Keep on Jumpin'

2017 Jリーグ 第26節 エコパスタジアム アウェー ジュビロ磐田戦

水曜日はACL川崎戦を劇的な逆転勝利で飾り、その勢いをリーグ戦にもつなげたい第26節は、ACLから中3日、3連休の中日にあたる日曜日に開催されるアウェーでの磐田戦。 磐田は第26節の他会場試合が前日の...

水曜日はACL川崎戦を劇的な逆転勝利で飾り、その勢いをリーグ戦にもつなげたい第26節は、ACLから中3日、3連休の中日にあたる日曜日に開催されるアウェーでの磐田戦。

磐田は第26節の他会場試合が前日の土曜日に終了している時点でウチの2つ上になる「6位」、勝点差は「3」と、ここで勝てば得失点差によってはウチが順位を一気に2つ上げられるチャンスとなるため、アウェーとはいえ、是非勝って帰ってきたい対戦となりました。

今週末は大型の台風が日本に接近している関係で、前日の土曜日に開催予定だった九州や四国(J2)での試合がいくつか中止になるなど、大荒れの天気が気になる週末となりましたが、現地行ってみれば風はすごかったものの、エコパ滞在中は雨にも降られず晴れ間も見えるような天気での試合開催となりました。

2017 Jリーグ 第26節 エコパスタジアム アウェー ジュビロ磐田戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、マウリシオ、遠藤、槙野。アンカーに青木、インサイドハーフに矢島、武藤、両ワイドに高木、ヒラ。ワントップに興梠。GKは西川。

システム的には柏戦から継続している 4-1-4-1 で、週明け、水曜日の天皇杯を見越してか、柏木さん、阿部ちゃんをベンチスタートにラファさんは帯同すらさせずという感じで、所謂ターンオーバーを図ってきた形のスタメンとなりました。

アンカーで起用の青木さんは変わらず、阿部ちゃんの代わりに遠藤さんが最終ライン中央に。右のワイドにはヒラさんが先発、左の高木さんと両翼の攻撃を担います。

気になるのは台風による風の影響でしたが、試合開始前、スタジアムの外にいたときや、スタジアム上部の風の抜け的にはかなり強そうだったものの、実際にピッチレベルではそんなに影響があるようには見えなかったのは幸いでした。磐田も試合開始前にかなりピッチ上に水をまいて球が走るようにしていましたので、恐らく風の影響を考えてハイボールは使いにくいことを想定していたんだと思います。これは結果的にウチにとってもやりやすいピッチコンディションになってくれたってことで、その辺はラッキーだったと思います。

さて、対するその磐田は、川又選手をワントップに、その下にフリーマン気味の中村俊輔選手、さらにアダイウトン選手を配置した 3-4-2-1 でスタート。守備時には両翼が下りて5バック気味(5-4-1、試合終盤は 5-3-2 のような形での守備)に対応。状況によっては 4-3-3 のような形でウチのビルドアップに対しては前3枚が積極的にプレスをかけつつ、奪っては前線の高さと強さのある川又選手を中央の起点に、もしくはアダイウトン選手がサイド裏のスペースに抜けてといった形で、特にフィジカルとスピードに優れるアダイウトン選手は効いていてウチにとっては非常に嫌な感じでした。

一方のウチも、かなり高めに設定された磐田の最終ラインに対して興梠さんや武藤さんが積極的に裏を狙う駆け引きを行うことで相手最終ラインに多大なプレッシャーをかけ続けていて、オフサイドで何度か引っかかってしまってはいたものの、これによって度重なる上下運動を強いられていた相手ディフェンスにとっては、ボディブローのように効いてくる感じだったと思います。

ポゼッションはウチがある程度上回っていて、どちらかというと引いて受け気味の磐田に対して攻撃の時間帯を多く作れましたが、まだ4バックシステムに完全になれていないこともあって攻撃の速度、テンポがなかなか上がらず、それによって磐田に対応する時間を与えてしまうことで完全に崩しきるというところまでは行けない展開。

それでもヒラさんからのクロスに矢島さんが頭で合わせたシュート(惜しくもカミンスキー選手の正面)、同じく矢島さんのボレーが2発くらいに、高木さんが裏に抜けて合わせたシュートなど、決定機は何度か作っていて、これらのうち1つでも決められていれば試合の流れ、結果も全然違ったろうなという感じの惜しいシーンが何度かありました(たらればを言っても仕方ないんですけども)。

で、ウチが警戒すべきはやはり俊輔選手のフリーキックなわけですが、警戒しててもやられるってのが悲しいところ。21分、ゴール左サイド、22~23mくらいの位置でマウリシオさんが競り合いでのファール取られると、磐田のフリーキックに。これを俊輔選手がふわりと浮かせながらゴール前の絶妙な位置に落とすフリーキック。

このボールを高橋選手がヒラさんのマークを外して頭で合わせたシュートは西川さんが一旦はなんとか弾くものの、このボールに詰めていたムサエフ選手に押し込まれて失点してしまいます。ウチがいい感じで試合を運んでいたんですけどね...... ここ数試合続く、先に失点するという流れは今回も変えられずと。

その後は前述した何度かの決定機もありつつ、同点には追いつけないまま前半終了。後半に望みをつなぎます。

ハーフタイムにヒラさん→ウメと選手交代。これは試合後のインタビューを見る限り、ヒラさんが前半に接触プレーで痛めたため(打撲)とのことで、想定外ではあったとおもいますが、交代したウメもキレはよく、引き続きウチがポゼッションして磐田を押し込む展開に。

68分には矢島さん→ズラタンさんとして、ズラタンさんをワントップの位置に。これで前線にわかりやすいターゲットができると、サイドからのクロスを増やして攻撃をよりシンプルに展開していきます。

すると79分、中盤で素晴らしいプレスをかけてボールを奪取した青木さんが、それに反応してこれまた絶妙なタイミングで裏に仕掛けた興梠さんに絶妙なフィードを一発。これを興梠さんが頭で合わせると、カミンスキー選手の肩口をかすめたシュートはそのままゴールに吸い込まれて同点。

中盤で奪いきったところから思い切って縦に入れた青木さんの判断とフィードの精度は抜群でしたし、それを引き出す興梠さんの絶妙なタイミングでの動き出し、両者の素晴らしいプレーが融合したナイスゴールでした。

この前の時間帯、ポゼッションはできるもののちょっと手数をかけすぎる感があって、ボール持てているけどテンポ的に悪い時間帯が続いていたわけですが、青木さんの判断はゴールに最も直結するポイントを一発で突いていくもので、このテンポの違いに磐田ディフェンスも対応が遅れましたし、それを呼び込む興梠さんの動き出しのタイミング、スピードといい、いやぁいい物見させていただきましたというゴールでした。

同点に追いついたことでウチもより前掛かりにして逆転ゴールを積極的に狙いに行く状況に。

88分には高木さん→菊池さんとしますが、これはズラタンさんが前線でいいターゲットになっていたことや、武藤さんや興梠さんの裏への仕掛けが相手ディフェンスラインを疲弊させ、磐田がかなり受けに回って後ろ重心になっていたことから、より一層サイドで押し込んでバンバンクロスを供給して欲しいという意図が見える交代だと思いました。

ただ、この意図は結果的にはあまりうまく実行されなかったですね。もう少しシンプルに、磐田の最終ラインの体勢が整う前の状況で中に入れたところで、ズラタンさんの近くで興梠さんや武藤さんがフォローして、みたいな状況を作ってくれた方がよかった気がしますが、どうしても手数がかかってしまって相手がセットしたところへの単調なクロスになってしまった感がありましたし、ちょっと最後のところの精度も上がりきらず、アディショナルタイムには逆にアダイウトン選手に右サイドから突破されてマイナスに戻されると、あわや失点という決定機まで作られて逆に危なかった。

この磐田の決定機は西川さんがスーパーセーブで救ってくれましたが、このプレーはまさに1点にも値するビッグセーブだったと思いますよ。ここのところセーブ率がどうこうと色々言われがちな西川さんですが、この試合でのセービングはいいときの西川さんが戻ってきたようなチームを救うビッグセーブでした(まぁ本当はそういう状況を作らせないことが重要なんですけども)。

ということで、ちょっと最後は消化不良な感じもしながらそのまま試合終了。両者勝点1を分け合う結果となりました。今シーズンは磐田さんに勝てなかったですね......

さて、結果は引き分けでしたが、上位チームに対してアウェーで引き分けなら別に悲観するような結果ではありません。次は週明けの水曜日に天皇杯 鹿島戦、さらに週末には鳥栖戦、さらに翌週水曜日にはアウェーでACL上海上港戦、日本に戻ってきて週末にアウェーで仙台戦と、ここまで週2試合ペースの連戦が続きます。

今回もそれを見越して主力の一部を温存する策に出ましたが、この辺はもう総力戦。とにかくリーグ戦では1つでも順位を上げられるように(6位以内なら賞金獲得可能ですしね)、ACLや天皇杯などのカップ戦はもちろんタイトル奪取を目指して、厳しい戦いが続きます。今シーズンも残り少なくなってきましたが、サポも気合い入れてこの連戦を乗り切りましょう。

このレビュー記事について浦和レッズサポーター向けFacebookグループでメンバーの方々との意見交換などもしています。詳しくはこちらをご覧ください

試合データ

観客: 23,783人
天候: 曇り
試合結果: 磐田 1-1 浦和(前半1-0)
レッズ得点者: 興梠(90分)
警告・退場: 青木(警告×1/ラフプレー/次節出場停止)、森脇(警告×1/異議)
主審: 山本 雄大 氏
順位(第26節終了時点):8位(12勝10敗4分/勝点40/得失点差+11)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る