Keep on Jumpin'

2015 Jリーグ 1stステージ 第17節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦(1stステージ最終節)

前節で1stステージの優勝は決まっていましたが、年間王者に向けても、1stステージを無敗で終わらせるためにもきっちり勝って終わりたい、1stステージ最終節は、ホーム埼スタにアルビレックス新潟を迎えて。...

前節で1stステージの優勝は決まっていましたが、年間王者に向けても、1stステージを無敗で終わらせるためにもきっちり勝って終わりたい、1stステージ最終節は、ホーム埼スタにアルビレックス新潟を迎えて。

5得点できたことで、スコア的には余裕のある勝ち方ができたものの、終盤で少し守備が緩んでの結果2失点と、ちょっと最後課題も残りましたが、しっかり勝ちきって、1stステージ無敗。勝点もリーグ戦折り返し時点で「41」と、これ以上ない結果で2ndステージに折り返すことができました。

2015 Jリーグ 1stステージ 第17節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

今日のスタメンは最終ラインに森脇、那須、槙野。ボランチが阿部ちゃんと柏木のコンビ。両ワイドにヒラと関根。2シャドーにウメと武藤。ワントップに興梠。GKは西川さん。前節、退場して今節出場停止のウガに代わってヒラ。その上で、ヒラを右サイド、関根を左サイドに移動してのスタートとなりました。

新潟は3バックスタートで、守備時には5バックにしつつ、ウチの5トップにマンマークというやり方。ウチの2シャドーがポジションを変えてもマークは受け渡さずにマンマークしてきたので、立ち上がりに関しては少しやりにくい感じのスタートになりました。おまけに立ち上がりで新潟に先に決定機を作られるなど、新潟の方が先に良い入り方をした感はありましたが、そこは西川神を中心に最後はやらせず、こちらもボールを奪ってはいつも通り前線のオートマチックな連動から相手ゴールに迫り、20分にペナ内でうまく切り替えしてシュートモーションに入ったウメを、新潟のコルテース選手が倒してPK獲得。これを興梠がしっかり決めてくれたことで、試合の流れは一気にウチに。

35分にはバイタルで楔を受けた武藤とのパス交換から一気に前線に入ってきた阿部ちゃんのミドル。これはクロスバーに当たって弾かれるも、その跳ね返りが持ってる男武藤さんのところへ。これをうまくダイレクトボレーであわせて追加点。

2失点したところで新潟の運動量がガクッと落ちたため、そこからはウチが押し込む形で前半を終了し、2点リードのまま後半へ。

後半立ち上がりもウチが押し込みつつ、50分には武藤さんのこの日2点目。武藤からの絶妙なスルーパスに興梠がうまく抜け出してシュート。このシュートは両サイドのポストに当たってはじき出されるアンラッキーでしたが、ここにしっかり詰めた武藤が押し込んでのもの。7割方興梠のゴールでしたが、興梠へのパスを通した後も動きを止めずにしっかりゴール前に入ってきた武藤の献身的な動きがゴールにつながった、獲れるべくしてとったゴールでした。

さらにその7分後には、相手の好守転換を中盤で阿部ちゃんと柏木が見事なプレスで潰すと、そこから柏木が興梠に素晴らしいパス。これを興梠が超絶トラップでぴったり足元に止めると、素早くゴールに流し込んで4点目。これでほぼ試合は決まりますが、ここから少し緩んだ時間帯になってしまったのが残念。

4失点後に新潟は2枚同時替えして、2トップ、4バックの4-4-2にして攻勢を強めると、68分に左サイドへのロングボールに新潟の選手と併走して競り合った関根のチャージがファールと判断されてPK献上。これをラファエルシルバ選手に決められて失点。

このPK判定、去年、味スタでのFC東京戦で、森脇がPK取られた時と同じ状況だと思いますが、関根がボールに対してプレーしようとしておらず、ボールを追う新潟の加藤選手(だったっけ?)に対してチャージに行ったためだと思いますが、まぁちょっと厳しいですね。でもああいうプレーはファール取られる可能性は元々あるのでちょっと軽率ではありました。

とは言っても、77分には柏木のフリーキックに那須さんが豪快に頭であわせて5得点目を叩き込み(ファーサイドからニアに入ってくるスピード、高さ、そしてヘディングの強さと、教科書に載せて良いくらいの完璧なヘディングでしたよ)、新潟の反撃ムードを見事にぶっ壊してくれたのでそれはよかったんですが、そのたった4分後に指宿選手に2点目を入れられて3点差に。

この失点については帰ってから録画を見直したところ、多分オフサイドなんですけども、それでもサイドで指宿選手が完全にフリーになっていて誰もつけてないし、ちょっと気が抜けてると言われても仕方ないやられ方でした。ま、あれだけ点差がついている状況なので多少気が緩むのは仕方ないっちゃ仕方ないんですけども。

とはいえ、3点差を付けての圧勝でしたので、よしとしましょう。

さてこれで3週間ほどお休み。2ndステージの開幕は、アウェー松本で。2ndもこのままの勢いで突き進んで行ってもらいたいですね。

2015 Jリーグ 1stステージ 第17節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

おまけ

一応1st最終節という区切りだったんで、選手挨拶の様子を簡単に動画撮ってきましたので貼っときます。

試合データ

観客: 43,606人
天候: 曇り
試合結果: 浦和5-2新潟(前半2-0)
レッズ得点者: 興梠(21分)、武藤(35分)、武藤(50分)、興梠(57分)、那須(77分)
順位(1st第17節終了時点): 1位(12勝0敗5分/勝点41/1stステージ優勝)
警告・退場: -
主審: 西村 雄一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る