Keep on Jumpin'

2014 Jリーグ第7節 豊田スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

前節、仙台にホームで快勝して、今季初の連勝を目指す第7節はアウェー、豊スタで名古屋と。名古屋は監督が西野さんに替わってから初の対戦でした。 で、結果は早い時間に先制されて追いかける展開になりつつも、後...

前節、仙台にホームで快勝して、今季初の連勝を目指す第7節はアウェー、豊スタで名古屋と。名古屋は監督が西野さんに替わってから初の対戦でした。

で、結果は早い時間に先制されて追いかける展開になりつつも、後半、元気の同点ゴール、さらに後半アディショナルタイム(90+5分)の逆転ゴールで貴重な勝点3ゲット。現地に行けなかったのが悔しいくらいのドラマチックな結末での勝利となりました。

今日のスタメンは最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに阿部ちゃんと柏木。両ワイドにウメとウガ。トップ下、興梠と元気、李のワントップ。GKは西川。

ちなみに、前節途中、アクシデントで途中交代した永田さんはふくらはぎの肉離れとのことで、しばらく戦線離脱(やっと調子出てきたところだったのに残念)。那須さんがしばらくは去年同様にセンターの位置に入ると思いますが、今日のロスタイムゴールもきっかけは那須さんのシュートでしたから、ここのポジション争いは引き続き熾烈になりそう。永田さんも早く復帰してくれることを祈ります。

さて、名古屋はオーソドックスな4-4-2システムで、前線にケネディと永井という布陣。西野さんはあまり相手のサッカーに合わせてくるようなやり方をしない印象がありますが、今日も特にウチ対策という感じはなく、前半立ち上がりから先制点を取るまでは比較的前プレかけてくる感じと、ウチのサイドへの展開に対してはスライドで対応って感じ。ということで、大きめに左右振ったときはかなり狙い通りにサイドでフリーになれるし、名古屋は先制点取ってからかなり引いてブロック作る感じになったため、中盤も比較的自由にやらしてもらえる感じで、攻撃の形はかなりやりたいようにできてたと思います。

特に名古屋が負傷者等の関係でサイドバックに本来センターバックの選手を使っていたりして、スピード面では圧倒していたため、ウチの左サイドは槙野が散々1対1を仕掛けてはチンチンにしてましたが、とはいえ、名古屋も中央にはでかいくて強いの並べてるし、最後のところは体張ってきてたので、フィニッシュの1歩手前まではいくものの、最後のひと工夫や精度が足りずにゴールが遠い印象でした。

また、そういう守備の堅い相手に先制されてしまったことで少し難しい状況になってしまったというのもあります。とはいえ、失点は崩されてのものではなく、セットプレーから、柏木と西川の連携ミス的なところでやられたのと、時間帯も早かったためそれほど焦るような感じではありませんでしたが。でも押し込んでいながらゴールが遠い試合展開、負けている状況のまま時間が過ぎていく様は見てる方としては精神衛生上あまりよろしくないですね・・・・・・

前半は上記の通り、押し込みながらも同点ゴールが遠い展開。1度元気のゴールが決まったかと思われたシーンも、直前の槙野のプレーがハンド取られて無効になるなどツイていないシーンもありました。

後半も同様に名古屋は守る、ウチがポゼッションしてという流れは変わらず。とはいえ、名古屋の前線、ケネディはボールを収めるのがうまいし、彼に収まっちゃうと簡単にはボール奪取できないので起点を作られたりとさすがにやっかいな相手。また、後半立ち上がりは名古屋も前半立ち上がり同様にプレスを強めてきたのでウチもミスからボールロストしてゴール前に迫られるなど、危険な時間帯もありました。

しかし流れ的にはウチの流れのまま進んだ64分、よい楔のパスから前線のコンビネーションで元気がペナルティエリア内にドリブルで侵入すると、そのまま相手ディフェンスをかわしつつシュート。それが見事なゴールとなって同点。雰囲気的には立て続けに点が奪えそうな感じになりましたが、そこから試合終了間際まで名古屋に気合いでしのがれてやばい空気に。80過ぎには名古屋の永井が2枚目の警告で退場。相手が10人になりましたが、これによって完全に守備を固めて耐える感じになってしまったため、何とか逆転したいウチにとってはきつかった。

そのまま引き分けか・・・今日は引き分けで終わりたくない試合なんだよなーなんて思ってたら、恐らくラストプレーとなるコーナーキックがウチに。そのコーナーキック自体ははじき返されるも、セカンドボールを那須さんが思いきってミドル→それをゴール前にちょこんと興梠が触ってコースを変えると、ボールは名古屋ゴールに吸い込まれて逆転。劇的な逆転勝利となりました。いやぁすばらしいっすね。

ちなみに、選手交代はすべて後半、75分に柏木→啓太。79分にはウガ→関根。柏木の交代時は、啓太が用意してるってことで、ウガかウメと啓太を替えて、柏木を1列上げる、元気をサイドに出すみたいなことかなと思ったらまさかの柏木でした。コンディションの問題でもあったんでしょうかね。

柏木がいなくなちゃうと前線に対して楔を供給する人がいなくなっちゃうので、攻撃が活性化しにくくなる印象ですが、今日も柏木が抜けたことで中央で起点が作れないまま、単純なサイド展開みたいな傾向が見られてちょっとやきもきしました。

関根はウガと交代で入った左サイドで果敢に仕掛けるなど、出場時間は短かったですけど、精一杯アピールしている姿が印象的でしたね。もう少し長い時間使って欲しかったけども。

ということで、次節はホームに戻って川崎と。川崎には去年もかなり嫌な思いをさせられておりますので、ここらできっちりぶっ叩いて3連勝といきたいですね。

その前にナビスコカップですが、平日夜の徳島戦があります。こちらもホームで。

試合データ

観客: 19,505人
天候: 晴れ
試合結果: 名古屋1-2浦和(前半1-0)
レッズ得点者: 元気(64分)、興梠(90+5分)
順位(第7節終了時点): 4位(4勝2敗1分/勝点13)
警告・退場: ウメ(警告×1 / ラフプレー)、阿部(警告×1 / 反スポーツ的行為)
主審: 今村 義朗 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る