Keep on Jumpin'

2009年9月の記事一覧

2009年9月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

埼玉スタジアム2002 横浜マリノス戦

前節アウェイで川崎を完封、2連勝してのホーム埼スタ。ここでしっかり勝てるかが上位に食らいついていくためには重要な1戦だったけど残念な結果。

前半早々にコーナーキックから先制されるさい先の悪い立ち上がり。立ち上がりに集中が欠けるのは直らない課題ですね。ただ、その10分後には暢久のすばらしいダイレクトクロスをエジがきっちり決めて同点に。そこまではいい流れだったんだけど、前半終了間際に追加点を食らういやな展開。啓太が相手選手に引っ張られた感じでファールもらったように見えたけど、味方もフォローにいかねーし、啓太も自己判断でプレー止めちゃうし。。プレーが止まるまでは集中を切らさないのが鉄則なんだけどなんだろね。もったいない失点。

その他、前線の選手がチェイスして押し上げた時に、最終ラインが連動せずにバイタルエリアのスペースがすっぽり空いちゃうのは前々からあった課題だけど、前半は時々そういう状態になってたり、最終ラインの連携がずれたところでオフサイドトラップ取り損ないのピンチみたいのが何回かあったけど、全体的にそれほど悪い訳じゃないんだけどなぁって感じ。そういう意味では後半しっかり追いつければと願いつつ折り返し。

後半、うちは攻める、マリノスは守ってカウンターっていう展開。ただ、いまいちミスが多く、パスがつながらないモヤモヤする試合展開。選手間の距離が前半に比べて適切でないのかセカンドボールもなかなか拾えずポゼッションが上がらない。直輝、達也、さらにタカを入れて攻撃に厚みは出るものの集中を切らさず守り抜いたマリノスに逃げ切られた形。痛い敗戦だなぁ。

上位陣が足踏みしている状態で1位から10位くらいまでは数試合差の混戦状態。次もホームで連戦なので、しっかり勝ちにいきたいね。

埼玉スタジアム2002 モンテディオ山形戦

Jリーグ7連敗(ナビスコカップを入れると公式戦8連敗)っていう長いトンネルに入ってしまっていたレッズだけど、今日はやっと出口が見えた試合。

山形は基本的に引いて守ってカウンター狙いっていうチームなので、今までの傾向から相性からいうとあまりよろしくない感じなんだけど、今日はサイドをうまく使って効果的な攻撃ができていたと思う。攻撃にアクセントをつけるロングパスやサイドチェンジもうまく織り交ぜられていた他、アタッキングサードでのダイレクトプレーやワンタッチの素早いパス交換が随所に見られ、シーズン前半戦、よかったときの状態に戻ってきた印象。特にボランチ2人の攻撃参加が攻撃に厚みを加えてた。

特に4点とれたっていう事実はいい自信になったんじゃないでしょうか。セルの1点目はホントにすばらしかったし、PKのキッカケになった元気くんの突破も、それにちゃんと詰めててファールをもらったエジもすばらしい。3点目の萌のシュートは思い切ったオーバーラップとエジのうまいポストプレー、4点目の闘莉王もあのポジションでトラップしてシュートまで持って行くテクニックは相変わらずすばらしい(結局オウンゴール扱いになったけど)。それ以外にも積極的に仕掛けていく姿勢が見られて、これがしっかりとできれば得点はついてくることを感じさせる試合だった。今後も続けてほしいな。

あと、なんかエジに厳しい人が多いけど、彼のポストプレーは値千金ですよ、要所要所で彼がしっかりとポストをしてくれるので2列目の飛び出しが効果的に行え、フィニッシュまで行けているというのもあります。そういう意味で、彼とセルや達也っていう組み合わせはいいのかもしれないですね。今日タカが外れてたのが現地では理由はわからかったけど(あとで聞いたら体調不良だったらしい)、彼も調子は決して悪くないので選択肢が増えてありがたい。

守備面でも今日のディフェンスラインは概ね集中して守備ができてたんじゃないでしょうか。ただ、時たまラインの押し上げやポジショニングで難有りな点も。例えば前線がプレスにいって中盤以前が全体的に押し上げた時、ディフェンスラインの押し上げがそれに連動しない時があって、そこでできたスペースに相手選手にうまく入り込まれて前向かれてしまったりとか、特にカウンター対応の戻りながらの守備でラインが下がりすぎたり、ポジション修正が遅れてスペースを与えてしまったり、そういう状況から精度の高いクロスを上げられると、やはり相手の得点チャンスになりかねない危険な状況を招くことがある。

連敗中のレッズの失点って、実は相手がすごかったというよりも自爆ってのが結構多い(ディフェンスラインの連携ミスとか)。その辺は今日も出ていた細かいポジション修正とか、動きの連動性ってやつをもっと正確にやっていかないと、上位チームとの対戦では厳しい気がします。ま、その辺は今後の課題なんでしょう。

どちらにせよ、しっかりとホームで勝てたことはとても重要で、ウメも次第に試合勘が戻ってきた感じがするし、達也が復活したり、明るい話題も増えてきたのでこのまま波に乗って欲しいな。正念場は次節のアウェー川崎戦でしょう。ここで勝てるかがとても大きい。期待しましょう。

日本代表のオランダ戦を見てて

日本人のやるサッカーの特徴というか、レッズがいまハマってる問題と共通点みたいなものを感じながら見てた。

日本代表のサッカーは前線からハイプレスで行く、運動量の要求されるサッカーで、ちょっと無茶かなっていう飛ばしっぷり、まあそれはい(いや、よくないけど)んだけど、バイタルエリアまではすごくきれいにパスを回して、というよりも回すようにコントロールされて、見た目いい感じなんだけど、でも得点の予感があまりしないというか、たしかに数回大きなチャンスもあったけど、シュートは枠に飛ばずみたいな。ひと言で言えばストライカーの不在ってことだよね。前から散々言われてるけど。

一方のオランダは後半の選手交代でフレッシュな選手が入ってくると、点を取られて前がかりになってる日本の前線の選手と、疲れて押し上げられないディフェンスラインの間のスペースにガンガン縦の危険なパスを入れてくる。日本のディフェンスラインは決定的に崩されているわけじゃないんだけど、ちょっとずつポジショニングがずれてるのと1対1の対応がよろしくなかったりでドタバタした印象。しかも相手はバイタルエリアで前向いてボールもてばしっかり枠にシュートを飛ばして決めてくるあたり、さすがは世界のトップクラスって感じ。まぁわかっていたこととはいえ世界との差は大きいなと。

個人的な能力の話は言っても仕方ないからあれだけど、日本は基本的なポジショニングとか、スペースを埋めたり、パスコースを切ったりっていう守備の基本的なところがおろそかになってる気がする。気迫はあるんだけど、無駄に突っかかりすぎというか、もうちょっと落ち着いて周りとの連動を考えた守備をした方がいい気がする。これは監督やコーチの仕事なんだろうけど。。

レッズがハマってるのも中盤のパス回しのうまさのわりに、ゴールに向かう危険な縦パスが少ないこと、クロスの精度や最後のフィニッシュの精度がイマイチってとこで、なんか攻めてるようで攻めきれない状態(だから某氏にうまいけど怖くないとか言われるんだよ。。)。

あと、運動量を上げること自体はいいと思うんだけど、人間限界って奴はあるわけで、この前のオランダ代表とかを見てても思うのは、人もしっかり動くけど、ここってときにスペースに入ってくる効率的な動きなのと、その空いたスペースに対してボールが確実に入ってくる。だから少ない手数なんだけど、確実に相手にとって危険なエリアまでボールを運んでくるわけ。前半は日本の選手も元気で、スペースを与えてしまっても気合いでなんとかなってたけど、後半、選手の出足が悪くなると前述の通り。

レッズの「ボールがよく動く」はまだまだ足下のパスを回している状態で、足下 to 足下のパスだから相手マークもあまりずれないし、横パスの割合が多いスペースをつくような動きが少ないから、手数が多い割には単調というか、縦方向にスピードのスイッチがはいらない状態が続きがち。で、夏場の暑さとかで疲れがくるともうダメっていう。日本代表が後半ダメだったのも前半のハイプレス(ほぼ特攻。。)が影響してるけど、あのペースで90分やれってのはさすがに無理でしょ。同じ前線からプレスに行くのでも、連動性を重視してもうすこし効率を上げて体力を温存するところはしないと。世界と比べて日本人だけが異常にスタミナがあるなんてことはないんだしさ。

なんか書いててわかんなくなってきた。。とにかく、日本代表にもレッズにも共通して課題じゃないかな思ったのは、まずは人が動くのは大事だけど、効率よく動いて90分戦える状態にすること。ボールはいくら動かしても疲れないけど、人は疲れちゃうわけだから、連動性を高めてパスコースを増やし、縦へのくさびのパスやサイドチェンジなどでボールを大胆に動かしつつ相手ディフェンスをずらし、空いたスペースにすかさず走り込むような動き、さらにそこに対して正確なパスが供給されること(+バイタルエリア以降でワンタッチプレーや細かいパス回しがでると相手にとってすごい脅威になる)。そして最後にしっかりシュートを枠に飛ばす技術だね。

そういうのを端折って、次は同じペースで90分走れるようにしましょうみたいな根性論をいくら言っても向上はしないよなぁとか思った。ま、そんなこと、ここで俺が言っても仕方ないけどさ。

浦和レッズ記憶に残るベストシーン100

浦和レッズマガジンの増刊「浦和レッズ記憶に残るベストシーン100」買った。自分も駒場でのVゴール2つ。大将の世界一悲しいVゴールと土橋のめちゃくちゃうれしいミドルシュートVゴールがトップ2かな。実際にその場にいたのも大きい。あと大将の引退試合とか、ワシのラストゲームとか。色々あったねぇ。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る