Keep on Jumpin'

カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

今年もシーズンが始まりましたよ。やっと1年が始まった感じですね。さて、フィンケ体制になっての開幕戦、開幕前に伝わってくる情報からかなり期待していたわけですが、結論から言えばいい感じじゃないですかね。 ...

今年もシーズンが始まりましたよ。やっと1年が始まった感じですね。さて、フィンケ体制になっての開幕戦、開幕前に伝わってくる情報からかなり期待していたわけですが、結論から言えばいい感じじゃないですかね。

確かに結果は負け試合なんですが、前半などはフィンケ(とチーム全体)がやりたいサッカーって奴が結構表現できてたんじゃないかな。中盤をコンパクトにパスを回してポゼッションを高めにゲームメイクしていく「コンビネーションサッカー」は完成まで時間はかかると思うけどその片鱗を見せてくれたんじゃないかなと思います。

失点という点で言えば、全体をコンパクトにして攻撃に人数をかけている分、カウンター喰らったときの対応って奴が課題っちゃ課題なんだろうけど、そのリスクを恐れて去年みたいに5バックの前後分断サッカーやられるよりは何倍もマシだし見てて面白かった。これは続けて、徐々に良くしていって欲しいな。攻守の切り替えスピード、全体の運動量を徹底させることで改善できると思うし。それより個人的に見てて課題だと思ったのは失点よりも無得点だったってことの方。中盤の組み立ては悪くなかった分、最後フィニッシュまで持って行くところの回数と質をもう少し高めてもらいたい。

それから、フィンケ先生の采配としては狙いが明確でいいと思った。後半のエジ、セルの投入は1点でも返すっていう意志を感じたし、暢久の投入でマルキーニョスにカウンター狙われまくってた左サイドの守備が終盤安定した。外から見てても後半、その辺に対してベンチがどういう動きをするのかが気になってたので、この采配を見て結構すっきりした。

まあ、どんなスーパー監督を連れてきたって、チーム戦術を変更した初期からいきなり最高の結果なんで出るわけない。問題は前に進んでいることが感じられるかってことで、その点、この開幕戦はプラスに解釈してる。次節はいよいよホーム初戦。楽しみだなぁ

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る