Keep on Jumpin'

サッカー カテゴリーの記事一覧

浦和レッズ以外の、国内、海外サッカー関連の記事の一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

「DAZNでJリーグを見る方法」をまとめたページを作りました

今シーズンからJリーグ中継は今まで中継を担当していたスカパー!さんに代わり、DAZNが独占有料配信となります。それに伴い、今までテレビでBS/CS放送を見ていた方も、DAZNへの視聴申し込みをしないと現地に行けない試合を見ることができなくなってしまいます。

ところが、このDAZNでの視聴はBS/CS放送に比べてわかりにくいため、どうすればよいか悩んでいるサポーターさんも多い気がします。そこで、DAZNでJリーグ中継を視聴(まだ実際には始まっていないのですが)するための方法について、現時点での情報をまとめたページを下記に公開しました。

how-to-viewing-jleague-dazn.png

Continue reading

スポーツ専門ライブ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が日本でのサービスを開始、2017年シーズンからはJリーグ全試合の配信もスタート

スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が、本日、8月23日より日本でのサービスを開始。メディア向けの発表会が行われ、日本でのサービス内容が明らかになりました。

それによると、130以上のコンテンツを月額1750円(税抜)で視聴可能(最初の1ヶ月は無料でお試し可能)。年間6000試合以上のスポーツコンテンツを、テレビだけでなく、スマートフォン、PC、タブレットといった様々なデバイスで試聴可能です。さらにライブで見逃した試合も「キャッチアップ」機能で楽しむことが可能。

DAZN(ダ・ゾーン)

Continue reading

浦和レッズ主催のブラインドサッカー(視覚障害者5人制サッカー)体験会に参加してきた

埼玉県で活動するブラインドサッカーチーム「埼玉T.Wings」の協力の下、浦和レッズの平川選手が中心となって、クラブ主催で行われた、REX CLUB会員と県内盲学校の子供、浦和レッズトップチーム選手とクラブスタッフを対象にしたブラインドサッカー体験会が8月21日(日)、大原サッカー場で開催されました。

私もシーズンチケットホルダーということでREX CLUB会員なので、ちょっと興味あって参加申し込みをしてみたんですけども、抽選の結果参加していいよとのことでしたので約1時間半という短い時間ですがブラインドサッカー経験をしてきました。

浦和レッズ主催 ブラインドサッカー体験会で使用したアイマスク

Continue reading

Jリーグを初観戦した結果思わぬことになった人の著書 「サポーターをめぐる冒険」

サポーターをめぐる冒険」はもともとサッカーは好きだったけど、Jリーグはあまり興味がなくて見たことがなかったという著者さんが、ふとしたきっかけでJリーグをスタジアムで初観戦したことによって試合内容よりもサポーターに興味を引かれ、どんどんのめり込んでいく様子が書かれた中村慎太郎氏の著書。

元々ははとのすという著者さんのブログで書かれていた内容を基に加筆したもの。

今まで、(コアな)サポーター自身やJリーグを仕事として追い続けているスポーツライターの方による、所謂「サポーター論」的なものは多くありましたが、本書はそういう視点ではなく、スタジアムに集うごく普通のファン、サポーターに焦点を当てつつ、そんな彼、彼女たちが集まる空間に魅了されて自身が徐々にJリーグのファンになっていく過程を書いた珍しいというか、たぶん書籍としては初めての内容なんじゃないでしょうか。

Continue reading

国立競技場の座席を再利用してスツールを作った話

サッカー好きにとっては長年お世話になった国立競技場ですが、新国立競技場への建て替え閉鎖に伴い、国立競技場の座席などをはじめとしたメモリアルグッズがチケットぴあサイト内の 「SAYONARA 国立競技場 FINAL "FOR THE FUTURE" MEMORIAL GOODS」 で一般に販売されています。

で、私も指定席と自由席の座席を各1つずつ購入していたのですが、これを使って自宅で使うスツール (要するに肘掛けとか背もたれのない椅子です) を作ってみた過程をメインのブログで書いたのでこちらにも書いておきます。

Continue reading

名波さんのおっしゃることは正論なんだけどそれができてれば苦労しない件

首位争いしていると普段浦和とはあまりつながりのない方からも色々言及してもらえてうれしいですね。

で、名波さんがスポルティーバで連載している「名波浩の視点」でも、前節の川崎戦に触れた上で、浦和が優勝するために改善すべきはここだという話が。

Continue reading

2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会 全日程(日本時間)を Google カレンダーに入れたのでお裾分け

日本でのテレビ中継情報についても追加しました。各予定の備考欄に放送局と放送時間入れてあります。生中継以外でも、NHK-BS1 では録画放送もやるみたい。(参考

タイトルの通りなんですが、2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会 全日程(日本時間)を Google カレンダーに入れたのでお裾分け。すべて日本時間で入れてありますので、日本でテレビ観戦する方で試合日程をGoogleカレンダーをはじめとしたカレンダーアプリに入れて、スマホとかで確認したいなんて方には便利かと思います。

決勝トーナメントは当然ですがまだ組み合わせが確定していないため、ここは組み合わせが決まり次第順次更新していきます。あと終了時間は目安で2時間にしてあります。

Continue reading

2ステージ制移行が決定してしまった今、サポにできることは何か

あまり深く考えずに殴り書き。

決まってしまいましたね。2ステージ制への移行。2015年から実施の予定です。

前にも書いたとおり、私は2ステージ制に反対の立場ですので、その立場から今回の決定について書いとこうと思います。

Continue reading

そろそろJリーグの2ステージ制復活についてひとこと言っとくか

最初に結論だけ言えば、私は2ステージ制の復活には反対です。2ステージ制ってのが、2004年までやってたのと基本的に同じ形のものだと仮定してですが、理由は下記の通り。

  • 今のチーム数(18チーム)で2ステージ制を復活させれば、両ステージとも均等にホーム & アウェー形式で開催するのは不可能。となると公平な条件で優勝を争うということができなくなる
  • 2ステージ制だと各ステージの優勝が短期(今のチーム数なら1ステージ17試合)決戦で決まるので、もともと運によって左右される可能性が高まっているのに、さらにあるチームとはアウェーでしか戦わないとかいう要素まで加われば、それがさらに強まることが予想される
  • 結果として年間優勝というタイトルの価値が下がるのではないかという懸念(実際に年間で最も勝点を獲ったチームが優勝できないっていう事態が何度か起こってるよね。どことは言わないけど)
  • 「J1で優勝チーム = その年、1年間を通して一番強かったチーム」という価値が下がるってことが問題。俺たちサポはそのタイトルために毎試合サポートしてるんだし、自分が愛するクラブを日本で一番強いチームにしたいと共に戦ってるわけで、そこは譲れねーだろと思うわけ。

だから反対です。

ちなみに、世界標準が1ステージ制だからとかそういうのは比較的どうでもいい。サッカー強豪国の中には国内プロリーグが2ステージ制の国もあるし。とにかく「最強」っていう称号にケチが付くような仕組みはやってくれるなっていう単純な話です。

Continue reading

第93回天皇杯の組み合わせが決定。浦和レッズの初戦は駒場で2回戦から

まだちょっと先の話ですが、今年の天皇杯の組み合わせが決まりましたね。ウチの初戦は、9月7日(土)または 11日(水)に開催される2回戦、栃木県代表 vs 埼玉県代表の勝者と浦和駒場スタジアムでの対戦になります。

候補日が2日あるのは、9月7日はナビスコカップの準決勝の予定がすでに入ってるんですね。ウチが勝ち進んでれば、そこは当然ナビスコカップになるので、天皇杯、2回戦は9月11日になります。予定が確定するのは6月30日とのこと。

Continue reading

今日はJリーグ20周年記念の日。東京タワーもJリーグ色だったよ

Jリーグが開幕したのが、1993年5月15日。今日はその日からちょうど20周年の記念日ってことで、東京タワーが「Jリーグカラー」にライトアップされました。ちょうど近くにいたんで、ちょっくら東京タワーに寄って写真撮ってきた。ちなみにライトアップは19時~22時の間でした。

iPhoneのカメラで撮ったんで、夜だとちょっと厳しくて、ライトアップの色がわかりにくいですが、一応、Jリーグをイメージした赤、白、緑、黒の4色ってことらしいです。

東京タワー Jリーグ20周年記念ライトアップ

Continue reading

サッカー批評(61) サポーターは敵か味方か?

ここんとこサッカー批評買ってなかったんだけど、ふと本屋さんに寄ったら置いてあったんで買った。61号はサポーターについてのお話。

浦和レッズマガジンや浦研でおなじみのライター島崎さんが、「槙野智章がサポーターに受け入れられるまで不思議な一体感を生むパフォーマンスの魔力」というコラムを書かれてます。

Continue reading

選手達がテレビに出ると言うこと

とか言うタイトル付けると、サッカーの方に注力しろ、スポーツ番組ならまだしもバラエティーなんかでチャラチャラしやがって的な批判でも展開するのかと思われるかもしれませんが、逆です

槙野さんが移籍してきてから、槙野さん本人を含め、浦和レッズ所属選手のテレビ出演が増えてます。どのくらい増えてるかって言うと、浦和レッズ公式サイトで告知されたものを単純に数えただけでも、去年の1月から数えて今日、2月1日現在までに延べ27番組。

VS嵐に出演した浦和レッズ選手
写真は浦和レッズ公式サイトから引用

Continue reading

ACLで浦和が対戦するムアントン・ユナイテッドについて調べてみた

来年、2013年のACL、予選ステージでは同じF組として、広州恒大(CSL優勝 / 中国FAカップ優勝)、全北現代(Kリーグ2位)、ムアントン・ユナイテッド(タイ プレミアリーグ優勝)との対戦となりますが、全北は過去に対戦経験あるし、広州恒大も去年、FC東京がACLで戦ってて見てたりするのでなんとなくわかるんですが、ムアントン・ユナイテッドだけ、どんなチームなのかちょっとわからなかったんで調べてみました。

Continue reading

2013年のJリーグ年間日程概要が発表。カレンダーも更新したよ

Jリーグ公式サイトで、来年、2013年シーズンの日程概要が発表されました。来シーズンも今年同様、J1は原則土曜日、J2 は原則日曜日という、固定曜日開催になりますが、開幕戦は3月2日最終節は12月7日となります。

2013年のJリーグ年間日程概要

なお、ウチはACL出場の関係で、一部の日程で日曜日に開催日がずれる可能性があり、その辺の詳細はもう少しあとにならないと発表されませんが、ひとまずこれで来年の予定は立てられますね。

Continue reading

2012 Jリーグアウォーズに行ってきた

告知したとおり行ってきました。会場の横浜アリーナは、16時半開場で、18時から「J2 Exciting 22」及び「J2 Most Exciting Player」の発表。その後小休止があって、19時から表彰式の開始という流れ。

ま、予想通りですが、今年は広島さんの独壇場。J1優勝、ポイチさんが最優秀監督賞、チームとしてフェアプレー賞 高円宮杯、個人として佐藤寿人がフェアプレー個人賞、得点王、さらに最優秀選手賞と総なめにしていきました。各賞の受賞結果はこちらで公開されています

Continue reading

2012年のJリーグ年間日程概要が発表

【2012年2月1日追記】
2012年の全日程が発表されましたのでエントリーを追加しました。

Jリーグ公式サイトで、来年、2012年シーズンの日程概要が発表されました。来シーズンは、J1は原則土曜日、J2 は原則日曜日という、固定曜日開催になります。

2012年 Jリーグ試合日程一覧

欧州リーグなど海外では一般的な曜日固定ですが、曜日を固定することで観戦の予定が立てやすくなったり、テレビ放映枠の確保も容易になるかもしれませんね。ただ、土曜日はいつも仕事ですっていうような人によっては逆に改悪かもしれませんが、まぁ全ての人が納得いく方法はないので、仕方ないと思います。

ということで、以前紹介した、別立てで運営しているサイト内に設けてある、「浦和レッズ カレンダー」にも、現時点での日程を反映しておきました。当然ですが、まだ対戦カードは未定なのと、今後変更される可能性はありますので、日程が更新されたらこちらのカレンダーも順次更新していきます。

Continue reading

iPad用アプリ、DAFLOID(ダフロイド)がイケてる件

24日にiTunes Appストアで公開された、iPad向けのアプリ、DAFLOID(ダフロイド)。どんなアプリかっていうのを、共同開発元の中の人である中島氏のブログ(Life is beautiful)から引用すると、

DAFLOIDは、ひと言で言えば「自分が好きなスポーツやチームのことばかりが書いてあるスポーツ速報、ニュース、記事、ソシアルフィードが、ひとまとめになって、タブレットを通じて毎日・毎時とどけられる」という体験をおとどけするメディア・アプリケーションである。

Flipboardのように単にRSSフィードやソシアルフィードを集めてくるだけのフィード・コレクターものとは大きく異なり、プロのスポーツ・ライターたちがDAFLOID向けに速報や記事を書き、編集もし、今までの新聞や雑誌と同等の(もしくはそれ以上の)手間をかけてちゃんとした「紙面作り」をしているのが特徴だ。

目指すは、10年後20年後の子供たちに「お父さんたちの時代にはDAFLOIDなしにどうやってスポーツを楽しんでいたのかまったく理解できない」と言われるぐらいに生活に密着した「スポーツファン必須の」メディアになることである。

特にサッカーファンにはお試しいただきたいDAFLOID for iPad : Life is beautiful から引用

自分の興味のある対象(例えばサッカー全般とか、浦和レッズとか)などを設定しておくだけで、関連記事、Tweetなどがまとめられ、アプリ上で簡単に閲覧することができるってわけ。で、早速使ってみました。

Continue reading

Jリーグの再開は4月23日で決定

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。運よく大きな被害もなかったうちの周りでも余震や計画停電などの影響でなかなかいつも通りの生活というわけにもいかない状況ですが、サッカー好きには嬉しいニュースが。

Continue reading

フィンケ監督がドイツ復帰。1.FC ケルンのスポーツディレクターに就任

フィンケ監督の来年の仕事場が確定したみたいですね。ドイツ、ブンデスリーガ1部の名門、1. FC ケルンでスポーツディレクターに就任するそうです。1.FC ケルンの公式サイトで発表されました。

Volker Finke wird neuer Sportdirektor : 1. FC Köln

Volker Finke wird neuer Sportdirektor beim 1. FC Köln. Der 62-Jährige einigte sich mit der Vereinsführung auf ein Engagement beim 1. FC Köln für die Dauer von 2,5 Jahren. Volker Finke war der Wunschkandidat der Vereinsführung und passt perfekt in das Anforderungsprofil des 1. FC Köln.

Finke steht mit seiner sportlichen Kompetenz für Werte
Volker Finke steht mit seiner sportlichen Kompetenz für Werte und ist eine Persönlichkeit mit Visionen. Finke hat in der Vergangenheit nachgewiesen, dass er eine Mannschaft strategisch und konzeptionell zusammenstellen und aufbauen kann. Volker Finke wird übergreifend für die Nachwuchsabteilung, das Scouting, das SportsLab und die Lizenzspielerabteilung verantwortlich sein und wird in dieser Funktion partnerschaftlich mit Chef-Trainer Frank Schaefer zusammenarbeiten.

1. FC Köln: Volker Finke wird neuer Sportdirektorから引用

Continue reading

Alive & Kickingでサッカーボール買ってみた

2004年に「子どもにボールを、大人に雇用を、そして、スポーツを通じた健康への啓発を」というコンセプトでスタートしたっていう「Alive & Kicking」。この活動自体はあまり知らなかったんだけど、greenz.jp グリーンズさんでちょっと前に紹介されてて面白そうだったのと、丁度新しいボールを買おうと思ってたところだったんで注文してみた。それが届きましたよと。

Alive & Kicking

で、届いたボールが↑。結構いい感じ。サイズは5号ですよ。

Continue reading

エルゴラッソ「浦和レッズ、いまそこにある危機 vol.1」読んで

今日発売のエルゴラッソ(2010年11月24・25日号)紙面に掲載されたレッズ特集記事「浦和レッズ、いまそこにある危機 vol.1」がかなり切り込んだ内容だったので、ちょっと引用しつつ紹介してみようかと思います。

連載企画としてスタートしたこの記事は、シーズンも終盤になっていろいろ騒がしくなってきたピッチ外での報道や動きに対して切り込んでいます。

J1第31節・G大阪戦の試合当日、「フィンケ監督退任」が一部メディアで報道されるなど、浦和の周辺が騒がしい。一体、浦和レッズに何が起こっているのは。シリーズで検証していきたい。

エル・ゴラッソ 2010年11月24・25日号紙面より引用

どうもレッズはサポーターの数も多くて目立つからか、ゴシップのネタにされる頻度が高いですね。これもJリーグを代表するチームだと認められた結果なのかもしれませんが、まだ天皇杯の可能性も残ってて、リーグ戦だって残り1つでも順位上げていこうぜって気合い入れてる現場やサポのやる気を削ぐような報道はほんと勘弁してもらいたいものです。この件についてオフィシャルから全く反論が出ないこともいらだたしいというか、何のためにオフィシャルメディアを持って情報発信してるんだろねっていう。

Continue reading

【J特】Jリーグ公式ブログパーツ

ブログやってる人にオススメのJリーグ公式ブログパーツ。

最新の試合日程、結果をすぐにチェックすることができ、更にクラブ別に表示も可能です。試合当日には、速報へのリンク表示も表示され、最新の結果がすぐにご覧いただけます。あなたのブログにぜひご利用ください!

Jリーグ公式サイト:ダウンロード:ブログパーツより引用

自分の応援しているクラブをデフォルトで表示することも可能なので、ブログのサイドバーなんかに貼っておけば、いつでも応援しているクラブの試合日程や順位、他クラブの結果などがチェックできますよ。

Continue reading

ザッケローニ新監督就任後の日本代表の試合見て

ザッケローニさんが監督に就任して2試合。アルゼンチン戦、韓国戦と代表の試合があったわけですが、別に結果が出てるから言うわけじゃないけど、いいですね。

システム的な話とか、プレスのかけ方、スピードなど、基本的な戦術に関して特に奇をてらったことをやっているわけではないし、現代サッカーの主流って言われてる戦術を実践しているわけですが、ポジショニングや、連動性など、「やるべきことをキッチリやりましょう」という意識が徹底されているってところがいいんじゃないかと思います。

Continue reading

【J特】Jリーグ特命PR部はじめました

はじめてみたんだけど、「今までJリーグを見に行ったことがない友達をJリーグのスタジアムへ誘う時のナイスなフレーズ(誘い文句)を書け」との指令があったので書いてみる。

ちなみにサッカーに全く興味のなかった奥さんを最初にスタジアムに誘ったときは「中華街にメシ食いに行こうぜ」だったよ。2007年のFIFAクラブワールドカップ、日産スタジアムでレッズがACミランとやったときに中華街メインの、ついでにサッカー見てみない的な感じで誘ったけど、うまくいった(今じゃシーチケ保持者だ)。興味ない人にはエサを用意するのがいいかも。

Continue reading

ワールドカップも終わって

4年に一度のサッカーのお祭りも、今朝がた決勝戦をもって終了。簡単にまとめっていうか感想。

大会前に書いていた予測では...

ワールドカップ開幕直前なので個人的予測など書いてみる

こんな感じで、スペインの優勝を予測と言うより、希望してたわけですが、うれしいことに希望が叶ったよ。ワールドカップで優勝したチームのサッカーは世界中のサッカーに影響を与えるわけで、そういう意味ではボールオリエンテッドな、パスをつないで崩していく、所謂美しいサッカーを追求したスペイン代表が、毎度の前評判倒れを覆して優勝してくれたことはホントにうれしい。

Continue reading

【埼スタ観戦ガイド】これからJリーグの試合(主にレッズ戦)を観戦してみたいなという人へ

ワールドカップでの日本代表のベスト16進出や、試合終了後の長谷部選手のインタビュー、CS放送でコメンテーターやってたオシムさんの「お前らJリーグも見ろ」発言で、今まで見たことなかったけどJリーグの試合観てみよっかなという人が増えているらしいですね。

予選の最中にもこんなこと書きましたが、微力ながらこの流れに少しでも協力してこの熱狂を単なる一夜のお祭り騒ぎにしないために、スタジアムでの観戦ガイドをFAQ形式でちゃちゃっと書いてみた。

Continue reading

デンマーク×カメルーン戦雑感と日本戦に向けて

デンマーク×カメルーン戦。デンマークが2-1で勝ちました。日本にとってはほぼベストといっていい結果。これでオランダ×カメルーンの結果を気にせず、自分たちが勝ち点1(引き分け)以上を取れば、予選通過が叶います。(楽じゃないけどね)

折角眠いの我慢して見たから、眠いけど雑感とか書いとく。一言で言っちゃえば、雑な試合。前半なんか特に両方のゴール前を行ったり来たりしながらシュートの打ち合いですよ。見てる方としてはまぁ楽しいけどさ。

さて、まず負けたカメルーンは、日本戦の時とくらべて攻撃面では厚みが増してた。それは日本戦で先発しなかったエマナ、ジェレミ、ソングらが先発、エトーも本来の位置でプレーしてたからってが大きいと思う。ただ、ディフェンスラインの不安定さは日本戦から変わらず、中に絞りすぎたり、不用意にラインを上げすぎてサイドのスペースを使われるっていうケースが多々見られた。結局2失点ともそのパターンからだし、その点は修正できてなかった。カメルーンはこれで予選敗退が決定。

Continue reading

【業務連絡】サッカー好きの皆様へ

日本代表が初戦を勝って盛り上がっておりますね。このまま予選突破して欲しいっすね。

さて、ワールドカップイヤーが来る度に親しいサッカー仲間内ではよく話してることなんですけど、こういう盛り上がってるときにこそ、しっかりサッカーファンを増やすために俺たちサッカー好きにできることってあると思うんだぜ。ということで普段からサッカー好きな皆様へ。

Continue reading

ワールドカップ開幕直前なので個人的予測など書いてみる

さて、ワールドカップも始まりますね。始まる前に簡単メモ。まず、今大会で個人的に注目してるのは下記の各国

  • スペイン
  • イングランド
  • ブラジル
  • イタリア
  • アルゼンチン

スペインは大本命ね。ま、ほとんどのサッカーファンは同じこと言ってると思うけど。サッカーの未来のためにも、こういうチームが勝たないといけないと思うよ。そんくらい期待してる。いつもの前評判倒れ癖が抜けてればいいけど。

Continue reading

埼玉スタジアム2002 キリンチャレンジカップ日韓戦行ってきた

ありがたいことにチケットを譲ってもらったので、埼スタまで日韓戦観に行ってきたよ。代表の試合とか超久しぶりだったし、普段はレッズの試合観に行ってる埼スタにユニフォーム着ないでいくってものなんか新鮮というか、違和感というか...

内容はニュースとかでも取り上げられているし、案の定、岡田さんに再度厳しい逆風が吹いちゃってる感じですが、まあ、このタイミングでもうメンバーも監督も替えられないんだから、何言ってもあまり意味なし。それより素直に応援しましょう。

埼玉スタジアム2002 キリンチャレンジカップ日韓戦 埼玉スタジアム2002 キリンチャレンジカップ日韓戦

Continue reading

日本人って根性サッカーが好きだよね(セルビア戦雑感)

個人的にあまり代表の試合には触れないんだけど、ワールドカップを間近に控えた親善試合で結局何も変わってないんじゃないかっていう感じがしたので思ったまま書いてみる。

今回の試合、終わった後のメディアの反応を見ていると、岡田監督や中村俊輔選手のインタビューを紹介して、全体的には

  • いつもとメンバーが違った。メンバー間の連携がうまくいかなかった
  • 戦う姿勢が足りない。モチベーションが云々

あとはなんで石川選手を最初から使わないんだ。なんで永井選手を使わ(ry 的な話。どっちかっていうと俊輔選手はよくやった、新メンバー使えねぇ、岡田監督大丈夫?っていう空気が多いかな。いや全部のニュース見てないから合ってるかは知らないけど。

で、その通りだなって思えば別に書かないんだけど、なんか違うなと思って書いてる。いや、岡田監督がやっぱメンバーいないときは3バックも考えないととか、あれだけ前線からプレスプレスって繰り返してたのに戦い方を考えないといけないとか言い出したりしてて、岡田監督大丈夫かよっていうのには同感なんだけど、それ以外の敗因の部分。つまり「メンバー構成の問題と、モチベーションが原因でした」っていう部分。ここはまったく同意できない。

攻撃面では解説からも指摘されてたけど、両サイドバックが無駄に上がりすぎてたり、まあ色々。結局「連動して動いてパスの選択肢を増やす」っていう基本ができてない。ポジショニングが無駄に前掛かりすぎて逆にバランスが悪い。でもそれはセルビアの守備がしっかり機能してスペースを消してたってのもあると思う。

守備では前線からのプレスに関して。基本的に自分が最もイケてないと思ってるのがここで、例えば今回も見られたけど、FWの選手が一生懸命相手ディフェンスを追っかけ回す。で、「いつもの通り」それ以外の選手は全く連動しない。つまりラインを押し上げたり、FWががんばって追って限定したパスコースを狙いに行ったりしない。

これじゃ、単なる無駄走りで、何のためにやってんの?って感じだ。これはディフェンス時にも同じで、スペースを消さないといけない状況で、無理にボールを奪いに行って、背後のスペースをがら空きにしちゃったり(もちろん、他の選手が連動してスペースを埋めるなら別だけど)。。そういう意味で無駄走りが多くて、必要な運動量は足りてなかった。

気持ち見せろ!とか言ってる人はこの意味のないチェイシングや自分の持ち場をほったらかしにしてでも2,3人で相手に突っかかっていく姿が90分見られれば※1「戦う気持ちが出てる」とか言うんだろうけど、そりゃないだろと。今回の試合に限らず、相手にスペースを突かれて決定機を作られてるのって、ほとんどこの連携を欠いた無駄なアタックに関係してる気がする。つまり選手がいつもと違ったからとかそういうレベルじゃなくて、そういう風に戦えって言われてるってことじゃないの?

それは各選手のサッカーインテリジェンスが足りないからだろっていう人もいるかもしれない(だからベストメンバーなら大丈夫っていう理論かな…)けど、個人戦術ってのはチーム戦術があって初めて重要になるわけで、それを言っちゃ監督とかコーチって何のためにいるの?って話になっちゃう。選手は監督の言ったとおりにやらなければ外されるわけだし。

個人的に今更岡田監督更迭とかにはあまり同意しない※2(まあ、どうせダメなら監督を代えてダメな方がマシっていう意見はわかる…)けど、このまま、ベストメンバーが戻ってくれば大丈夫ですよなんて楽天的にもほどがあると思う。基本的な動き、連動をもう一度しっかりやり直してほしいな。いや、今更なんだけど。。

とにかくあきらめずにできることをしっかりやって欲しい。あと岡田監督は最初のコンセプトからブレずにやったらいいと思う。

※1 これやってオランダ戦は体力持たなかったじゃん。
※2 オシムさん倒れて監督が代わったときから基本的には岡田監督不支持。ヨーロッパから優秀な監督やコーチをちゃんと呼んできて、1からベースを作って欲しいってずっと思ってる。思うのは自由。

日本代表のオランダ戦を見てて

日本人のやるサッカーの特徴というか、レッズがいまハマってる問題と共通点みたいなものを感じながら見てた。

日本代表のサッカーは前線からハイプレスで行く、運動量の要求されるサッカーで、ちょっと無茶かなっていう飛ばしっぷり、まあそれはい(いや、よくないけど)んだけど、バイタルエリアまではすごくきれいにパスを回して、というよりも回すようにコントロールされて、見た目いい感じなんだけど、でも得点の予感があまりしないというか、たしかに数回大きなチャンスもあったけど、シュートは枠に飛ばずみたいな。ひと言で言えばストライカーの不在ってことだよね。前から散々言われてるけど。

一方のオランダは後半の選手交代でフレッシュな選手が入ってくると、点を取られて前がかりになってる日本の前線の選手と、疲れて押し上げられないディフェンスラインの間のスペースにガンガン縦の危険なパスを入れてくる。日本のディフェンスラインは決定的に崩されているわけじゃないんだけど、ちょっとずつポジショニングがずれてるのと1対1の対応がよろしくなかったりでドタバタした印象。しかも相手はバイタルエリアで前向いてボールもてばしっかり枠にシュートを飛ばして決めてくるあたり、さすがは世界のトップクラスって感じ。まぁわかっていたこととはいえ世界との差は大きいなと。

個人的な能力の話は言っても仕方ないからあれだけど、日本は基本的なポジショニングとか、スペースを埋めたり、パスコースを切ったりっていう守備の基本的なところがおろそかになってる気がする。気迫はあるんだけど、無駄に突っかかりすぎというか、もうちょっと落ち着いて周りとの連動を考えた守備をした方がいい気がする。これは監督やコーチの仕事なんだろうけど。。

レッズがハマってるのも中盤のパス回しのうまさのわりに、ゴールに向かう危険な縦パスが少ないこと、クロスの精度や最後のフィニッシュの精度がイマイチってとこで、なんか攻めてるようで攻めきれない状態(だから某氏にうまいけど怖くないとか言われるんだよ。。)。

あと、運動量を上げること自体はいいと思うんだけど、人間限界って奴はあるわけで、この前のオランダ代表とかを見てても思うのは、人もしっかり動くけど、ここってときにスペースに入ってくる効率的な動きなのと、その空いたスペースに対してボールが確実に入ってくる。だから少ない手数なんだけど、確実に相手にとって危険なエリアまでボールを運んでくるわけ。前半は日本の選手も元気で、スペースを与えてしまっても気合いでなんとかなってたけど、後半、選手の出足が悪くなると前述の通り。

レッズの「ボールがよく動く」はまだまだ足下のパスを回している状態で、足下 to 足下のパスだから相手マークもあまりずれないし、横パスの割合が多いスペースをつくような動きが少ないから、手数が多い割には単調というか、縦方向にスピードのスイッチがはいらない状態が続きがち。で、夏場の暑さとかで疲れがくるともうダメっていう。日本代表が後半ダメだったのも前半のハイプレス(ほぼ特攻。。)が影響してるけど、あのペースで90分やれってのはさすがに無理でしょ。同じ前線からプレスに行くのでも、連動性を重視してもうすこし効率を上げて体力を温存するところはしないと。世界と比べて日本人だけが異常にスタミナがあるなんてことはないんだしさ。

なんか書いててわかんなくなってきた。。とにかく、日本代表にもレッズにも共通して課題じゃないかな思ったのは、まずは人が動くのは大事だけど、効率よく動いて90分戦える状態にすること。ボールはいくら動かしても疲れないけど、人は疲れちゃうわけだから、連動性を高めてパスコースを増やし、縦へのくさびのパスやサイドチェンジなどでボールを大胆に動かしつつ相手ディフェンスをずらし、空いたスペースにすかさず走り込むような動き、さらにそこに対して正確なパスが供給されること(+バイタルエリア以降でワンタッチプレーや細かいパス回しがでると相手にとってすごい脅威になる)。そして最後にしっかりシュートを枠に飛ばす技術だね。

そういうのを端折って、次は同じペースで90分走れるようにしましょうみたいな根性論をいくら言っても向上はしないよなぁとか思った。ま、そんなこと、ここで俺が言っても仕方ないけどさ。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る