Keep on Jumpin'

2010年8月の記事一覧

2010年8月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦 (Jリーグ第21節)

アウェー湘南戦をいい形で勝利して、ホームに戻った21節は鹿島との今期2戦目。スタジアムも満員御礼、気合いは入りまくりのいい雰囲気で迎えた試合は、結果的には1-1のドローゲーム。しかも先制してロスタイムに追いつかれるって言う悔しすぎて泣きそうな結末だったけど、次につながる勝点1だったと思う。

前半は完全に鹿島ペース。立ち上がりから前線からの素早いプレスで、なかなかウチにやりたいサッカーをさせてくれない。やはり、鹿島くらいのレベルの高いチーム相手にハイプレスな中でミスなくパスサッカーを実行するほどウチのサッカーは完成されていないので、前半はミスも多く、何回かゴール前、押し込まれる展開。実際、ヒラもサヌもなかなか高いラインが取れずに、サイドを起点にした攻撃も難しく、フリーキックから得点?っていうシーンが1度あったものの、全体的にはウチのチャンスは少なかった。

逆に鹿島はどちらかのサイドで細かくパス交換しつつ、タイミングを見て逆サイドに大きく展開→シンプルにクロスっていうサッカーで、やっぱやることが明確で、完成されてるっていうか、特にゴール前への入り方も、ディフェンスにとってはマークがつきにくい、斜め走り(いわゆるダイアゴナルランってやつですね)を各選手がしっかり実践してくるあたり、こういう点はウチも見習わないといけないなと思いつつ見てた。

とはいいつつも、今日は代表にも選ばれて(おめでとう)気合い入ってる萌ちゃん、暢久、スピラを中心に守備陣がしっかり集中して、最後のところは体張って守りきった前半。0-0で折り返し。

後半は、鹿島も少しプレスが緩んで、ウチのサイドバックも少しラインを上げられたところからシュートまで持って行けるシーンが増える。そろそろ得点がって思ってたら、なんかウチのゴール前で笛が鳴ってPKとか…でもこれをギシさんが神セーブしてしのぐと、残り10分くらいでロビーの素晴らしいミドルが決まって先制。もうスタジアムがお祭り騒ぎ。その直後にも決定的なシーンがあったものの、追加点はなく、残り時間はわずかに。そのまま押さえきってもらえれば、今日は気持ちよく帰れるぜとか思ってたロスタイム…スローインからのこぼれ球を押し込まれた。ちょっとラインが下がりすぎてバイタルエリアががら空きになったところを突かれるっていう、よくあるパターンで悔いの残る失点。その直後試合終了。がっくしきたよ。

でも、しっかりと先制点が取れたこと、全員が集中して終わり間際まで完封できていたこと、よかった点も多かったので、これを次の勝利につなげて欲しいなと。

最後に、今日の審判(西村さん)に関して、サポの一部ではロスタムが長すぎとか、クソジャッジとか言ってる人がいますが、今日のジャッジはそんなこと言われるほど悪くなかったですよ。かなりタフな基準で、フィフティにいったプレーに関してはなるべく流して試合の流れを止めず、選手ともしっかりとコミュニケーションを取っていたように見えたし、アドバンテージのゼスチャー等もわかりやすかったです。

タフな基準で流し気味にしていた点に関しては、前半、何度か倒れてファールをアピールしてたロビーが、後半は多少当たられても倒れずにプレーを続行しようとしていたのを見てもわかるとおり、選手もそれを受け入れて、プレーしていました。Jリーグの課題として、選手が簡単に倒れすぎる、それによってプレーが中断しすぎるというのがよく言われますが、西村さんのような基準で笛を吹いてくれる主審が増えれば、そういう点も徐々に解消されて、世界のレベルに近づけるんじゃないですかね。

あと、ロスタイムの長さは、最後に決められたから何かいいたくなるのはわかるけど、追いつかれたのを審判のせいにしたところでなんの意味があるのかっていう。とにかく不毛ないちゃもんみたいのはみっともないだけなのでやめていただきたいものです。

平塚競技場 アウェー湘南ベルマーレ戦 (Jリーグ第20節)

テレビ観戦でしたけど、

  • 縦パスの意識向上や、最終ラインでのビルドアップ過多を解消し、前節よりもバランスはかなりよくなった印象。
  • 相変わらず前半に得点できず、嫌な予感の漂う立ち上がり。でもCBの暢久がミドルシュートを狙ったり、得点できない状況を何とかして打破してやろうという気持ちが見られた。
  • この日のCB2人はいい仕事した。スピラは先制点を、暢久は効果的な攻撃参加で前半の惜しいミドル、さらにエジが決めたの3点目のきっかけになるコースを狙った技ありミドルシュートと素晴らしかった。
  • 上記、暢久がシュートする前に相手ディフェンスをかわした動きだけど、前半のミドルが伏線になって暢久のシュートモーションに湘南ディフェンスが見事に引っかかった辺りも、シュートを狙うという意識が大切だってことを再確認させてくれたんじゃないかな。
  • セル、元気、いいね。2人ともこの調子でがんばって「入ることで試合の流れを変えられる選手」になって欲しい。期待してます。
  • 湘南は思ってたより前線からのプレスもなく、特に後半は足が止まった印象。やっぱ中2日での試合が影響してるのかな。なのでそういう相手から4点取って余裕があるとは言え、終盤で1点返されるってのはちょっと修正が必要だろうなと。
  • 失点シーンは毎度のことだけど、クリアボールを拾われて押し込まれるっていうパターン。クリアを明確にするとか、修正しないといけないと思われ。あと押し込まれたときやっぱ最終ラインが下がりすぎる傾向は相変わらず。それによってバイタルエリアが空いて、セカンドボールを拾われるってのもあるので、もう少しリスクテイクしてラインを上げないといけない気がする。

次の埼スタ、鹿島戦が大事。しっかり連勝しようぜ。

Metallica来日公演@さいたまスーパーアリーナいくぜ

チケットゲットしたので行ってくる。

It's been almost seven years since we've played indoors in Tokyo, so it's about time!! We can't wait to return to Japan on September 25 and 26 for two shows at the Saitama Super Arena.

Tickets go on sale Saturday, July 3 at 10:00 AM with an eplus pre-sale starting on June 12 at 10:00 AM. Met Club members should check www.metclub.com for details on how you can purchase pre-sale tickets starting June 10.

We're working on a few more shows for the month of September, so keep an eye out here over the next couple of weeks for updates.

*Please note: while this is an indoor show, it will not be in the round similar to other World Magnetic shows . . . the stage will be in one end of the arena. Children under six years of age are not allowed on the floor (arena section).

metallica.com から引用

他の「World Magnetic」ツアーみたいなラウンドステージは出来ないらしく、いわゆる普通のステージみたいだけど、まぁ気にしない気にしない。

埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦 (Jリーグ第19節)

平日のホーム、3連敗中のレッズとワールドカップ中断明けから勝ち星のない仙台の対戦は前半からウチがペースを握って、ほぼ一方的にゲームコントロールする試合展開。仙台は前半引いて守ってっていう入りだったと思うけど、サイドの守備に人数をかけないので、ウチはウガ、サヌ、ヒラが何度もサイド深い位置を起点にクロスを上げて、何度か決定的なシーンを作るなど、いつこちらが得点してもおかしくないような展開。

ただ、ここで点が取れないのが最近のレッズ。悪くないと思うんだけど何でだろね。結局前半を0-0でしのがれると、後半(立ち上がりは素晴らしかった)の20分過ぎから少しずつ運動量が落ちて仙台が攻撃の形を作れるようになってくる。ウチは疲れからか、なかなか全体をコンパクトにできず、特にバックラインとボランチの間にスペースを与えるようになり、そこを起点にヤバイ場面を何度か演出される嫌な展開。

それでも両者得点出来ずに時間は流れた後半25分過ぎ(くらい?)にフェルナンジーニョの突破からクロス→ギシさんのセーブした跳ね返りボールが運悪く阿部ちゃんに当たってオウンゴール…残念な形で失点。ただし、フェルナンジーニョが決定機を作るまでの一連の流れは自分たちのミスでカウンター喰らってっていうお決まりのパターン。疲れてきた後半に集中力が切れて失点するのは毎度のことだけど、今回も直りませんね。

とはいえその後、エジのゴール(だと現地では思ってたら公式にはこちらもオウンゴールだった…)で同点に追いつき、そのまま試合終了。ウチとしては悔しい引き分けですね。

さて、気がついたとこ

  • CBとして今試合は暢久、スピラのコンビ。暢久は最終ラインからのビルドアップができる選手なので、何本かいい縦パス入れてたり、この組み合わせはやっぱいいと思いますよ。もう少しボランチや中盤の選手が最終ラインでボール回しているときにパスを引き出す動きをしてあげればいいと思うけど。
  • ゴール前の人数的には過去試合とくらべて悪くなかった。エジがニアで競って、その後ろで阿部ちゃんみたいなクロスに対して連動した動きも見られたのでここは続けて欲しい。
  • ミドルシュートも意識してか狙っている感じはあった。もっと変化つけていけばいいんじゃないでしょうか。
  • 一方でやっぱクロスの精度が低い。精度というか中の選手とクロス供給側との呼吸がずれてるというか。サイドバックの選手に関してはここが一番がんばって欲しいところ。
  • 後半交代したホリ、元気はよかったんじゃないのかな。元気くんはもっともっと攻撃的に仕掛けて欲しいけど、今までよく見られた中途半端な消極的なプレーに比べれば吹っ切れてたんじゃないの。あとセルはもうちょっとがんばれ。マジで。
  • 少しずつだけどゴール前でのフィニッシュまでの持って行き方とか、よくなっている点もあると思うので、とにかく続けて欲しいな。
  • 阿部ちゃんのパフォーマンス悪かったわ。体調不良かな?なんつーか運動量少ないし、戻りも攻撃参加も遅いって感じ。それに引っ張られて柏木がボランチの位置まで下がっちゃうので前線に厚みがでなくて、ゴール前で人数足りないみたいなシーンもあったし。残念です。体調不良なんだったらしっかり休んで復活して欲しいな。

ということで、来週はアウェーで湘南戦。しっかり勝点3とってホームに戻ってきて欲しい。次のホームは鹿島戦だし、まだまだ残暑も厳しいけど、ここらで勢いに乗って、後半戦盛り返していこうぜと。

そういえば試合開始前にレッズジュニアユースレディースの全日本女子ユース選手権、三連覇報告会やってた。おめでと。

FUJI ROCK FESTIVAL '10 に行ってきた

といっても、土曜日の埼スタ、大宮戦のために途中で帰ってきたあげく、負けたイライラでやけ酒って、翌日戻る予定が心が折れるっていう体たらくにより、1日目しか参加してないんですけどね…

天気もあまりよくなかったし、1日しかいなかったけど、楽しかったよ。メタラーな俺としては、普段あまり聞かないジャンルの人たちが中心なんでそんなにハイテンションで行った訳じゃなかったけど、それでもやっぱ空気のいいところでのんびりライブ見るっていいね。来年は試合とかぶらなかったら3日通しで行きたいなと思いました。

フィンケ監督には3年は時間を与えないといけないと思うよ

結果が出ないと必ず出てくる監督替えろの議論。まぁ考え方は人それぞれだしどっちにしろ決めるのはフロントの仕事だから俺らが外野で何言ってもしょうがないんだけど、俺的にはタイトルの通りに思ってる。

すでに確立されたチームスタイルを継承したまま、去年より順位を上げてくださいとか、そういう話なら短期的な結果で監督の進退を判断しても別にいいと思うんだけど、今回みたいにサッカースタイルを一新しましょうというときに、あまり短絡的な結論を出すのはチームにとって単に1歩進んで3歩下がる的な結果になるだけでいいことない。3年って言う期間については下記のように考えてる。

  • 1年目、現有戦力で新戦術を実行して各選手の適性や能力を判断する
  • 2年目、初年度で適性ありと判断した選手を中心に据え、さらなる戦術浸透を図る。また、足りない戦力を補強するための活動を活発化(2年目の後半~シーズンオフ中くらいには何人かの選手を獲得して3年目の体制が整いはじめる)
  • 3年目、戦術も浸透、補強もある程度監督の希望通りにされ、結果を出すシーズン

今、フィンケ体制は2年目。チーム戦術もほぼ浸透し、弱点(課題)もある程度固定化されてきた。当然、クラブは補強のために様々な活動をしてると思うけど、その活動が多分、これから形になって出てくるでしょう。3年目結果が出なければフィンケ監督退任も仕方ないと思う。その後は、フィンケ監督が作った土台を活かして発展させられる監督を連れてくればいいさ。とにかく目先ではなく、長期的なビジョンを持ってクラブには動いていただきたい。

なんて冷静を装って書いてますが、負けて悔しくないわけないですよ。古参サポは初期の弱かった時期に負けることに慣れてるから寛容だみたいなこと言われるけど、そんなわけねーだろと。負けてへらへらしてられるほど大人じゃないですけど、フィンケ監督就任と初年度から今に至るまで見せてくれてるサッカーに期待してるから、今は我慢の時だと思っているのです。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る