Keep on Jumpin'

2009年5月の記事一覧

2009年5月の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

埼玉スタジアム2002 アウェー大宮アルディージャ戦

アウェーの埼スタ。南側サイドスタンドとメイン、バック両スタンドの南側がホームのアルディージャに振り分けられた形で、北側はいつも通り。雰囲気的にはホームゲームとあまり変わらない感じ。ただ観客数が少ないのは仕方ないね。

試合は前半立ち上がりに暢久のまずい対応から相手選手を右サイドでフリーにしてしまいシュート(っつーかクロス?)、それが運悪くツボの足にあたってオウンゴール気味の失点。記録では相手選手のゴールになってたけど。

前半に細貝の同点弾で追いつくも全体的に各選手間の動きが連動していない。パスの出しどころを探して選手が孤立する場面も多々見られ、やはり中盤で動き回って選手間の連絡線を作ってくれる直輝くんがいないことが影響しているのかも。さらに闘莉王も早々と交替、離脱中のロビーや達也、ウメなどと合わせて、主力級がここまで抜けてしまうとさすがにきつい。とはいえ、大宮には失礼ながら下位のチーム相手にしっかり勝点3を取っとかないと後々に響いてくるよね。。。

これでしばらくは中断、次はナビスコカップだけど、そろそろ勝ちをくれ。

埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

去年は全く勝てずに相性の悪い相手だったガンバとの今期初対戦。結果だけ見れば引き分けだったけど、試合内容にはうちのペースで1点取れれば勝てるっていう試合だった。その1点が今日は遠かったけど。

前節敗戦の反省もあってか、今日は各選手気持ちの入ったところを見せてくれたと思う。運動量もあり、何度か決定的なシーンも。特に今日のセルは良かった。やはり足下のテクニックはすばらしいものがある。かなり飛ばしていたので後半高原と交代になったのは仕方ないにしても、90分もつ体力を手に入れれば相手にとって怖い存在になるね。

守備は今日非常に安定していた印象。ツボとかいい感じだし、阿部ちゃん、啓太が危険なところでうまく芽を摘んでくれていて本当にやばいっていうのは1,2回しかなかった気がする。あとは点が取れればね。。課題は最後の崩し。各選手の連動した動きがもうすこし完成すればいい感じになるけど、そこは今後に期待。

埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

GW5連戦の最後。疲れが溜まってるところにさらに炎天下、厳しいコンディションの中で体力が必要なコンビネーションサッカーがどれだけ機能するのか、注目の試合だったけど、3失点は想定外だったかな。リードしているときの試合運びにもう少し工夫が必要だと思う。ロビーがいないことでその辺にも影響があったかも。

今期のレッズのサッカーは選手間をコンパクトにしてパスを回す反面、カウンターに対するリスクが比較的大きいサッカーをやってるわけで、川崎はそういう意味でも相性はあまり良くはない相手。その相手にいい形で2得点出来ているんだから、もう少しうまく試合を運んで欲しかった。後半PKで同点にされて、その原因を作った闘莉王が点を取ろうと(気持ちはわかるけどね)上がりっぱなしになったところでカウンター喰らって勝ち越されるっていう、、ほんともったいないなって感じ。

ま、気持ちを切り替えて次へ。

しかし、5月でこの暑さ、夏が恐ろしい。

国立競技場 柏レイソル戦

ゴールデンウィーク5連戦の4つめは雨の国立。ピッチコンディションが悪く、パスミスが起きやすく、スペースへのパスが多用できない状況でどういうサッカーをするのかってのがレッズにとってひとつの課題でしょう。

エジの1点目はその前にディフェンスの前でうまく触った闘莉王のヘッドで勝負ありの状況とはいえ、難しいルーズボールを体をうまく使って押し込んだのはすばらしかった。ただ、その後の2失点と終盤までの小康状態でストレスも溜まる。。せめて勝ち点1をと願っていたら相手のオウンゴール、さらにはセルのラッキーな追加点で勝ち点3ゲットの幸運。ま、フィンケも試合後のコメントで言ってるとおり毎回幸運を期待するのはなしにしても降ってきた幸運はありがたくいただいておきましょう。

ただ、後半から元気に替わって投入された高原、その後入ったセル、2人とも個人的にはイマイチに感じてしまった。高原に関しては確かにピッチコンディションのせいで裏のスペースに抜けるようなパスが難しいとは言っても、低い位置でボールに触ることはすれど前線での動き直しを含めて、相手にとって危険な位置でのプレーってのがあまり見られなかったような(もちろん守備面での動きなどはすばらしいと思うけど。。タカに対する期待のしどころの問題かも)。セルにしても後半途中からの出場の割には運動量が少ない。もっと動いて相手ディフェンスラインを引っかき回すことを期待されての交替じゃないのかね(交替したときは負けてたわけだし)。

ここんとこ、途中交代の高原、セルあたりが入ってからの試合の停滞感というか、その辺が気になって仕方ない。フィンケの選手起用が良くないとか言うつもりはないし、選手個人を攻撃するつもりもまったくないんだけどさ。ま、次のホームゲームに期待しましょう。

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

連戦の疲れなのか、いつもよりも運動量が足りていない感じの試合。選手間がコンパクトにならないのでパスミスも多い。フィンケサッカーの肝は運動量。連戦で疲れが溜まった時に同じような状況になるとちょっと心配かも。

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

後半、新潟に退場者がでて数的優位になると、アレが直輝に替わって投入。ボールポゼッションは完全にウチが支配してるんだけどいまいち決めきれないというか、全体的に動きが鈍い。。このまま終わっちまうのかとイラついていたらロスタイムに闘莉王の1発が。こういう苦しい状況の試合でもしっかりと勝ち点3がとれたのは評価すべきでしょう。

しばらく連戦が続くし、気温も高くなってきて選手にとっては厳しい状況だけど、ここをしっかり乗り切って欲しい。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る