Keep on Jumpin'

2009年7月の記事一覧

2009年7月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

日本平 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

前試合、リーグ戦での名古屋戦からそうなんだけど、変革の踊り場というか長いトンネルに入ったんだろうな。これを早期に抜けることができるかで今シーズンの結果も変わってくると思います。

もともとフィンケサッカーの弱点はみんなわかってて、ウチが選手間をコンパクトにするために高いディフェンスラインを維持したサッカーをしている分、相手にとっては中盤でボールを奪えればレッズディフェンスラインの後ろにはおいしいくらい広大なスペースがあるわけ。あとはそこに走り込む選手とボールの供給があればかなりの確立で決定機を作れるんだけど、そんくらい誰が見たってわかるわけだし、相手チームが、それなら多少中盤でキープされてもいいからゴール前だけしっかり守ってペナルティエリアの中にさえ入られないようにしといて、あとはボール奪ったらカウンター一発っていうのを狙ったら勝てそうだねって考えるのも当然のこと。でもそれはもともと想定内というか、そのリスクを承知した上で点を取りに行くサッカーをしてるわけだから、そこは別にいいんです。

今シーズン前半のいいときは、まだ完全にウチのサッカーに対して相手が研究しきれていなかったというのもあるかもしれないけど、それでもある程度自分たちの弱点を補うサッカーができてた。つまり、

選手間をコンパクトに → 運動量を上げてパスコースの選択肢を増やす → 少ないボールタッチでパス回し → パスミスも出にくいし相手も対応しにくい → 万が一ボールを取られても選手間の距離が近ければすぐに複数人でプレスをかけれる → すぐにボールを奪い返せる確率高い(そもそも自分たちの裏のスペースにパスを供給させない)

っていうこと。逆に言えばこれができないと、リスクだけが残って、弱点を相手に簡単に利用されてしまうことになる。

後半戦に入ってからのウチにまず足りないのは「パスコースの選択肢を増やす動き」。悪い試合してるときはだいたいこれがないので、

パスコースを探してボールタッチが増えてしまう → 当然攻撃に時間がかかるので相手は守りを固める&プレスかけられる → 仕方なく横パス or バックパス → 横パスカットされる → 笑っちゃうくらいきれいなカウンター喰らう → その繰り返しでディフェンスラインヘロヘロ → 運動量減って選手間の距離広がる、パスコースなくなるの悪循環

ってことになる。特にウチのサッカーに対する対処法、守ってカウンター作戦でこられたときには、中盤はキープできるんだけど、それはキープしてるというよりも持たされてるだけで、相手の狙い通り。今はその状態から、相手ディフェンスを釣るような動きとか、相手のマークをずらしたり、崩すような仕掛けがないからおそらく相手にとっては怖くないはず(目の前で横パス回されてるだけだもの)。で、まだシュートで終わればいいけど、その前にボールを奪われちゃうと上の悪循環にまっしぐら。

これを打開するには各選手がもうひと工夫、囮になってスペースを作る動きとか、それに連動してスペースを活用する動きとか、ミドルシュートで相手ディフェンスを引っ張りだすような仕掛けとか、そういうのを数多く出していくようにしないとダメなんでしょう。これは誰か一人の選手が悪いとかそういうことではなく全員が意識しないといけないこと。それができるかで最初に書いた踊り場を抜けて1歩完成形に近づけるかが決まるんでしょう。(前半戦は結果が出てたので、あとはこれに大きなサイドチェンジとかロングパスが織り交ぜられると変化が出ていいねなんて言ってたけど、今はそれ以前の話ですね。ま、1歩進んで2歩下がるのが人生ってやつです。。)

今レッズの監督、選手たちがやろうとしてるサッカーはウチが長年やってきたどん引きしてカウンター一発のサッカーから、より近代的な、レベルアップしたサッカーへの変革なわけで、サポもそこに期待をしているし、ちょっと結果が出ないからといってその路線を変えないで続けていって欲しいと多分ほとんどの人が思ってるはず。とにかくサポは信じてスタジアムに通うしかないので、選手は気持ち切り替えて修正して欲しい。

※失点パターンで言っても、リーグでの前戦、名古屋戦と今回の試合、ほとんど同じやられ方してるのが気になるところ。名古屋はケネディ、清水はヨンセンっていう「前線の的」が明確なチームで、その周りで名古屋は玉田、清水は岡崎っていう選手がしっかり動いてフリーな状態を作ってくる。ウチは「的」の選手に引っ張られる形でマークがずれてフリーな他選手にやられるっていう、見てる方としてはまたかよっていう状態。。今後もウチに対して同じような戦術をとってくる相手は増えるだろうから、早いところ修正しないと恐怖の大失速ってのもあり得るからね。。考えたくないけど。

埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦

いい天気に恵まれた今日は両親を久々に埼スタにご招待しての観戦。2人には「WONDERシート」をプレゼントして俺らはいつも通りゴール裏へ。長く埼スタには通ってるけど初めてアッパースタンドに試合前少し入ってみたけど、WONDERシートの場所って元々は記者席なのでその見やすさはさすがな感じ。

埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦(WONDER-3シート) 埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦(WONDER-3シート)

で記念に写真撮ったり、WONDERシートのお土産のお弁当食べたり、試合前はなかなかいい感じの時間を過ごしてたら。。

そろそろ試合開始前。さあ、今日は気持ちよく勝ってくれよと。

が、結果は最低の3失点完封負けですよ。この大事な時期に2連敗は厳しい。試合は名古屋が立ち上がりからいいサッカーしてる。こちらのアタッキングサード以降はしっかりと裏のスペースをケアしつつ、ボールに対する素早いチェックでうちの選手のミスを誘い、ボールを奪うとすかさず裏のスペースにパスが供給される。

ポゼッションで言えばおそらくレッズの方が高いんだけど、縦方向、裏のスペースに対するパスが通せないのでどうしても横パスを多用することに。でも名古屋選手の寄せが早いのとレッズの選手間のフォローが遅い(簡単に言えば運動量が足りない)のでワンタッチでパスが回らず、ボールを持った選手が名古屋の選手2,3人に素早く囲まれつぶされる、もしくは寄せられて苦し紛れに出したパスをカットされるなど、フィニッシュまで持って行けない状態。逆に名古屋はカウンターからうちの裏のスペースを使って効率よく3得点。まさに完敗ですよ。マジへこむわ。

次は日本平でのナビスコカップ、ホーム埼スタでのリーグ戦で清水との2連戦。しっかり修正して、ここはしっかり踏ん張ってほしいもの。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

準々決勝の第1戦はホーム埼スタから。序盤からボールポゼッションしつつゲームをコントロールできたのはうちの方。しかし清水も守備をしっかり対応させてなかなか縦へのスピードアップができない状況の中、今日は左サイドの若手2人がいい仕事してくれました。

サイドバックに入った峻希くんと左サイドハーフとして定着してきた感のある原口くんのコンビが再三にわたって鋭いサイドアタックを繰り返す。特に今日の原口くんはキレてた。ここ数試合彼の動きの良さが顕著だけど、なんか吹っ切れた感というか、一時期目立っていた遠慮しながら、ミスをしないようにプレーする感じから、一皮むけてすごくのびのびプレーしているように感じる。この調子で成長していって欲しいもの。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦 埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

その原口くんの突破をきっかけに前半PKを獲得して先制。そのまま前半は終了。追加点が欲しい状況の中、後半立ち上がり早々に同点弾を喰らういやな流れ。特に清水は後半ヨンセンら交替選手が入ると、前半あまり機能していなかったサイドからの攻撃が徐々に機能しだし、攻守の切り替えの早い高レベルな試合に。

しかしやってくれました闘莉王。すばらしいミドルシュートがクロスバーに直撃するとその跳ね返りにエジがきっちり詰めて勝ち越し。そのまま逃げ切って初戦は勝利で終えるさい先のいいスタート。さて、次は日本平。その間にリーグ戦も大分、名古屋と負けられない試合が続く厳しい状況だけどなんとか乗り切って欲しい。

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

久々に埼スタでの試合。鹿島は下位の大宮戦で多分勝つだろうし、2位、3位の新潟と川崎が直接対決という今節、優勝を目指す上で勝点0が許されないうちにとっても絶対に負けられない試合。

しかし前半からまったく広島のペース、というか広島はやりたいサッカーがしっかりできてる。最終ラインをしっかり固めて縦への突破だけをしっかりケアし、横パスを回すしかない状態に相手を追い込む、ボールを奪った後はとにかくうちのディフェンスラインの裏のスペースにパスを通すという繰り返し。単純だけど狙ったとおりのプレーで前半早々に広島が得点。逆にうちのサイドの選手は守備に労力を奪われ攻撃参加できない。中盤ではある程度ボールキープしてるけど横パスしかできないのでどちらかというと持たされてる印象。アタッキングサードに入ってから裏を取るような動きがないのでフィニッシュまでいけない状態が前半と後半の頭15分くらいまで続くイライラする展開。

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

後半の20分ごろから、相手の足がすこしとまり始めたり、うちのサイド、特に原口くんと峻希くんが攻撃に参加できるようになってある程度形が作れるようになってきたかなと思ってた矢先に阿部ちゃんのピンポイントクリアボールがタカに。タカからエジにすばらしいタイミングでスルーパスがでるとそれをエジが落ち着いてゴールに流し込み同点。

その後も何度かいい形を作るとタカがペナルティーエリア内で倒されてPK獲得。これで勝ち越しと思いきやエジがまさかのPK外しで勝ち越しはお預けに。。でも最後にやってくれましたよ。スッとマークを外してフリーになったエジがロビーのフリーキックを頭で押し込んで勝ち越し。しっかり汚名返上してくれました。

内容的には広島が圧倒していた試合。広島のオフサイドの数をみればどれだけ彼らが徹底的に裏を狙った攻撃を仕掛けてきていたのかがわかる(うちのラインコントロールがしっかりできていたのでオフサイドがしっかり取れてたというのも言えるかもしれないけど)。いや、ほんとに広島の攻撃は厚みがあっていいサッカーしてると思う。でもスタジアム全体を含めたうちの負けられねぇオーラがなんか見えない力になったのかもってくらい追加点が入らなかった。そこを少ないチャンスながらものにしたレッズが粘り勝ちといった感じ。大事な試合でしっかり勝点3を取ってくれました。

さて、終わってみれば鹿島は予想通りの勝点3で相変わらずの独走。新潟、川崎が引き分けて痛み分け。ということでうちが単独2位で鹿島を追う展開になりました。次は水曜日にナビスコカップの準々決勝をはさんでのアウェー大分戦。しっかり勝っていきたい。