Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

エジ、タカ、達也の3人にトップ下ロビー、サイドバックに萌ちゃん、ヒラというスタメンで挑んだホーム磐田戦は、前半立ち上がりからプレスも早く、相手ディフェンスライン裏のスペースをうまく使ったサイドからの攻...

エジ、タカ、達也の3人にトップ下ロビー、サイドバックに萌ちゃん、ヒラというスタメンで挑んだホーム磐田戦は、前半立ち上がりからプレスも早く、相手ディフェンスライン裏のスペースをうまく使ったサイドからの攻撃でいい形を作ることが出来ていた。

特にテクニックとスピードのある達也、タカがサイドを効果的に突破することで縦にスピード感のある攻めが展開され、さらにバイタルエリアでのワンタッチプレーなども随所に見られ、今期フィンケが目指すサッカーの1つの形が体現できているなという印象。いつものスロースタートな立ち上がりに比べても、今日は勝つという気持ちが全面に感じられて見ている方も安心な前半。

その流れの中で、啓太がスペースに出したボールをタカがすばらしいスピードでサイドに抜け出すと、中央でまつエジにクロス。エジも一旦ニアに入ると見せかけて相手ディフェンスのマークを外すと、バックステップしながら難しいボールを逆サイドネットに決めるというなかなか玄人好みな技ありシュートで先制。そのまま前半は折り返し。ここまでは、小さなミスで数回のピンチを招くことはあっても、概ねこちらのペースで試合は進み、後半追加点が期待できる感じの試合運び。

で、後半なんだけど、これがいつもの立ち上がり悪い病がここで再発。。後半立ち上がり早々にたたみかけてペースを握ってしまえばと思っていたらなんか、それに反してゆるっとした立ち上がり。なんて思っていたら、早々に前田に同点弾をたたき込まれ、さらにその数分後には再度前田に追加点でまさかの逆転。まだ時間はあったものの一気に余裕のないモードに突入ですよ。

ただ、後半の選手起用、サイドバックに入っていた萌ちゃんに代えて、暢久を投入し、ヒラを左に、暢久を右サイドにとポジションを入れ替えると暢久、達也という右サイドの縦ラインをうまく使ってサイドからの突破回数を増やし、これに合わせてタカがすこし中央気味で仕事を出来るようになることでゴール前の枚数も増えて厚みのある攻撃が可能に。何度か決定的な状況を作るも、クロスバーやキーパーの好セーブに阻まれて得点出来ず。

その後、啓太がアクシデントで負傷退場→セルが入ると、ロビーをボランチに下げてセルがトップ下。うちの攻撃陣4人が全員ピッチ上にいるっていうすごい状況で同点を狙いにいくと、交代したセルがバイタルエリアでヒラとすばらしいダイレクトなパス交換からゴール前に切れ込み、折り返し。それに闘莉王が飛び込んでポストにはじかれたところをエジがすばらしい反応でゴールに押し込み同点。ゲームは振り出しに。ただ、残り時間は10分を切ってる状況。

そのままの勢いで攻め続けるも、さすがに疲れから前線と最終ラインの間が空いてしまって押し上げが出来ない状態に。しかし、最後の最後、ロスタイムにゴール前で闘莉王がもらったフリーキックからのこぼれ球をエジが信じられないようなミドルシュートをゴール左隅にたたき込んで逆転。もうスタジアムは優勝したみたいなお祭り騒ぎに。ホント、勝ちたいっていう気持ちが結果に表れた、そんな試合だったと思う。

これで、ACL出場をかけた3位以内に希望をつないで、残り2節。次節西京極での京都戦にしっかり勝って、最終戦ホームを気持ちよく迎えたいもの。

【追記】
試合見ててわかったこと。。

  • フリーキックの時は闘莉王をボールに近寄らせるな
  • イエローカードの累積を気にしておとなしくなったロビー。。いつもそれくらい冷静にお願いします。。

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る