Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦 (Jリーグ第10節)

GW最終日は埼スタでグランパスとの試合。すげぇいい天気で焼けるどころか焦げそうな勢い。磐田、清水と2連敗で迎えた今回のホームゲームは負けるわけにはいかない試合だったけど、久々にチケットも完売したみたい...

GW最終日は埼スタでグランパスとの試合。すげぇいい天気で焼けるどころか焦げそうな勢い。磐田、清水と2連敗で迎えた今回のホームゲームは負けるわけにはいかない試合だったけど、久々にチケットも完売したみたいで、55,000人を超える動員。スタジアムが真っ赤に染まった最高の雰囲気でスタート。

この試合のポイントとしては、やっぱり高さのある名古屋攻撃陣(っていうかあいつら全体的にデカイ)に対して、高さ的には大したことないウチのCB2人がどういう風に対処するのかってところ。やっぱりセットプレーは試合を決めるポイントになるでしょうねって感じ。あと、今日は気温が高かったので、こういう状況でウチの運動量がどこまで持つのか。ここにも注目...

だったんだけど、そんなこと言ってる間もなく、開始10分過ぎにいきなり失点。なんてことはないイージークロスにケネディが合わせて簡単に得点を奪っていきやがった。マークの暢久を一瞬外してボールに触るあたり、やっぱうまいというか嫌な存在だね。立ち上がり、それ程悪い入りではなかったと思うんだけど、ウチのディフェンスはちょっと人を捕まえに行きすぎというか、もう少しスペースのケアをした方がいいんじゃないかなっていう印象で、あとやっぱりボールの出所に対するプレスが甘いってのが心配な感じだったんだけど、そこをうまく突かれたという失点だった。

名古屋は前線にケネディっていうデカイのがいるので、どうしてもディフェンスの選手が彼に引っ張られがち。そうするとそれによって空いたスペースをフリーの選手に使われるっていうパターンと、いくらマークで捕まえていても、ピンポイントで精度の高いクロスを入れられるとやはり相手は高さがあるので厳しい。その点、失点時なんかはクロスを上げたアレに対するプレスが甘くてフリーでクロスを上げさせてしまっていたし、アレのようにいいクロスを上げられる選手に自由に仕事をさせてしまうとやはりやられますねと。

ただ、失点が早い時間帯だったこともあってかその後は徐々に落ち着いて、それほど悪くない展開に。ただ、最後のクロスの精度や名古屋のカウンターを気にしてサイドバック、特にヒラがあまりラインを上げられなかったのもあって、なかなか厚みのある攻撃にならないのが残念な感じ。この辺は名古屋が両サイドをかなりワイドに使ってきていたのと、ヒラのサイドに人数をかけてきていたので、ヒラが何回か局地的に1対2の対応をさせられてたのも影響してたと思う。前半途中からその辺が修正されてはきたので立ち上がりほど危ない感じはなくなったけど。

あと攻守の切り替えがちょっと遅い印象(暑い中90分戦うことを考えてあえて少し抑え気味にいったのかな?その辺はわかんないけど)。そんなこともあって全体的には名古屋ペースでそのまま前半は終了。あと前半途中で達也が頭を打って元気くんと交代した。大丈夫だったのかな達也は。頭だから心配。

後半は立ち上がりから厚みのある攻撃でペースをつかむ。立ち上がり早々に萌ちゃんがペナルティエリア内に切り込んだこぼれ球を元気くんが拾うと、倒されながらも柏木にパス。それを柏木が右足で豪快に蹴り込んで同点。今まで散々クロスバーに当ててきた柏木がやっと得点してくれました。

さらにその後もウチのペースで試合は進み、カウンター気味に仕掛けた攻撃で、エジからロビーに対して裏のスペースにちょっとルーズ目に出たパスの処理を相手ディフェンスがしくじったところ、ロビーが素早く奪ってペナルティエリア内に切り込み、中央に走り込んできた元気くんに最高のクロス。これを冷静に蹴り込んで逆転。後半開始からわずか10分程度で試合をひっくり返してくれました。

後半は全体的にウチのポゼッションもしっかりできて、セカンドボールも拾えていたので終始浦和ペースといっていい展開。逆に名古屋はあきらかに運動量が落ちた感じで、前線とディフェンスラインの間に結構スペースができていたのでそこをうまく使って攻撃を展開できたのと、相手前線からの圧力が減ったのでウチの両サイドバックも積極的に攻撃参加できるようになっていい感じに。もう1点取れるチャンスがあったにも関わらず最後、決定力不足で追加点が取れなかったのは課題だと思うけど、この気温の高い中、最後まで比較的運動量もキープできていたし、期待できる内容だったと思うよ。

前半は失点も含めてやられ気味だった対ケネディも、暢久やツボがしっかり落下点に先回りして対処したり、うまく体を寄せて自由にジャンプさせないようにしたりと、地味なんだけどきちんと対応してくれたおかげで、決定機をほとんど与えなかった。やっぱ良い仕事しますよウチのCB2人はね。

あと後半最後の方でセットプレー対策かスピラがリーグ戦デビュー。ただ、今の暢久、ツボのCBコンビの働きぶりを見ているとCBでの出番はなかなか厳しそう。今日は柏木との交代だったけど、彼をどういう風に使うのかは結構難しいかもね。

とにかく、連敗を2で止めてくれた(決して2連敗した試合の内容が悪いわけではなかったのでそんなに心配はしていなかったんだけどさ)ので、この勢いで次のホーム、横浜戦もしっかり勝って、首位についていきましょう。(しっかし清水は負けないねぇ)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る