Keep on Jumpin'

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 上海上港戦

直近のリーグ戦はウチの攻撃力が爆発して7得点の快勝。週が明けて火曜日に行われたのはACLグループステージの第4節、上海上港戦。 前回、アウェーでの対戦では先に3失点してしまったことで難しい試合になった...

直近のリーグ戦はウチの攻撃力が爆発して7得点の快勝。週が明けて火曜日に行われたのはACLグループステージの第4節、上海上港戦。

前回、アウェーでの対戦では先に3失点してしまったことで難しい試合になった結果、2得点したものの悔しい敗戦となってしまいましたが、ホームでその借りを返す時。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ 第4節 埼玉スタジアム2002 上海上港戦

さて、今日のスタメンは最終ラインに森脇、遠藤、槙野。ボランチは阿部ちゃん、青木コンビ。両ワイドが駒井、ウガ。前線3枚は、柏木、ラファエル・シルバ、ズラタンというトライアングル。GKは西川。

今回は、前線を少しいつもと変えて、ラファさんとズラタンさんを2トップ気味に配置。その下にトップ下として柏木さんがいる形。中盤を青木さんと阿部ちゃんという守備面で強い2人にすることで、相手の最も怖い中盤、オスカル選手、アフメドフ選手のところをきっちり封じる策。

対する上海上港は、フッキ選手が直前のリーグ戦で負傷交代した影響で今節は出場せず。とはいえ、エウケソン選手はもちろん、ウー・レイ選手はスピードもテクニックもあって厄介なタレント。さらにフッキ選手の代わりに出場していたリュ・ウェンジュン選手も高い攻撃能力を持つ選手で油断できません。

上海上港は4-2-3-1の布陣から守備時は4-4-2でブロックを作りつつ、前線の2枚がしっかりウチのビルドアップにプレスをかけてくる守備。結果としてウチはビルドアップの枚数を増やすことになり、森脇さん、槙野さんが高い位置を取れないのでサイド攻撃に厚みが出ず、前線に対して斜めに入るような楔もほぼ入れられずという形で、これは前回アウェーで対戦した時と同じような状況に。

柏木さんがボールを受けに下りてきたときに、前線のラファさん、ズラタンさんは前に張ったままになるため、前線トライアングルの距離感も悪く、なかなか効果的な崩しを発動するまでには至りませんでした。

とはいえ、開始早々にウガからのアーリークロスをラファさんが足先で触ってポスト直撃っていう惜しいシュートもありましたし、少ないながらもチャンス自体がなかったわけではありません。この少ないチャンスをものにできるかが今節の重要なポイントになりました。

待望の先制点は前半終了間際の44分。一旦サイドの高い位置まで運んだボールを後方からフォローしてきた青木さんに戻しますが、ここで青木さんが素晴らしいプレーを2つ。

まずトラップ時の身体の向きでフェイントをかけ、寄せてきた相手ディフェンスをかわすと、そのままドリブルで中央へ進出。ファーサイドにパスを通すぞという体勢から鋭い縦パスをズラタンさんに通すと、ズラさんは自分で打たずに右側にポジションをとっていたラファさんに優しいパス。これを受けたラファさんは、ディフェンス2枚に囲まれながらも、ラファさんのシュートを警戒して3枚目のディフェンスが滑ったのを冷静に見極めながらゴール左隅に流し込んでこれが先制点。

半分くらいは青木さんの得点でいいんじゃね? というくらい、直前の青木さんのプレーがスーパーでした。ズラタンさんも自分のところで打てたと思いますが、相手の寄せが速いことを察知すると、相手を引きつけておいてラファさんに渡すあたり、彼の性格がわかりやすいプレーだったかも。まぁFWなんだからもっと積極的にシュート打てという意見はあるかもしれませんけど。

いい時間帯に先制して後半に折り返し。

後半、上海上港は前線の枚数を増やし、4-3-3のような形にしてきますが、そうなるとさすがの攻撃力。これを多少受けて入ってしまった後半立ち上がりの5分くらいは押し込まれてかなりヤバイ時間帯が続きました。

これに対してミシャさんは2枚替えを選択。59分に青木さん→忠成さん、さらにズラタンさん→武藤さんとして前線トライアングルをいつもの1トップ2シャドーに変更。柏木さんをボランチの位置に下げる策。前半、中盤のオスカル選手を抑え続けていた青木さんは60分で交代となりました。

相手が攻撃的に出てきたのに対して、守備的な交代ではなく、打ち合い上等という交代策は、賛否が分かれる点かもしれませんが、ウチは引いて守る形で逃げ切れるようなメンバー構成、さらにサッカーではありませんので、これはこれで正しい選択だと思います。うまくカウンターから追加点が奪えれば、試合を楽にできるわけですからね。

ただ、さすがに相手が上海上港となるとカウンターの打ち合いも命がけ。実際、押し込まれたところから20分、30分と2本のPKを献上していて、普通ならこれで終わってるところ。

ところが今日はゴールマウスに神が。いや西川さんはいつでも神なんですが、今日の西川さんはもうなんかすげぇ神。20分のPKはオスカル選手の蹴ったボールを右手1本で枠内にはじき出すスーパーセーブ。さらに2回目のPKはオスカル選手が思いっきりフカして枠外へ。

1本目、シュートコース的には悪くなかったのに止められた印象があるので、ギリギリを狙わないとという意識が強すぎた結果だと思いますので、2本目も相手のミスではなく西川さんが止めたようなものです。

このヤバイ状況を抜けた、81分、ラファさん→那須の兄貴として、守備を強化。再度柏木さんをトップ下に上げ、那須さんを最終ラインに。遠藤さんをボランチの位置に移動する形で中盤を固めに入ります。必死に同点を狙いにくる上海上港をギリギリで押し返し続け、最後はしたたかに時間を使ってアディショナルタイム4分を乗り切ると、アウェーの借りをきっちり返す、シャットアウト勝利。勝点3をゲットしてグループ首位を奪い取ってくれました。

終盤はPKのチャンスで2回もやらかしたオスカルさんが焦りからか単騎で仕掛けてくるケースが多く、相手がオスカル選手なのでやばいっちゃばやいんですが、それでも冷静に周りを使われるよりは少し楽になったのはあるかもしれません。世界一流の選手を焦らせ、イラつかせたのも、ウチの守備陣が頑張った結果だと思います。久々にシビれる試合でした。

さて、これで勝点を「9」として上海上港と勝点では並びましたが、直接対決におけるアウェーゴール数でウチが首位という順位に。同日、FCソウルがウェスタン・シドニーに勝って下の2チームは勝点3という状況。

次節、ホームでのウェスタン・シドニー戦で勝点1以上を獲得すれば、グループステージ突破が決まりますが、ホームですから、きっちり勝点3をゲットして、グループステージ突破を勝利でお祝いしたいところです。

とはいえ、それまでの間に、アウェーFC東京、ホームでのコンサドーレ札幌戦と、リーグ戦が2つ挟まります。リーグ戦の方も連勝を伸ばして首位を奪えるよう、引き続きサポートしていきましょう。

試合データ

観客: 21,858人
天候: 雨
試合結果: 浦和 1-0 上海上港(前半1-0)
レッズ得点者: ファエル・シルバ(44分)
警告・退場: -
主審: モハンメド・アブドゥラ・モハメド氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る