Keep on Jumpin'

鳥栖戦における「Japanese Only」弾幕について雑感

すでに各所で話題になっていて、槙野選手もTwitterで下記のようなツイートをするに至っている、鳥栖戦における弾幕の件について、思うところをまとめてみます。長いです。...

すでに各所で話題になっていて、槙野選手もTwitterで下記のようなツイートをするに至っている、鳥栖戦における弾幕の件について、思うところをまとめてみます。長いです。

弾幕が張り出されたのは209番ゲートなので、普段埼スタゴール裏に来ている人ならわかると思いますが、中心地の真下にあるゲートですね。

オフィシャルな発表について

現状でクラブから発表されているのは下記の通り。問題の弾幕が張り出されていることは把握していたが、当事者との話し合いを優先し撤去は試合中行わず、最終的に撤去されたのは「18時4分」。つまり試合が終わった後と言うことになります。

「差別を想起させる発言」ということで、「意図を確認中」です。という報告になっています。また、問題がある弾幕の強制撤去に関しては当事者、クラブ間での話し合いによってが原則であり、今回はそれに則ったこと、今後は問題がある弾幕に関して強制撤去も行う。といった感じ。

当日現地にいて、弾幕に対して抗議した方の話

当日、この弾幕を見つけてクラブスタッフに抗議した@inumashさんがTwitterでつぶやいていた状況が下記にまとめられています。

私は当日、当日抽選には参加せずに一般待機列に並んで北側から入場しました。この日は開場が13時予定で、確か30分~40分くらいで入れた気がするので、私が入ったのは14時前くらいかな。いつもB3ゲート→210番ゲートをくぐってスタジアムに入るので、問題の弾幕が貼ってあった209番ゲートは通ってないんですが、席を確保して、軽く昼食食べてから、ゴミ捨てついでに14時くらいにMDPを買いに下りてきてて、あの売店って確か209番ゲートの前だったはずなので近くには行ってます。

なので、209番ゲート自体は通ってないんですが、近くを行き来してあれだけでかい弾幕が貼ってあれば行き帰りに目に入っているはずですが、記憶にないんですよね・・・ だからその時間帯には貼られていなかったのかな。記憶が曖昧だからあまり適当なことは言えないですが。

上記、@inumashさんがブログで書かれていますが、

@inumashさんは試合開始後に埼スタに到着したらしく、その時に問題の弾幕を見つけて抗議したとおっしゃっていますし、槙野選手のツイートの写真ではまだコンコースを人が行き来している状態で、これは恐らく試合開始前ですから、私が(14時くらいに近くを通ったときに)見落としたってことがなければ、その後、14時過ぎくらいから試合開始までの間にはこの弾幕が貼られたってことになります。そして試合終了までそのままだったと。

この弾幕には何の意図が?

あ、前提としてはどんな意図があろうと、誰に向けたものだろうとこの表現は明確な「日本人以外への人種差別の表明」ですから、処分されるのは当たり前ってのはあるんですが、一応意図を考察してみます。

書かれている内容はどストレートに「日本人以外お断り」ですからね・・・ 英語があまり堪能じゃない人が「日本人しかいない」って書きたくてこう書いちゃったっていう風にがんばって好意的に解釈したとして、下記のようなことが考えられますかね

  1. 外国人枠を使わないことに対する皮肉(「日本人しかいない」って意味で書いた説)
  2. サポーターに対しての文字通りのメッセージ(ゴール裏からの外国人排斥運動説)
  3. 浦和レッズ所属選手に対するメッセージ(日本人じゃない選手は出ていけ的差別発言説)

実は私、槙野選手が上げたのとは違う写真をTwitterでさらっと見かけた時に、一瞬(1)なのかなって思って、「またくだらねぇ抗議してるわ」とか思ったんですが、よく考えたらそれならコンコースに貼り出す必要ないんですよね。

また英語的に only を副詞で使っちゃうと、「○○以外立ち入り禁止」とか、「○○以外お断り」って意味になっちゃうので、そういう意図がなければわざわざこういう書き方しないだろうから(1)の可能性はほぼないかな。当事者が問い詰められて実は(1)の意味でしたって言い訳する可能性はあるけど・・・

(2)(3)であれば問題外というか、多くの人がそう受け取ったから問題になっているわけですが、これは問答無用でクラブは弾幕を強制撤去すべきでしたね。話し合いとかしている場合じゃないですよ。

(2)であればウチの試合を楽しみに来てくれている多くの外国人サポーターに方々に真っ正面からケンカ売ってる訳だし、クラブとしてチケット買ってスタジアムに来てくれている人を不快にさせる弾幕が貼ってあれば営業妨害ですから。

(3)に関しては槙野選手はこれを感じたので「選手に対して」って書いてるんでしょうけども、有り体に言ってしまえば李忠成に対してってことですね。この日のメンバーで他国にルーツを持つ選手って李選手しかいなかったし。

世の中にはなぜか特定の国や人種の方に対して排他的、差別的な思想を持った人がいます。李選手は帰化されていますし、現在まったくもって日本人ですが、彼のルーツが気に入らないという人もいるんでしょう。実際にガンバ戦でもはっきりとはわかりませんが、李選手に対するブーイングがあったという話もありますし・・・

で、個人の思想に関しては世の中いろいろな考え方の人がいるのである意味仕方ない(差別的な考えを認めるわけじゃないですよ)部分もありますが、それをスタジアムで大勢に向けて開陳するとなると話は変わってきます。それが差別的な内容であれば批判されて当然ですし、クラブとしても厳しく対処しなければならないと思います。

特に世界的にスタジアムにおける差別的な発言や行動に対して厳しく対処していきましょうねという流れになっているご時世に、こんなどストレートなメッセージ掲げられている状況でクラブが「当事者の皆さん話し合いましょう」なんて悠長に言ってる場合じゃないだろと。まずは強制撤去した上で当事者探し出して事実確認ってのが当然の流れでした。

そういう意味で今回の事後報告も含めたクラブ側の対応には危機感が感じられませんし、去年の清水戦で一部のサポが暴力事件やらかしてJリーグからも最後通牒みたいに「お前んところのサポ、いい加減ちゃんとさせろよ」って言われている状況でこれだと、また同じような愚行が、それこそ勝点没収されたり、無観客試合にさせられたり、J1から追い出されたりするまで繰り返されるんじゃないかなと思うとほんと勘弁してくださいと思うわけです。

サポの問題行動に悩まされ続けるサッカーという競技

もう、サッカー(いやサッカー以外でもあるけど)とサポーターの問題行為ってのは切っても切り離せない歴史でありまして、古くはフーリガン問題から、Jリーグでも毎年なんかしらの問題が起こっています。

2000年以降だけでも、レイソル×グランパスで発生したサポーター同士の乱闘事件とか、ウチとガンバサポの間での衝突事件とか、宮城スタジアムでの仙台戦でウチのサポの一部が差別的発言をした件清水×磐田戦でのゴトビさんに対する差別的な弾幕掲示の件・・・ 上げたらきりがないくらい色々とありました。

スタジアムは純粋にサッカーを楽しみ、好きなチームを応援したい人だけが集まるわけじゃないってことです。悲しいけど現実的には・・・

サポの自浄作用に期待せずクラブとしてきちんとした対応を

だからといってこういうことが起こるのは仕方ないこととあきらめるしかないのかと言ったらそんなことはないと思いますし、徐々にでもこういう問題を起こす人間をスタジアムに入れない、そしてこういう行動を起こしにくい雰囲気のスタジアムを作っていくことはできると思うんですよね。

そのためにはサポの自浄能力みたいな曖昧なものにいつまでも期待している場合じゃないんじゃないかと。世の中には話してもわからない人っているんですよ。

それにすべてのサポが自警団みたいになれるわけじゃないし(街でポイ捨て注意して逆ギレで殺されちゃったりする事件が起こるご時世に、見つけた奴がその場で注意しろよ、注意しない奴らも同罪なんて誰が無責任に言えるの?)、やはりクラブとして「こういうことやったらスタジアムから追い出すし、場合によっては一生スタジアムに来られなくなるよ」っていう断固とした姿勢をみせる必要もあると思います。

その点で今回のクラブからの発表にはそういった決意を感じないので、そろそろしっかりやって欲しいなと、切に思います。もちろん、サポとしてもそういう行為がなくなるようにクラブに協力できるところはする必要はありますけども。

選手の足を引っ張るような行動を起こす奴はサポじゃなくて敵だよ

「サポーターとはこうあるべき」みたいな話するつもりはないし、人それぞれの考え方があってしかるべきだと思いますのであくまで私個人の考え方ですが、選手と一緒になって戦ってさ、選手達がちょっとでもいいから「あいつらのためにも勝ちたいな」って思ってもらえるような存在がサポーターだと思ってるんですよね。

で、一方的かもしれないけど選手達のことは仲間、家族だと思ってる。だからこそウチに来た選手は無条件で応援するし、ウチから出てった選手が他所で活躍するのをみてうれしく思ったり、誇らしく思ったりするわけですよ。「そいついい選手だろ、ウチの選手だったんだぜ」って。

だからどんなにひどい負け方しても選手にブーイングしたり、暴言吐いたりはしないって決めてずーっとサポやってます。何で?って聞かれれば、じゃああんたは自分の息子や娘(あるいは親友でもいいけどさ)が何かにチャレンジしてうまく結果がでなかったとき、「やめちまえ」とか「へたくそ」とか「おまえなんかいらねぇ」とか汚い言葉をぶつけるの?っていう話で、それに対してYesって言える人とはもうそこで会話終了ですが、私はNoなので、悪かったところよりも良かったところに目を向けたいし、次がんばろうぜって言いたいわけです。

もちろん、選手のパフォーマンスに不満があれば飲みながらちょっとくらいは愚痴るし、所詮チラシの裏だけどここで書いたりするわけですけどね・・・ 人間だもの

そういう考えの私なので、選手に対して安易に「あいついらね」って言えちゃう人とか、暴言吐いて平気な人とはお近づきになりたくないわけですが、それは個人の考え方の差なので、そういう人がダメだとか間違ってるとか言う気はないです。サポーターとしての考え方、スタンスの差ですからね。

でもね、今回のような問題行為で、クラブがJリーグから制裁を受ける、例えば選手達ががんばって勝ち取った勝点が没収されるとか、努力している選手達の足を引っ張るのなら、もうそれはサポーターではなくて「敵」ですよ。だからそういう方々にはご退場いただきたいし、1人のサッカー好きとしても、そういう方々にはサッカーに関わって欲しくないですね。

なんで我々サポが「We」という言葉を使っているのか、その意味をよく考えてみて欲しいです。

と、長くなりましたが、私はサポとしてこういう行為には断固として反対しますし、クラブには当事者に対するきちんとした対処をお願いしたいところです。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る