Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 FC東京戦(ホーム開幕戦)

今年もホーム開幕戦。対戦相手は去年と同様、FC東京。相性のいい相手なので気持ちよく勝ちたい試合。 埼玉スタジアム2002 FC東京戦(ホーム開幕戦) ...

今年もホーム開幕戦。対戦相手は去年と同様、FC東京。相性のいい相手なので気持ちよく勝ちたい試合。

立ち上がりは相変わらずのスロースタートというか、FC東京にゲームをコントロールされかかってちょっといやな感じ。ただ、今日は達也がエジとの2トップで先発していることで、裏のスペースを狙う動きと、前線の選手間の距離感も悪くない感じで徐々にいい形ができはじめると、左サイドのパス交換からスッと抜け出した宇賀神がペナルティエリア内で倒されてPK。待望の今期初得点をロビーが蹴り込んで先制。これでだいぶ楽になる。

しかもそのあと度重なる手を使った進路妨害的ディフェンスでFC東京の森重が退場(イエローカード2枚目)に。数的優位にも立って試合運びはさらに楽に・・・なったはずなんだけど、後半は安心してしまったのか、徐々に運動量が落ちて。さらにちょっと守備的になってしまったのかたるい感じの試合に。特に達也がセルに替わったあたりから前半よかった選手間の距離も間延びした感じで決定的なチャンスから遠ざかった。結果1人少ない相手から追加点も奪えず、そのまま試合終了。まあ、結果だけみればしっかり勝ち点3をとってくれたのでよしとします。

ディフェンス面ではセンターバックの暢久、ツボがディフェンスラインを高く保ちつつもサイドバック2人と連動してしっかり裏のスペースをケアし、安定した守備を展開。さらに宇賀神は左サイドを積極的に上がってサイド攻撃を仕掛け、それが前半のPKを呼び込むなど、いい働きをしてた。

ボランチの2人、阿部ちゃん、萌も玉際に厳しく、危険なところに的確に顔を出しては攻撃の芽を摘んでいくだけでなく、積極的に攻撃参加して、中盤のビルドアップに貢献していた。この組み合わせ、いいんじゃないっすかね。

気になるのは後半、ヒラが痛んで交代したこと。これで岡本くんがJリーグデビューを果たすも、やはり少し見劣りする感じだったので、ヒラのけがの具合は気になるところ。

とにかくホームで勝てたことは重要。次はアウェー山形戦。この流れでしっかり連勝したいね。