Keep on Jumpin'

FUJI XEROX SUPER CUP 2017 日産スタジアム 鹿島アントラーズ戦

今年最初の公式戦は、昨シーズンのJ1リーグ年間優勝チームと天皇杯の優勝チームが対戦する「FUJI XEROX SUPER CUP 2017(富士ゼロックス スーパーカップ)」。昨シーズンはJ1リーグチ...

今年最初の公式戦は、昨シーズンのJ1リーグ年間優勝チームと天皇杯の優勝チームが対戦する「FUJI XEROX SUPER CUP 2017(富士ゼロックス スーパーカップ)」。昨シーズンはJ1リーグチャンピオンと天皇杯優勝チームが同じ(鹿島)だったため、ウチが代替(J1年間準優勝チームに代替で出場権が付与されます)で出場ということになりました。

FUJI XEROX SUPER CUP 2017 日産スタジアム 鹿島アントラーズ戦

ちょっとここのところ忙しかったせいでレビューかけていませんでしたが、まぁ試合が終わってもう何日か経っていますし、公式戦とはいってもシーズン開幕前のプレシーズンマッチですから簡単にまとめておこうと思います。

スタメンですが、最終ラインに森脇、遠藤、ウガ。ボランチは阿部ちゃん、青木コンビ。両ワイドが駒井、菊池。2シャドーに武藤、李。ズラタンのワントップ。GKは西川。

コンディションの上がりきらない槙野さんは無理させずにベンチ外。柏木さんもキャンプ中に痛めたとかでお休み。槙野さんのところにはウガを入れ、柏木さんのところは青木さんで代替。左のワイドに新加入の菊池さんが先発。興梠さんはベンチスタートで温存しつつズラタンさんをワントップという布陣でした。

これはかなり前からレビューでも繰り返し書いていますが、ズラタンさんはウチのワントップにマッチした特性を持った選手ではなく、彼がワントップ先発だとまずトップにボールが収まらないこと、さらに前線トライアングルの連携もイマイチということで攻撃面では厳しいだろうなと思ってましたが案の定、前半はほぼなにも出来ない状態で終わり。

また、今季のウチは昨シーズンにも増してアグレッシブに最終ラインを高く設定していましたが、「高いディフェンスライン」と「中盤でのプレス」は必ずセットになっていなければなりません。その点で前半は中盤でのプレスが効いていないにもかかわらず最終ラインが高いので、鹿島さんには面白いように裏のスペースを使われまくってディフェンス大炎上。

中盤でプレスが効かないのはズラタンさんはじめ前線にボールが収まらないから。縦にボールが入らないので攻撃のスイッチが入らず、前線と中盤が間延びしてそこで奪われるとウチのプレスがかかる前にカウンターが発動してしまうという状況が生まれます。

そんな悪い流れの中、39分にはゴール至近でファールしたところで遠藤選手に直接フリーキック叩き込まれて先制(これは蹴った遠藤選手を褒めた方がよいと思いますけども、あの距離から壁の上を曲げて落とされたので西川さんとしてもノーチャンスでした)され、続く43分にもカウンターから遠藤選手にこの日2点目を許して前半だけで2失点という散々な状態になりました。

ハーフタイムに忠成さん→興梠さんとしてズラタンさんと興梠さんの縦関係にしますが、ズラタンさんを活かすなら確実にこのやり方の方がマッチします。これはズラタンさんの特性が相手を背負ってボールを受けるより、前を向いて裏のスペースに仕掛けてもらう方が活きるから。その点でボールを収める能力の高い興梠さんが縦関係でいてくれると、そことのコンビネーションで相手に脅威を与えることが出来るようになります。

また、興梠さんがしっかり前線でボールを収めてタメを作ってくれることで各ポジションとの距離感も適切に保たれるようになり、中盤でのプレスもハマるしサイドも高い位置を取れるようになって攻撃が活性化しました。

また、前半は鹿島のトップがサイドに流れつつ受けようとするロングボールにウチの遠藤さんが引っ張り出される形でラインコントロール不全に陥ったり中央での守備陣形を崩されるシーンが目立ちましたが、64分に菊池さん→関根さん、さらに駒井さん→長澤さんとして長澤さんをボランチに入れ、ウガを1列上げ、阿部ちゃんを最終ラインサイドに落として遠藤さんが中央のポジションからつり出されないようにする対策を取ったのはなかなか秀逸な交代策だったかと思います。

結果として守備は安定し、関根さんが入ったことでサイドからの攻撃も一気にパワーアップ。74分には興梠さんがPKゲット、そのわずか1分後の75分には武藤さんがズラタンさんのヘディングシュートのこぼれ球を押し込んで追加点とし、一気に試合を振り出しに戻してくれました。

で、まぁ流れ的にはウチにきてたんですけどね、最後に遠藤さんがつまらない凡ミスして試合をぶっ壊してくれましたが、ここについては個人攻撃しても仕方ないですしもう何も言う気がしないです。シーズン始まったらああいうミスはやめてねくらいでしょうか。

ということで今シーズン最初のタイトル奪取のチャンスはまたも鹿島さんに持って行かれてのスタートとなりましたが、重要なのは次に控えるACLグループステージの初戦(アウェー)とJリーグ開幕戦。そこに向けてこの試合で出た課題がプラスに活かせればよいと思います。

試合データ

観客: 48,250人
天候: 晴れ
試合結果: 鹿島3-2浦和(前半2-0)
レッズ得点者: 興梠(74分)、武藤(75分)
主審: 木村 博之氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る