Keep on Jumpin'

2017 Jリーグ 第13節 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ戦

前節は内容的に苦しみながらもなんとか広島を倒して勝点3をゲット、連敗も止めましたが、課題も多く残る勝利。状況的には苦しいままで迎える今節は、ACLの関係で飛ばしていた第13節、川崎フロンターレとの対戦...

前節は内容的に苦しみながらもなんとか広島を倒して勝点3をゲット、連敗も止めましたが、課題も多く残る勝利。状況的には苦しいままで迎える今節は、ACLの関係で飛ばしていた第13節、川崎フロンターレとの対戦。

この試合が重要な試金石。ここで改善の兆しが見えれば後半戦に向けて多少期待もできますが、あっさり敗れるようだと本当に出口見えない感じになってしまう重要な対戦。ところが普段の形から4-4-2のフォーメーションに変えて挑んだ結果、前半だけであっさり2失点。

2失点後にシステムを戻して後半立ち上がりからはペースを取り戻し、1点返すも、その後ディフェンスの対応ミスからPK献上+決定機阻止で退場をというダブルパンチで突き放されると、カウンターからとどめを刺されて4失点の完敗。本格的にヤバさしか見えない感じになってしまいました。

2017 Jリーグ 第13節 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ戦

もうクラクラするような負け試合だったし、平日夜に川崎まで行って、帰ってきてからこれ書いてますので疲れと眠さでかなり簡単にではありますがレビューまとめます。

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、遠藤、槙野、ウガ。ボランチに阿部ちゃん、柏木さんをトップ下のような感じにして、両ワイドに駒井と関根。興梠、ラファエル・シルバを2トップ気味に。GKは西川。

当初、スタメンを聞いたとき、まさか本番で4バックやると思ってなかったんで駒井さんをボランチにして柏木さんを1列上げるんだろうなと勝手に思い込んでたんですが、よくよく見ていたら4バックになってた。もうそして呆れたですよ。

前節、遠藤さんをボランチにしてスクリーン役に、後ろに那須さんを並べる策で守備に振った布陣は正直なところ失敗。柏木さんを上げてしまったことで前線のコンビネーションも不発になり、ほとんど良いところがなかったわけですが、今度は実戦でほぼぶっつけ本番の4バック。

関根さん、駒井さんが中に絞って森脇さん、ウガのオーバーラップをさせつつ、中央に人数をそろえる意図はわかりますが、結果としては全く機能せず、両サイドの縦関係は慣れないやり方に頻繁にポジションかぶるし、中に絞った関根さんや駒井さんはがシャドーのようなカタチになるもほとんど持ち味出せないし、ラファさん興梠さんは孤立するし、柏木さんは絞ってきた両ワイドの2人に押される形でポジションを下げるも2トップとの距離が遠くなってパスの入れどころがない状態。中央に人数そろえた割にはプレスがかかるわけでもなく、一体何のために4バックやってんのかわからない感じ。

挙げ句の果てに、CB2人の間に入れられた楔をあっさりターンされて小林悠選手に先制点(16分)を喰らい、29分には同じくCBの間にスルーパス通されて早々に2失点。4バックにしてCB2人並べといて、その間をあっさり抜かれてれば世話ないわけで、人数がいる分、逆に責任が曖昧になって当たれずという並びを変えたことが完全に悪い方向に出てしまいました。

さすがにヤバイと気がついたのか、後半立ち上がりと同時にウガ→武藤さんとしてフォーメーションを普段の形に戻しますが、そこから後半はウチがペースを取り戻すんですけどね。先に2失点してしまうとさすがに厳しい。

73分には槙野さんがコーナーキックを頭で合わせて1点を返すも、82分に遠藤さんがハイボールの対応をミス(その前で森脇さんがヘディング競り負けてるのがきっかけですが)って小林悠選手に裏に抜けられると、これを後ろから倒してPK献上+(ボールにプレーしない)決定機阻止の一発レッドで退場。PKも決められてこれでほぼ決まった感じになってしまいました。

トドメは84分にカウンターから長谷川選手に見事なミドル叩き込まれて終了。4失点での完敗となりました。

失点が先行して守備がうまくいっていないことはまぁ明らかなわけですが、私はボールロスト時の攻守転換速度、中盤でのプレスのかけ方、球際の強度といった、ごく基本的なところが疎かになっていると感じていますので、やり方を変えると言うよりはそこの意識付けで改善していく方が無難だと思っているのですが(なぜなら去年はできてたから)、ミシャさんが選択したのは選手の並びをいじって、簡単に言えば危険なエリアに守備に強い選手を置く(広島戦)、危険なエリアの人数を増やす(今回の川崎戦)という方法。しかし結果としては、普段と異なるやり方に対応できなかった選手達が混乱して、逆に事態は悪化するという結果になってしまいました。

もう1つ残っているのは人を変えるというやり方なのですが、天皇杯などを見ていても、この状況を劇的に変えられるような選手は残念ながら見当たらず、本当に手詰まりな感じになってきちゃいましたね。どうしたもんでしょ。

とはいっても次の日曜日には新潟戦が待っています。選手、監督・コーチ陣にはなんとか事態を改善してもらわなければならないのですが、今のままだとどんどん選手は自信を失うし、サポーターのイライラはつのってプレッシャーは強くなるし、悪いスパイラルに入っちゃいそうで心配です。とにかく諦めずに前を向いて進んでいくしかないんですけどね。

このレビュー記事について浦和レッズサポーター向けFacebookグループでメンバーの方々との意見交換などもしています。詳しくはこちらをご覧ください

試合データ

観客: 22,561人
天候: 曇
試合結果: 川崎 4-1 浦和(前半2-0)
レッズ得点者: 槙野(73分)
警告・退場: 阿部(警告×1/反スポーツ的行為)、遠藤(退場/得点機会阻止/次節出場停止)
主審: 家本 政明 氏
順位(第17節終了時点):8位(8勝7敗2分/勝点26/得失点差+12)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る