Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 FC東京戦

ホーム初戦は久しぶりに気持ちいい試合を見せてもらった。ホームでの勝利って去年の夏以来。ほんと長かったよ。。。 埼玉スタジアム2002 FC東京戦 前節カウンター2発で撃沈されたのを受けてか、今日の試合...

ホーム初戦は久しぶりに気持ちいい試合を見せてもらった。ホームでの勝利って去年の夏以来。ほんと長かったよ。。。

前節カウンター2発で撃沈されたのを受けてか、今日の試合はサイドバックの暢久、萌の2人が互いに連携しながらどっちかが上がったら片方は下がるみたいな動きをしていたのが変化として感じたところ。また、前節ではあまりなかったサイドからの早めのクロスボールも比較的出ていて、攻めにバリエーションが出ていたかも。

鹿島と比べると東京はボールに対するプレスが甘いので、うちの選手も比較的余裕を持ってボールコントロールができていた様子。だからパスもつながるし、攻撃のビルドアップもなかなかいい感じにできていた。これをガンガンプレスをかけてくる上位チームとやったときにもできるかどうかは課題かもしれない。実際鹿島線ではボランチの2人はプレッシャーでほとんど前向いてプレーできていなかったわけだし。

実際今日の試合を見ても、何度か不用意なパスミスをして相手にチャンスを与えていたりという場面もあり、その辺の精度は今後向上の余地ありと感じた。だけど、全体の運動量も上がってきてる(特にエジとかロビーいいよ。)と感じるし、進化を感じさせる試合内容でサポとしては期待が持てる初戦だった。次回もこの勢いで行って欲しいもの。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る