Keep on Jumpin'

書籍・DVD カテゴリーの記事一覧

読んだ書籍や観たDVDなどの紹介記事の一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

キャリア教育支援ガイド 「お仕事ナビ」 第5巻、森脇選手のページに埼スタで撮った写真が使われた件

キャリア教育支援ガイド 「お仕事ナビ」 第5巻小中学校で進路学習や職業体験学習に使用されている、キャリア教育の支援ガイド「お仕事ナビ」(理論社)という書籍の、第5巻が先月発売されたんですが、この第5巻で取り上げられたお仕事は、サッカー選手、プロフィギュアスケーター、野球選手、車椅子バスケットボール選手、ゴルファーで、そのサッカー選手として、浦和レッズの森脇選手が取り上げられてるんですね。

で、その森脇選手のページの中で、サッカー選手の仕事場として、埼スタの写真が掲載されているんですが、その写真に私が埼スタで撮影した写真が使われたので、書籍の紹介も兼ねて書いてみます。

Continue reading

Jリーグを初観戦した結果思わぬことになった人の著書 「サポーターをめぐる冒険」

サポーターをめぐる冒険」はもともとサッカーは好きだったけど、Jリーグはあまり興味がなくて見たことがなかったという著者さんが、ふとしたきっかけでJリーグをスタジアムで初観戦したことによって試合内容よりもサポーターに興味を引かれ、どんどんのめり込んでいく様子が書かれた中村慎太郎氏の著書。

元々ははとのすという著者さんのブログで書かれていた内容を基に加筆したもの。

今まで、(コアな)サポーター自身やJリーグを仕事として追い続けているスポーツライターの方による、所謂「サポーター論」的なものは多くありましたが、本書はそういう視点ではなく、スタジアムに集うごく普通のファン、サポーターに焦点を当てつつ、そんな彼、彼女たちが集まる空間に魅了されて自身が徐々にJリーグのファンになっていく過程を書いた珍しいというか、たぶん書籍としては初めての内容なんじゃないでしょうか。

Continue reading

暢久さんの新著、「山田暢久20周年メモリアルBook 一途」

買ってみた。

今週末のダービーで、J1リーグ前 500試合出場を達成するかもしれない暢久さんですが、そんな彼のプロ生活20周年を記念して出された書籍。本人のインタビューに加え、各年ごとの記録、歴代監督やOB選手、現役選手たちからの暢久さんに対するメッセージなどで構成されています。

山田暢久20周年メモリアルBook 一途

Continue reading

浦和レッズ後援会から DVD 届いた

Jリーグは今年20周年ですが、浦和レッズ後援会も今年で20周年を迎えたと言うことで、記念のDVDが送られてきました。DVDといっても、映像じゃなくて、後援会の会員に定期的に送られてくる会報誌「RD EXPRESS」って冊子があるんですが、過去の「RD EXPRESS」を全部まとめてDVDにしたものだそうです。

浦和レッズ後援会 20周年記念 DVD

Continue reading

J1リーグチーム通算1000ゴール達成記念記念DVD 「UrawaReds 1000 Goals+」

発売日にスタジアム行ってたので、スタジアムファンショップで買えばよかったものを、何を血迷ったかオンラインショップで注文しちゃったので今日届きましたよ。

J1リーグチーム通算1000ゴール達成記念記念DVD「UrawaReds 1000 Goals+」

Continue reading

サッカー批評(61) サポーターは敵か味方か?

ここんとこサッカー批評買ってなかったんだけど、ふと本屋さんに寄ったら置いてあったんで買った。61号はサポーターについてのお話。

浦和レッズマガジンや浦研でおなじみのライター島崎さんが、「槙野智章がサポーターに受け入れられるまで不思議な一体感を生むパフォーマンスの魔力」というコラムを書かれてます。

Continue reading

最近買ったレッズ関連書籍など

新年一発目の投稿は恒例の書籍紹介。

まず最初はまだ発売前ですが、福さんと島崎さんがやってる「浦研」が書籍になった1冊。

2011年の浦和レッズの闘いを完璧に振り返ることができる!ってのがウリってことで、2010年シーズンを2人が振り返りつつ、試合レビューやトークした内容をまとめたものらしいです。有料メルマガの浦研+を購読している人には内容がかぶる感じなんですかね...とりあえず発売日の2月3日を待ちましょう。

この書籍の発売に関しては、浦研プラストークライブVol.3で告知されてました。

Continue reading

映画「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」面白かった

DVDで観たんですけどね。普段見られない、サッカーの審判員にフォーカスしたドキュメンタリー。

EURO2008を舞台に、2010年のワールドカップ決勝でも主審を務めたイングランドのハワード・ウェブ氏を中心に、EURO2008に派遣された各国の審判団、UEFA審判委員会の仕事に密着しています(UEFA会長としてプラティニさんも度々登場してたり)。

Continue reading

最近買ったレッズ関連書籍など

毎度レッズ関連の書籍はほとんど買ってるので最近発売された関連書籍って内容になってますが...

毎年恒例ですが、埼玉新聞社から発売された、2010年全記録。イヤーブックみたいなもんなんで買っといたらいいと思いますけど成績がよろしくなかった年の号は微妙っちゃ微妙...ま、ロビーとか萌ちゃんとか今年でレッズを離れてしまう選手もいるので彼らの今年の戦いぶりを振り返る意味でもいいかもね。

Continue reading

最近買ったCDとか

マイケルの新作ね。もう本人が亡くなってしまったあとの作品なので個人的には故人の意思によらない作品ってあまり興味ないんですが、やっぱ買ってしまいました。が、アルバム自体の出来はかなりよかったので出した価値はあったのかなって思います。

Continue reading

最近買ったDVDとか

メタル好きなら外せないDVDです。ホントは日本に来てくれれば一番いいんだけど、そこは我慢してDVDで楽しみましょう。Metallica、Slayer、Megadeth、Anthraxの対バンなんて滅多にお目にかかれるもんじゃないですからね。

デラックスエディションは限定版。2DVD、5CDに加えて、24ページのカラーブックレット、ポスター1枚、各バンドのフォトカード、Big4のギターピック1個が同封されています。まだ売ってるみたいなので買うならこれがいいんじゃないですかね。DVDだけで良いって言う人は、通常版もあります。Blu-ray版もリリースされているみたいですけど、今のところ輸入盤のみです。

マイケル好きなら買っといたらいいんじゃないですかね。特典は豪華です。

最近買ったCDとDVDなど

Oasisのベスト。ノエルとリアムが喧嘩してノエルが脱退。そのままバンドも活動休止したので、このベスト盤が今のところラストアルバムってことに。↑上のは2CDの国内盤、俺が実際に買ったのはインポートの初回限定盤(3CD+1DVD)。DVDはPV集です。ベスト盤だから特に感想とかなし。

Continue reading

浦和レッズ記憶に残るベストシーン100

浦和レッズマガジンの増刊「浦和レッズ記憶に残るベストシーン100」買った。自分も駒場でのVゴール2つ。大将の世界一悲しいVゴールと土橋のめちゃくちゃうれしいミドルシュートVゴールがトップ2かな。実際にその場にいたのも大きい。あと大将の引退試合とか、ワシのラストゲームとか。色々あったねぇ。

スカパー!から特典DVDが来た

サッカー見るためにスカパー!契約してるんだけど、なんかDVDが届いた。今年のJリーグ開幕までを追ったドキュメンタリーっぽいのが40分くらい入ってた。

一番の発見は高原がシーチケ購入でオマケについてきたのと同じセカンドバッグみたいの使ってるってこと。(鹿島スタジアムに到着したバスから降りてくるとき小脇に抱えてる。)もっといいバッグ使いなよタカ。。

書籍 「威風堂堂 浦和レッズ 不滅の名語録」

古くからのサポーターなら特に楽しめるかもしれない書籍。Jリーグ開幕から前シーズン終わりまで、レッズの選手、監督、フロントが残した名言(迷言?)をまとめた一冊。我らが大将の忌まわしき「負けないよ」はもちろん、当時を振り返りながら読めば今では懐かしい言葉ばかりです。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る