Keep on Jumpin'

2009年8月の記事一覧

2009年8月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

トンネルは長くて暗いね。

1) オフザボールでの動きが少なすぎ。
「ボール持ってる選手+パスをもらう選手」以外の選手が動かなすぎ。誰かがドリブルで仕掛けた場合でも相手ディフェンスラインの中で突っ立てるだけって何がしたいの?

2) 相手ボールへのプレスが弱すぎ
ポゼッションサッカーの基本は前戦からのプレスによって高い位置でボールを奪うこと。その意志がチーム全体で意識できているとは思えない。さらに自陣バイタルエリアでの相手ボールホルダーに対するプレッシャーが少ないので精度の高いクロスやミドルシュート打ち放題。。むやみに飛び込めとは言わないけど、あと1歩前に詰めるだけでも違うと思うのに。

3) ダイレクトプレーとかないよね
(1)が原因だと思うけど、出しどころがないのでボールキープしすぎ。ダイレクトプレーとかないから、相手ディフェンスをほとんど崩せてない。流れの中から得点のにおいがしない。結局セットプレー + 闘莉王だよりかよっていう。。(闘莉王ナイスゴールだったけど。)

4) 試合に集中してください
暑いからなのか、所々で集中力を欠いたようなプレーが見られる。確かにこの気候で連戦の中、運動量の求められるサッカーをやってるんで厳しいとは思うけどさ、レギュラー取ってる選手が気の抜けたプレーしてたら、サポに対してだけじゃなく、出られない選手にも失礼。

簡単に言えばフィンケサッカーの根本的な部分がちょっとおざなりになってる感じがあるよね。あと、点が取れないことも問題だけど、ここ数試合、失点のしかたが悪すぎる。堅牢な守備がウチのストロングポイントなのに、そこが崩れてどうすんだよ。気合い入れ直して欲しいな。

逆によくなったかなと思った点は、前節の大阪戦でも感じたけど、大きなサイドチェンジとか、すこしバリエーションが出てきたかも。でも最終ラインからの縦パスやロングボールはあっても、アタッキングサードでそういう変化がないのが残念。

ま、気持ちを切り替えて次の広島戦に備えましょう。暑い中の連戦で大変だろうけど。

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦

前試合まで公式戦3連敗+無得点っていうトンネルから脱出できるかの清水戦はホーム埼スタ。雨が降るあいにくの天気、それでも涼しくなったおかげで選手は多少は楽かもというコンディション。

結果は公式戦4連敗、無得点も継続中と。。ただ、いいところほぼなしで完敗した名古屋戦、前試合ナビスコカップの清水戦から比べればかなり修正はされてるのがわかる感じ。最終ラインからのロングボールなどバリエーションも増えたし、まだ回数はすくないもののゴール前、細かいパス交換で縦にスピードアップして崩していくような攻撃も何度かあり、決定機を数回作っていた点は評価できると思う。でも今日は1点が遠かったなぁ。そんなこんなしてるうちに失点(遠くて見えにくかったけど、多分暢久の足に当たってコースが変わったか、ディフェンスがブラインドになって見えないところから飛んできたシュートが都築の逆を付く形に。。)。そのまま逃げ切られた感じだった。

何度かのミス、さらには失点もあったけど、今日は前後半通してディフェンス陣はよく集中してたと思う。暢久、阿部ちゃん、坪井あたりのベテランが、要所要所でいい守備をしてピンチの芽を摘んでいってくれてたし、萌は運動量も多くて、いいタイミングで攻撃参加しては何度かチャンスを作っていた。残るはアタッキングサードに入ってからのひと工夫。相手の意表を突くアイデアがあればなぁという感じ。後半、ロビーを入れたのは、その辺を期待してのことなんだろうけど、得点には結びつかなかった。

今日の収穫としては、ヒラが開幕戦以来の復帰をしてくれたこと。これによって左サイドが安定したのは確か。また、左サイドを起点にした攻撃もある程度形になっていたのでこれは今後が期待できそう。ヒラの試合勘が戻ればもっとよくなるでしょう。やはり、右の暢久と合わせて、サイドアタッカーの若手2人の後ろにベテランっていうポジショニングは安定感と積極性がうまくバランスされていいと思う。(アレの移籍が決まったみたいなので左サイド、ヒラにかかる期待は大きいよ)

これでしばらく中断しての次はアウェーガンバ戦。ウメも復帰間近で中断明けには間に合いそうとの噂だし、あとは闘莉王が戻ってきてくれればセットプレーに対する期待値も上がるでしょう。このトンネルを抜けたとき、ウチのサッカーは1つレベルアップするはずなのでそれに期待しつつ次もサポートするしかないね(といってもそろそろ抜け出せ。マジで)。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る