2018 Jリーグ YBC ルヴァンカップ グループステージ 第1節 パロマ瑞穂スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

今年も始まったルヴァンカップ。ウチはここ数年、ACLに出場していた関係で久しぶりにグループステージからの参戦になりますが、その初戦はアウェーで名古屋と。

若手選手にとっては活躍のチャンスとなるこの大会、リーグ戦が過密日程の中、両チームがどのようなスタメンでくるかも注目の一戦となりました。

2018 Jリーグ YBC ルヴァンカップ グループステージ 第1節 パロマ瑞穂スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

画像はフジテレビOne中継映像から引用。現地行けなかったのでテレビ観戦。現地の皆さんお疲れ様でした。

さて、今日のスタメンは最終ラインに遠藤、岩波、槙野、菊池。アンカーに青木、インサイドハーフに長澤、武富、両ワイドに荻原、李。ワントップに興梠。GKは西川。

リーグ戦からは約半分を入れ替えた形ながら、要所には前節スタメンだった選手を起用し、ある意味堅実なスタメン。先手とって、リードした状態で試合を進められれば、興梠さんや青木さん、長澤さんあたりは選手交代でお休みさせつつみたいなことができると理想的ですねという感じ。

注目ポイントとして、まずはユースから加入の荻原さんですね。そしてリーグ戦では途中出場が続いていた武富さんがスタメンでどの程度やれるのか、さらに槙野さんとCBコンビを組む岩波さんの働きといったところ。

ウチのフォーメーションは前節同様、興梠さんを頂点に、青木さんをアンカーに置いた、4-1-2-3。左のワイドに荻原さんが、右のワイドには忠成さんが入り、インサイドハーフに長澤さん、武富さんという並び。あと菊池さんが久々にスタメンですね。左のサイドバックとして、荻原さんと縦関係を築きます。

対する名古屋は全選手、リーグ戦から入れ替えという大胆なスタメン。若手に積極的にチャンスを与える采配をしてきました。

で、結果的には前半に決めた4得点もあって今シーズン、公式戦初勝利。興梠さんが2発っていうのは驚きませんが、トップチームでの公式戦デビューとなった荻原さんがいきなりの2得点で強烈アピールとなりました。

名古屋は中盤でウチのボールホルダーに対してほぼプレスがかからないにもかかわらず、無謀とも思えるような高い最終ラインを設定してくれたため、裏抜けがうまい選手が前線にそろっているウチとしてはある意味やりやすかったというのが大きいと思います。

アンカーやインサイドハーフが下りてボール受けたときにそこに対するプレッシャーがほぼなく、前線から下りてパスを引き出す→受けて落としたところに前向きにサポートしてきた選手がダイレクトで相手ディフェンスライン裏へ→裏抜け成功、みたいな感じで簡単に裏のスペースが使えてしまったので、あとはクロスとフィニッシュの精度さえ伴えば得点チャンスという展開になりました。

先制点は9分、右サイドで裏に抜けた忠成さんが、一旦溜めておいてサポートしてきた長澤さんへ。そこから長澤さんが絶妙なクロスを上げると、ゴール前でフリーになっていた興梠さんが頭で合わせてのもの。ファーストシュートで決めきってくれました。

続く、15分には、荻原さんとポジションチェンジして左サイドに流れた興梠さんが抜け出すと、そこにダイアゴナルランしてきた荻原さんにふわりとしたパス。これを反転しながらダイレクトボレーっていう超絶難易度の高いシュートをファーサイドのサイドネットにブッ刺した荻原さんのトップチーム初ゴールで追加点。

さらにその2分後となる17分にはクロスをゴール前で遠藤さんが頭で落とすと、これを相変わらずのキープ力で収めた興梠さんが振り向きざまにグランダーのシュート叩き込んで3点目。これでほぼ試合は決まります。

トドメは31分、長澤さんからの絶妙なスルーパスに左サイドを抜け出した荻原さんが、自慢のスピードを活かして相手ディフェンスをぶっちぎるとそのままゴール前に侵入。躊躇なく振り抜いたシュートは相手ディフェンスが必死に出した足に当たるものの、角度が変わりながらもゴールに吸い込まれてこの日2得点目。マジこの新人ハンパねぇっす。

36分には早くも興梠さん→ズラタンさんとして興梠さんを温存するなど、前半だけでほぼ試合を終わらす勢いの4点リードを得て、後半に折り返します(前半には忠成さんや武富さんにそれぞれ決定機が1回づつあったので、それ決めてればもっと楽になりましたけどね)。

後半はちょっとウチの運動量も落ちたことや、名古屋も主力組を前線に投入してきたことで相手に流れを持って行かれる時間帯もあったり、なかなか駄目押しの得点をできる状況からは遠ざかったしまいましたが、まぁ4点もリードがあればある程度は仕方ないかなというところ。

その中でも63分には青木さん→阿部ちゃん、83分には武富さん→武藤さんと連戦に向けて運動量の多いポジションはお休みさせつつ試合をすすめ、最終的には 4-1 で勝利。ルヴァンカップ初戦は勝点 3 でスタート、そしてこれが今シーズンの公式戦初勝利となりました。

名古屋の中盤での守備や無謀とも言えるハイラインのおかげでウチの戦術がハマりやすかったという面はあるとは思いますが、リーグ戦のスタートでちょっと躓いて、チームを取り巻く空気がちょっと悪い感じになっていたところで、こういうきっちり得点して勝てたというのはポジティブに捉えて良いと思います。

ということで、続くリーグ戦は土曜日のアウェー長崎戦になります。長崎は今シーズン昇格組、J1の舞台も初体験というクラブですから、きっちり叩いて、J1の恐ろしさを教えてやるような試合にしたいところです。今節の活躍をうけて、荻原さんがリーグ戦でどの程度チャンスをもらえるのかも気になります。

このレビュー記事について浦和レッズサポーター向けFacebookグループでメンバーの方々との意見交換などもしています。詳しくはこちらをご覧ください

試合データ

観客: 9,491人
天候: 晴
試合結果: 名古屋 1-4 浦和(前半0-4)
レッズ得点者: 興梠(9分)、荻原(15分)、興梠(17分)、荻原(31分)
警告・退場: 青木(警告×1/ラフプレー)、李(警告×1/反スポーツ的行為)、長澤(警告×1/反スポーツ的行為)
主審: 松尾 一 氏
順位:グループC 1位(1勝0敗0分/勝点3/得失点差+3)

Recent Entry
Prev
Next

Page Top