Keep on Jumpin'

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第1戦 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

代表戦ウィークということでリーグ戦の方は一時お休みして、その間に行われるのはJリーグYBC ルヴァンカップ。リーグ戦中断期間に準決勝、決勝が行われ、今年最初の国内タイトルが決まります。準々決勝は神戸に...

代表戦ウィークということでリーグ戦の方は一時お休みして、その間に行われるのはJリーグYBC ルヴァンカップ。リーグ戦中断期間に準決勝、決勝が行われ、今年最初の国内タイトルが決まります。準々決勝は神戸にトータルスコア 6-1 で快勝し(第1戦 / 第2戦)、準決勝に駒を進めましたが、準決勝の対戦相手は直近のリーグ戦でもアウェーで対戦したFC東京。

まずは第1戦、アウェー、味スタでの対戦となりましたが、勝つことはもちろん、第2戦に向けてアウェーゴールをしっかり獲って帰ってこられるかが重要な試合。先に失点するという苦しい試合展開にはなりましたが、焦らず冷静にパスをつないで相手を押し込みつつ、途中交代の高木さんのゴラッソ、さらに途中交代で今季公式戦初出場のヒラさんのアシストによる武藤さんのゴールで逆転。第1戦勝利と共に、アウェーゴール2つを持ち帰る十分な結果で第2戦につなげました。

2016 JリーグYBC ルヴァンカップ 準決勝 第1戦 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

さて、今日のスタメンは、リーグ戦からは大幅に選手を入れ替え、最終ラインに森脇、那須、遠藤。ボランチは青木、阿部ちゃんコンビ。両ワイド、左に関根、右に駒井。2シャドーに武藤、李。ズラタンのワントップ。GKは大谷。

代表招集で西川さん、槙野さん、柏木さんが不在。ウガがコンディション不良で帯同せずということで、ボランチに青木さんを先発。最終ラインは中央に那須さんを置いて、森脇さんを左に移動。右に遠藤さんという配置。ちなみにミシャさんも準々決勝での退席処分によってベンチ外でした。堀さんが代わりに指揮をとります。

対するFC東京は、前回リーグ戦(2ndステージ第12節)で後半途中までウチを苦しめた前からのプレスでGKにボール下げさせて、蹴らせてからのはじき返してカウンターというやり方を踏襲はしているものの、前回飛ばしすぎて90分持たず、さらに守ろうと後ろを重くした結果押し込まれてやられた苦い経験からか、今回は前プレはかけてくるものの比較的ペース配分してるなという感じの立ち上がり。ただその中途半端なプレスのおかげでそこまで苦労せずにビルドアップができていたので、その辺は助かったかもしれません。

ウチはボランチに柏木さんがいないことでさすがに中盤の底からゲームを作っていくようないつものビルドアップは難しかったものの、青木さんの中盤でのボール奪取能力や、さらに前に持ち出していくパワーでまた別の良さが発揮されていましたが、決定機は作るものの最後のところで決めきれず前半はスコアレスで折り返し。

ところが後半、立ち上がりの4分に東選手に先制点食らう悪い流れ。クロスをニアですらされた裏でマークが外れたフリーの東選手に頭で合わされてのものですが、とはいえ失点した時間が早かったため、慌てずにまずは同点を狙う流れ。

徐々にウチがボールを支配し、東京を相手自陣に押し込みつつという展開になった61分忠成さん→高木さんとしてルヴァンカップ2試合で3得点と大爆発中の高木さんをトップ下に。この際に関根さんと駒井さんの並びを左右入れ替えています。

さらに70分にはその右サイドに移動した関根さん→ヒラさんとして今季公式戦初出場。続けて72分にはズラタンさん→興梠さんとして早々に交代カード3枚を使い切りますが、この一連の交代が逆転の原動力になります。

まずは77分、興梠さんがさすがの身体能力で前線でボールを収めると、フォローしてきた高木さんとスイッチ。バイタルエリアで相手の寄せが甘くなったのを見た高木さんが得意のゾーンから思い切って放ったミドルは、見事な軌道でゴールに突き刺さるとこれで同点。

さらに攻撃の手を緩めず、80分には右サイドで中に仕掛けたヒラさんから武藤さんへ絶妙なグラウンダーのクロス。これを武藤さんが身体をひねりながらファーサイド側ゴール隅に技ありのシュートを流し込んで逆転。たった3分で一気に試合をひっくり返しました。

ヒラさんの意表を突いた中への仕掛けも素晴らしかったですが、あそこは駒井さん、関根さんが散々縦に仕掛けるというのを前半から繰り返していたせいで、相手ディフェンスの頭には縦を切るというのがまずイメージされていたと思いますが、それによって縦に行くと見せかけての中への仕掛けがより活きた形となりました。

逆転できたところであとは時間をうまく使いつつ、あわよくば3点目を狙いますが、決定機はあったものの得点とはならず。後半リスタート時に相手GK、秋元選手がグローブ交換したによる影響で6分となったアディショナルタイムもきっちり締めて試合終了となりました。

さてまだ第2戦が残っていますので楽観はできませんが、アウェーゴールを2つ獲ったことで、ウチは第2戦、1失点以内なら勝敗にかかわらず決勝進出となります。まぁホームですし、しっかり勝って気持ちよく決勝進出を決めたいですけどね。

試合データ

観客: 13354人
天候: 曇のち雨
試合結果: FC東京1-2浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 高木(77分)、武藤(80分)
警告・退場: 森脇(警告×1/ラフプレー)
主審: 家本 政明氏

[広告]浦和レッドダイヤモンズ ビューボックスチケット

Recent Entry

全ての記事一覧を見る