Keep on Jumpin'

2014 Jリーグ第3節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

試合終わりの翌日、呉観光してきたので遅くなりましたが、きっちり勝って帰ってきましたよと。 前節は色々とごたごたがありまして、横断幕、旗などが一切禁止というある意味厳戒態勢な感じといいますか、そういう微...

試合終わりの翌日、呉観光してきたので遅くなりましたが、きっちり勝って帰ってきましたよと。

前節は色々とごたごたがありまして、横断幕、旗などが一切禁止というある意味厳戒態勢な感じといいますか、そういう微妙な空気の中でのアウェー、しかも相手は開幕から2連勝中の広島ということで難しい試合になるだろうなと思っていたのですが、興梠、元気の、2得点、しかも完封勝利で気持ちよく帰ってこられました。よかったよかった。

2014 Jリーグ第3節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

去年、一昨年とビッグアーチは雨模様で寒かったんですが、今年はすげぇいい天気で、梅も咲いてたりして、気候的にも気持ちのいい週末でした。

2014 Jリーグ第3節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

今日のスタメンは去年のいわゆるベストメンバーといえるメンツに。最終ライン、槙野、那須、森脇。ボランチに阿部ちゃんと啓太。両ワイドにウガとヒラ。2シャドーに柏木と元気。興梠のワントップ。GKは西川。

で、広島さんとは毎回ミラーゲーム、お互いに長所も短所も知り尽くした同士の戦いですので、あとは個々の局面でのクオリティの差が結果に結びつくケースが多いですが、この試合もそれでした。

お互い、中央、縦へのくさびに対してはボランチ、最終ラインがしっかりとケアしつつ、球際も激しく、中盤での主導権争いの激しい試合。ただし、前半に関してはどちらかというとチャンスを多く作ったのは広島で、ウチは何度かサイドのスペースを広島のワンタッチプレーで崩されるも、西川の好判断などにも助けられて無失点で切り抜け。

一方で、ウチが中盤でボールを奪っても、広島の帰陣、攻守の切り替えが早いため、なかなか効果的なカウンターを発動できず、持たされてしまうとしっかりブロックを作った広島の堅い守備を崩すことはままならず、鳥栖戦と同様、押し込んではいるけど最後のクロスの精度、前線での連動が足りずに決定機にはならないという時間帯が長かったです。

とはいえ、こちらも守備面では、広島の前線3枚、寿人さん、野津田、石原に対して、最終ラインとボランチががっちりケアしてほとんど仕事をさせなかったのと、塩谷や水元の攻撃参加に対しては、元気や柏木が中盤でしっかりとプレッシャーをかけて攻撃面での関与を減らしていました。

また、サイドでも特に広島の攻撃の起点となるミキッチに対して、ウガが駆け引きしつつ、どうしても左サイドがオーバーラップしがちなウチのサイドのスペースをミキッチに使われるケースも何度かあったものの、最後はしっかりプレッシャーをかけて決定機は阻止するなど、この日の浦和は集中力を切らさず、献身的な守備で広島の攻撃を封じていました。

そんな流れの中で興梠さんがいい時間帯に先制点。右サイド、ヒラのすばらしいタイミングとスピードに乗ったオーバーラップで深くえぐると、そこからの折り返しを難しい体勢ながらうまく相手ディフェンスの前、ニアサイドに入り込んできた興梠が技ありのヘディングシュート。ループで相手GKの頭を越えたボールは広島ゴールに吸い込まれました。そのまま前半は終了。

後半は徐々に広島が圧力を強める中、興梠→李、さらに疲弊した柏木をウメに代えて前線で時間を作れるようにすると、さらに守備で忙しくて疲弊した森脇→ツボで最終ラインを締めると、広島の猛攻を受けつつも要所要所でカウンターを当てる戦いに。その中で後半ロスタイム、カウンターのチャンスに左サイドに流れて、絶妙のタイミングでスペースに抜け出しつつボールを受けた元気が、ゴール前での切り返しから見事なシュートをファーサイドのサイドネットに突き刺して勝ち越し。この試合でサポのボルテージが最高潮に達した瞬間でした。

これで試合は決まって、広島相手に完勝。最高のアウェー戦となりました。

色々と厳しい状況ではあるけど乗り越えていこう

この試合には浦和のクラブスタッフが多く帯同し、スタジアム内外でサポーターに対してのケアをしていました。下記のようなチラシも配られ、横断幕、旗類の使用が全面的に禁止された中での試合。

2014 Jリーグ第3節 エディオンスタジアム広島 アウェー サンフレッチェ広島戦

前社長の橋本さんも、現社長も待機列まで来て色々話をしてくれるなど、もう一度クラブ、選手、サポがひとつになってやってこうという気持ちをこの日スタジアムにいた多くの方が感じたんじゃないでしょうか。次節はJリーグでも初の無観客試合という不名誉な状況で迎えることになりますが、2度とこのような、プロの選手達に観客のいないスタジアムで試合をさせるなんていう悲しい事態を招かないことをサポの一人一人が心に誓って乗り越えてくしかないと思います。

ということで、次節はホームゲームを自宅観戦っていうめちゃくちゃ久しぶりな週末になりそうですが、選手達を信じて応援することにします。あ、その前に平日ですがナビスコカップの柏戦がありますね。こちらも忘れずに。

おまけ

そういえば、元気のゴール時、交代で下がったはずの森脇さんがなぜかピッチ上にいる選手よりも早く元気と一緒にゴール裏に走ってきて、あれ?って思ったんですが、その時にあの方、ピッチをちょっぴり横切ったらしく、これが元でこの日2枚目のイエローカードを頂戴し、退場処分となりました。あほすぎる・・・

ということで、森脇さんは次節出場停止です。たぶんミシャさんにもこっぴどく怒られたと思いますが、彼らしいと言えば彼らしい・・・

おまけ2

翌日、呉観光してきたので後でその時の写真でも上げようかなと思っておりますました。

2014 Hiroshima - Kure Tour

試合データ

観客: 24,734人
天候: 晴れ
試合結果: 広島0-0浦和(前半0-1)
レッズ得点者: 興梠(42分)、元気(90+1分)
順位(第3節終了時点): 5位(2勝1敗0分/勝点6)
警告・退場: 啓太(警告×1 / ラフプレー)、森脇(警告×2 / 反スポーツ的行為×2 / 警告2枚で退場・次節出場停止)、柏木(警告×1 / ラフプレー)、元気(警告×1 / ラフプレー)
主審: 松尾 一 氏

Recent Entry

全ての記事一覧を見る