Keep on Jumpin'

Jリーグ第23節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

前節、エコパで清水相手にほぼ完璧な勝ち試合を演じて首位と勝点1差まで迫って迎えた、その首位、横浜F・マリノス戦はアウェー、日産スタジアムで。 前回、ホームでの対戦は一時リードするも、追いつかれて逆転さ...

前節、エコパで清水相手にほぼ完璧な勝ち試合を演じて首位と勝点1差まで迫って迎えた、その首位、横浜F・マリノス戦はアウェー、日産スタジアムで。

前回、ホームでの対戦は一時リードするも、追いつかれて逆転されるっていう悔しい敗戦だったので、今回はその時の借りを返す+うまく行けば首位を頂くって感じで、サポもかなり気合い入って臨んだ試合でしたが...... 負けた。しかも完敗。

手短に言えば、自爆で先制されたあげく、守備の人数揃ってるのにアプローチがゆるくてやられるっていうウチの得意(?)の失点パターンでとどめ刺されて終わり。大事な一戦で悔しい敗戦となりました。

Jリーグ第23節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

今日のスタメンはいつもと変わらず、最終ライン、森脇、那須、槙野。ボランチに啓太、阿部ちゃんのコンビ。トップ下に柏木と元気。両ワイド、ウガとヒラ。興梠ワントップ、GKは順大。あと、磐田戦で右眼窩底骨折して離脱していたウメが、今日はサブで戻ってきました。

お互いに手の内を知り尽くした状態の対戦。マリノスの狙いは、前回対戦でも狙われてた、ウチのサイドが上がった裏のスペース。ここに齋藤や兵藤、さらに俊輔さんが入り込んできてボールを受けると、そこから中央に走り込んだマルキ辺りにあわせるっていう形をウチは気にしてか、あまり前線から食いついてプレスをかけず、裏のスペースをケアしつつ慎重な入り方をしました(槙野は比較的上がっても、ヒラのサイドはそのケアのために残ってる感じ)。

マリノスも、啓太のところにきっちりプレスをかけ、ワントップ、2シャドーに対しての楔を遮断するポジショニングをきっちりとりつつ、サイドに追い込む守備をやってきたのと、前述の通り、ウチが前からどんどんプレスをかけていくってことをしていないので、ボール奪取位置も自陣の深い位置が多く、一気にショートカウンターっていう形も難しかったのもあってなかなかシュートまで行けない時間が長かった。(アクシデントで森脇が開始早々に負傷交代→ツボってなったことで、多少守備的になったってのもある)

なので立ち上がりから25分くらいまでを見る限りは、1点を争う堅いゲームになるかなと思っていたら......

まさかのディフェンスラインでのミスで失点。せっかく慎重に入った試合でつまらん最終ラインのミスから先制点を献上するっていう最悪の形。パスを繋ぐのがウチのやり方だとしても、あの位置、状況であんなリスクを取る必要はないです。

さらにここ数試合、やられてる時によくありますが、失点後にばたついてすぐに追加点を取られるっていうパターンが今日も。しかも、これもウチがやられるときによくあるやつですが、守備の人数は揃っているのに、アプローチがゆるくなったところを個人技でマルキにやられてのもの。

アプローチに行った那須さんに、うまく体を当ててから反転し、シュートコースと時間を作ったマルキの能力を褒めるべきゴールでしたが、ゴール前に人数揃ってた状況であんな簡単にシュート打たれるってのはちょっとキツイっす(組織的な守備してないんだから個で負けちゃダメでしょってのは前回対戦時も書いてる。つまり守備に関しては成長してない......)。

そのまま2点ビハインドで折り返し。

2点リードされた状況なので、次の1点をウチが取れれば、なんかしら事態は好転するかなと思って、後半立ち上がりに期待したんですが、まさかの後半立ち上がりに、今度は俊輔さんの個人技でトドメの3点目。

これも崩されてない。守備の人数は揃っている状態で、俊輔にマーク付いた啓太を一瞬のフェイントで外されて、そのままミドル叩き込まれるっていう...... もうこれで試合は終わったよ。

さすがに3点差になってしまったので、ウチもリスクを取って前掛かりになりましたが、興梠のところが中澤にほぼ完封されてしまったのと、マリノスの中盤でのプレスもきちんと機能していたので、なかなかチャンスを作ることができませんでした。

中澤さんは前節、鹿島戦で大迫さんにチンチンにされたりと、スピードがある選手ではないのでゴールに向かって守備をさせられたりすると弱点を晒す傾向がありますが、今日のように入ってくる楔に対して、待ち構える守備をさせると、そのゴール前で跳ね返す能力はJリーグでも屈指のレベルなので、さすがの興梠もボールを収めることができず。楔が入らないのでサイドに逃げるも、中央で起点が作れていないのでマリノスも守備のスライドで対応しやすく、逆にサイドに追い込まれてボール奪取されるっていう悪循環。

後半はマルシオ、ウメを投入して打開を図るも、特に好転はせず(もちろん、チャンスは何度か作ってるんだけど)。そのままマリノスにうまく時間を使われて試合終了となりました(ファールもらうのうまいし、そのセットプレーで上手に時間使うよねこいつら......)。

めちゃくちゃ悔しいけど、負けちまったものは仕方ないので、週末のホーム、新潟戦できちんと勝って、これ以上引き離されないように食いついて行きたいですね。

試合データ

観客: 30481人
天候: 晴れ
試合結果: 横浜FM3-0浦和(前半2-0)
レッズ得点者: -
順位(第23節終了時点): 3位(13勝6敗4分/勝点43)
警告・退場: 原口(警告×1/反スポーツ的行為)、梅崎(警告×1/反スポーツ的行為)

Recent Entry

全ての記事一覧を見る