Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 2ndステージ 第16節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

前節、アウェーの東京戦からナビスコカップ決勝によるお休みを挟んで2週間ぶりにホームに戻っての第16節は、川崎フロンターレを迎えて。川崎は2nd優勝も年間勝点によるチャンピオンシップ出場もすでに可能性が...

前節、アウェーの東京戦からナビスコカップ決勝によるお休みを挟んで2週間ぶりにホームに戻っての第16節は、川崎フロンターレを迎えて。川崎は2nd優勝も年間勝点によるチャンピオンシップ出場もすでに可能性がなくなっている状況とはいえ、手強い相手。

前回対戦はアウェーでなんとか引き分けに持ち込んでいますが、あの試合も攻守がめまぐるしく入れ替わり、Jリーグでも屈指の攻撃的チーム同士の緊迫した対戦となりました。今節も同様にどちらが勝ってもおかしくない、緊張感のある試合で、客観的にみている分には面白い試合だったんじゃないでしょうか(応援している方としては身体に悪いですけど)

2015 Jリーグ 2ndステージ 第16節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

さて今日のスタメンは最終ラインに岡本、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにウガと関根。2シャドーに武藤と興梠を入れてワントップにズラタン。GKは西川。前節の警告で今節出場停止になっている森脇さんに代わって、岡本さんが先発という布陣。

前日練習などでは加賀さんを試したりしてたみたいですが、今までのミシャさんの選手起用を考えると、リーグ戦での先発がなく、途中出場を含めてもほぼ出場機会をもらっていない加賀さんをいきなりスタメンというのは考えにくく、もしかすると清水戦の時のようにウメあたりを先発させてウガを最終ラインに下げるというのも考えられましたが、そこは全体のやり方を大きくは変えず、森脇さん→岡本さんという変更のみにしてきました。

一方の川崎は前回対戦と同様に 3-4-3 スタートで、守備時には5バックにする形。それに対して前回アウェーでの対戦時はかなりウチが守備的に入った感がありましたが、今日はいつも通りアグレッシブに中盤からプレッシャーをかけ、サイドチェンジや縦への楔を使って主導権を握りにいく入り方。結果として前半に関してはほぼウチのペースで進められたんじゃないでしょうか。球際も戦えていましたし。

先制点は西川さんのロングフィードをズラタンさんがポストプレーで落とし→相手ディフェンダーが少し対応を誤った隙を突いた興梠さんがキーパーと1対1を作ると、技ありのループシュート。ズラさんの強さ、高さと、興梠さんの裏への抜け出しの速度、タイミングが見事に合わさった素晴らしいゴールでした。

そのまま前半をリードしたまま折り返せれば良かったんですが、終了間際に森谷選手に見事なミドルシュートを食らって同点に。森谷選手に対応したのは槙野さんでしたが、久々にみるまずい対応で、不用意に食いついたところを簡単にターンされて外され、フリーで打たれるっていう、完全な守備のミスからの失点。いい感じで球際厳しく川崎を押さえ込んでいたのに、前半、最後の最後で軽い対応をしてしまったのは悔やまれるところ。

後半は、64分に関根→ウメ、岡本→青木と2枚同時替え。岡本さん、すごく良かったんですけど思ったより早めの交代は個人的には残念でした。ただ、阿部ちゃんを最終ラインに下げて青木さんをボランチというやり方はあまりいい印象ないんすよね。阿部ちゃんが下がってしまうことで縦に付けられる人がいなくなってしまう(本来は青木さんがそれをやらないといけないんだけど)ため、ビルドアップが停滞する結果に。

さらに75分にはズラタン→高木としますが、FC東京戦同様にズラさんを下げてしまうことで前線で溜を作れる人がいなくなり、さらに点が欲しい前線5人が前に張り付いてしまうことでギャップも作れず、前後分断の悪循環。こうなったときのウチって全くボールが動かなくなって、苦し紛れに入れた楔やサイドチェンジでボールロスト→カウンター喰らうっていう悪い流れになりがちなんですが、この試合も後半の後半はそういう流れになってしまいました。

総括すれば前半はいい流れで押し込んだけれど追加点が奪えず、70分くらいまでをみれば、ウチは勝てる試合で勝点を2失ったとも言えるかもしれませんし、終盤に関しては逆に川崎にカウンターからいつやられてもおかしくないようなシーンが連発で、負けなくて良かったなという感じ。川崎サイドからは恐らく勝点を失ったとは思っていないでしょうが、勝点3に手が届きそうで届かなかったという評価になるかもしれません。

ウチとしては状況的に勝たないといけない試合で勝点1という結果。評価的には厳しくなってしまうかもしれませんが川崎相手にそれ程悲観する内容でもなし。

今節、広島がガンバに勝ってしまったことで年間勝点1位を狙っているウチとしては厳しい状況にはなりましたが、それを今さら言っても仕方ないので、残る最終節、とにかく勝って終われるように全力でサポートするしかないです。

とにかく最終節を勝つ。あとは広島の結果を待つだけですし、その結果が思った通りにならなかったとしても、チャンピオンシップ出場は決まっているわけですし、最終的にそこで勝ち抜くことが最も重要な目標となりますので、サポも集中力を切らさずに最後まで戦いましょう。

それにしても第16節が終わってから、最終節までに2週間以上空いてしまう日程は、終盤の盛り上がりに水を差しますね...... まぁ言っても仕方ないんですが。来週は天皇杯もありますし、代表組はこの間に代表戦もあったりと決して楽な感じではありませんが、この時間を使ってしっかりと準備して欲しいです。

試合データ

観客: 46,597人
天候: 曇時々晴
試合結果: 浦和1-1川崎(前半1-1)
レッズ得点者: 興梠(28分)
順位(2nd第16節終了時点): 5位(2nd:8勝4敗4分 勝点28 / 年間:20勝4敗9分 勝点69 2位)
警告・退場: 関根(警告×1/反スポーツ的行為)、ウガ(警告×1/ラフプレー)、阿部(警告×1/ラフプレー)
主審: 村上 伸次 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る