何本かバイタルエリアに供給されてたり、さらにそこからゴールに向かうようなスペースへの仕掛けなど、かなりよくなってきたんではないでしょうか。

残り試合的にもまだまだ諦めるのは早いですから、ここからこのいい流れを持続してもらいたいものです。

さて、お次は清水、新潟、さらに大宮(アウェー扱いだけど埼スタ)、駒場での天皇杯を挟んで、セレッソ大阪まで、ホームゲーム5連戦(ほぼホームを1つ含むけど)。ここでしっかり連勝できるかが重要なところ。気候も少しずつだけど涼しくなってきて、ウチのサッカーには優しい季節。俺らも気合い入れてサポートしにいくよ。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る