Keep on Jumpin'

2016 Jリーグ 1stステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

前節、アウェーのマリノス戦から1週間のインターバルを置いての第7節は、ホーム埼スタにベガルタ仙台を迎えて。 木曜日に九州、熊本を中心に大きな地震があったことで残念ながら亡くなった方もいらしゃったり、避...

前節、アウェーのマリノス戦から1週間のインターバルを置いての第7節は、ホーム埼スタにベガルタ仙台を迎えて。

木曜日に九州、熊本を中心に大きな地震があったことで残念ながら亡くなった方もいらしゃったり、避難生活を余儀なくされている方も大勢いらっしゃいます。また、今週末九州で開催予定だったJリーグも中止になっていたりと大変な状況ではありますが、被災地のためにできることはしつつも、幸運にも普段通り生活できる地域では普段通りの日常を送ることも大事。被災地からテレビで試合を応援しているサポもいるかもしれませんので、そういう人たちに明るい話題を提供できるよう、現地で応援できる我々としてはできる限りのサポートをするしかないですね。

さて、埼スタでの仙台戦は、特にミシャさん体制になってからの相性はよいのですが、仙台は堅い守備とカウンターが特徴のチームということで、相手の堅い守備を崩し切れなかった前節マリノス戦での記憶も新しいことから、今度こそしっかり得点を奪って勝ちきれるのかが気になる試合でしたが、先発したウチの1トップ2シャドーが全員得点といううれしい展開で快勝してくれました。

2016 Jリーグ 1stステージ 第7節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

今日のスタメンは、最終ラインに森脇、遠藤、槙野の3枚。ボランチは阿部ちゃん、柏木コンビ。両ワイドにウガと関根、シャドーに武藤、李を置いて、興梠のワントップ。GKは西川さん。

マリノス戦は得点こそ奪えなかったものの、前線トライアングルのコンビネーションは抜群に機能していて、堅い守備を誇る相手であっても中央からの崩しが十分機能することはわかりましたし、中央でしっかり起点を作れることによって、両サイドのウガや関根さん、あるいは槙野さんのオーバーラップがより一層活きてくるような流れが作れていて、内容的には十分評価できる試合でした。

今節もこの前線のコンビネーションは素晴らしく、また、左サイドではウガと槙野さんがうまくポジションチェンジしつつサイドを攻略してくれるのと、逆サイドでは関根さんが相変わらず非常にキレキレで、積極的に仕掛けては相手対面サイドを押し込んでくれるため、最終ラインの押し上げも十分で全体的に相手陣内に押し込んだ状態で試合を展開することができていました。

仙台は4バックの前に中盤を5枚並べて、ハモンロペス選手をワントップにした4-5-1でブロックを作る守り方。柏木さんや阿部ちゃん、遠藤さんらからの縦の楔が前線に入ってくるのを中盤5枚で切りつつ、4-5のラインをコンパクトにそこで奪ってからのカウンターという狙い。

実際にウチが悪い形でボールロストした際は、スピードのあるハモンロペス選手をうまく使って効果的にカウンターを当ててくるので、楽観して見ていられるほど楽な試合ではありませんでしたが、それでも中盤での攻守の切り替えの速さと、最終ライン、遠藤さんを中心にしっかり仙台の攻撃を押さえ込み、大きなチャンスはほぼ与えずに試合をコントロールできていまいた。

前半はウチもボールを左右に動かしつつ、中央での崩しを狙ったり、大きめのサイドチェンジで両サイドからクロスという形で何度かチャンスをつくりましたが得点には至らず。単純なクロスでは中央に高さがあって人数をかけている仙台の守備を崩すのはさすがに難しいですが、速いクロスで少し変化をつけたり、相手ディフェンスラインの裏のスペースへに積極的に縦に入れていくことで、惜しいシーンも多く、仙台ディフェンスがどこまで耐えられるかという展開に。

そんな中、後半早々、53分に待望の先制点。左サイド、ウガとのパス交換でうまく縦にサイドをオーバーラップした槙野さんから素晴らしいクロス。これをニアサイドに相手のマークをうまく外しながら入ってきた忠成さんが頭で合わせてのもの。素晴らしいゴールでした。

ただ、そのわずか1分後に失点。ハモンロペス選手のヒールパスから、うまくマークを外してシュートレンジまで持ち込んだ三田選手が、遠藤さんのボディコンタクトにも耐えて技ありのシュート。ズドンというものすごいシュートではありませんでしたが、うまくタイミングを外して西川さんの逆を突く素晴らしいシュートでしたので、あれは打った方を褒めた方がよいと思います。もちろんその前にマーク外されたところでの守備対応に少し改善の余地はありましたが。

先制するもすぐに追いつかれたことで一瞬動揺した感のある選手たちも、すぐに気を取り直して再度攻撃を組み立て始めると、74分に興梠さん、76分に武藤さんと連続得点。興梠さんの得点は相手バイタルエリアでボールロストして仙台のカウンターが発動しそうになったところを阿部ちゃんがうまく奪い返してそのまま絶妙のタイミングで裏のスペースに動き出した興梠さんにスルーパス。これを興梠さんが冷静にキーパーをかわしてゴールに流し込んだもの。

武藤さんの得点は、柏木さんからのサイドチェンジを、ウガとの途中交代で左サイドに入っていたウメがうまくタメを作りつつピンポイントのクロス。これを武藤さんが頭で合わせてのもの。この両得点によって試合展開は一気に楽になりました。

その後は82分に興梠さん→石原さんとして温存。89分には関根→駒井として左サイドもフレッシュにすると、そのまま危なげなく試合を終わらせて勝点3をゲットしてくれました。

さて、次はミッドウィークにアウェーのシドニーFC戦。チームは明日にはオーストラリアに向かって移動になります。そしてそれが終わって木曜日に日本に帰ってくると、その週末には現在首位の川崎とアウェーで直接対決が待っています。さらにそのあとはゴールデンウィークの連戦と、また厳しい戦いが続きます。

特に次の2試合は正念場。シドニーFC戦は、勝てばグループ首位の座と決勝トーナメント進出が一気に近づきますし(他会場の結果次第では確定)、川崎戦も直接対決で勝てば首位の座を奪い返せる可能性が高い(鹿島の結果次第)です。ここでしっかり強さを発揮して、勝利することができれば、今年のウチは本当に優勝できるだけの強さを手に入れたと言ってよいくらい重要な試合だと思いますので、サポも気合い入れてサポートしていきたいものです(残念ながらシドニーには行けないのでテレビで念を送りますけども)。

試合データ

観客: 31,012人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和3-1仙台(前半0-0)
レッズ得点者: 李(53分)、興梠(74分)、武藤(76分)
警告・退場: -
主審: 岡部 拓人 氏
順位:(1st第7節終了時点): 暫定3位(5勝1敗1分/勝点16)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る