Keep on Jumpin'

Jリーグ第10節 長居スタジアム アウェー セレッソ大阪戦

ACLが終わってリーグ戦に戻った第10節は、アウェーでセレッソと。GWだってのに現地行けなかったので自宅観戦です。そろそろスタジアム欠乏症でございますよ。 さて、ウチはACLがあった関係で第9節は今月...

ACLが終わってリーグ戦に戻った第10節は、アウェーでセレッソと。GWだってのに現地行けなかったので自宅観戦です。そろそろスタジアム欠乏症でございますよ。

さて、ウチはACLがあった関係で第9節は今月末(5月29日のホーム仙台戦)にずれていますので、1試合少ない状態ですが、おかげさまで中2日のセレッソに対してタイへの遠征があったとはいえ中4日とコンディション的には恵まれた状況での対戦。

大宮清水と連敗している状況なので、今日はアウェーとはいえ勝たないといけない試合でしたが...... 先制され、一度は逆転したものの、最後に追い付かれて引き分け。悔しい結果となりました。

今日のスタメンは前節のレッドカード、退場で出場停止の阿部ちゃんのところに柏木を下げて、代わりにトップ下に今シーズンリーグ戦では初スタメンの矢島くんを入れた布陣。

最終ライン、森脇、那須、槇野。ボランチが啓太、柏木。トップ下に矢島くんとマルシオ。両ワイドにウガとヒラ。興梠のワントップ。GKは順大。大宮戦での負傷で一時外れていた元気、ウメもベンチスタートながら復帰しました。

セレッソさんはウチに合わせた守り方的な事をやってこないチームなので、基本的にはやりやすい相手。ウチの前線に対して、相手ボランチの2人が曖昧なポジションをとってくれたこともあって、やりたい形は作れていました。

マルシオ、矢島のところにガンガン楔いれて、そこからサイド、あるいはそのまま反転して相手ディフェンスラインに仕掛けるなど、立ち上がりから相手ゴールに迫るいい形を作っていましたし、守備も中盤でしっかり組織的に囲い込んで奪うってことができていたのと、選手の距離感もよかったのでセカンドボールもほぼ拾えてて、狙い通りだったんじゃないかと。

しかしだ。今日も例の「決定力」ってやつが重くのしかかる展開。フリーで枠にシュートが飛ばないってのはなんだろね。もう呪われてんのかってくらいの外しっぷり。それで自信喪失して、シュート打てる状況でパスを選択するとか、悪循環。クロスの精度も、今さら言っても仕方ないけど相変わらずのクオリティ。

ポゼッションして押し込んでるけど、フィニッシュの形が作れない、点が入りそうで入らないっていう状況からカウンターや自分たちのミス一発で失点するっていうのが清水戦の時とか、そうでしたけど、今日も流れ的にはそのパターンですね。清水戦ほど一方的に押し込んではいなかったけど、いい形でゲームをコントロールしながら、ビッグチャンスを逃し続けて、逆にやられるっていう。

後半15分過ぎに自陣での不用意なバックパスをシンプリシオにカットされて、バイタルで待ってた杉本に流されたところをダイレクトでミドル叩き込まれるっていう、あーまたこのパターンかよっていう失点でした。

ただ、今日、素晴らしかったのは、悪い形で先に失点しながらも、その後追いついて、さらに逆転できたこと。65分に元気が矢島に代わってトップ下に入ると、交代の5分後には、自陣から60~70メートルをドリブルで独走してゴール決めるっていうスーパーなプレーで同点。さらにその10分後には那須さんがサイドからのクロスをヘディングで押し込んで逆転。流れ的には完全にこっちキタって感じで、あとはしっかり時間使って終わらせてくれればって思ったんですが...... 甘かった。

試合終了、3分前に、山口に同点ゴール叩き込まれるっていうオチ。残り、5分は前線にシンプルにロングボールを放り込んでくるセレッソに対して、ウチのラインが下がっちゃってバイタルがら空き。セカンドボール拾われ、守備が後手に回ってやられるっていうやつ。同点ゴール喰らったあとも、ロスタイムに同じような形で、山口にミドルレンジからフリーでシュート打たれてて、フカしてくれたから良かったものの、やられててもおかしくない状況だったので、正直助かったなっていう感じでした。

とはいえ、アウェーで連敗は止めましたので、ここで1週間、しっかり休みを取ってもらって、週末のホーム、鹿島戦はきっちり勝って、勢いを取り戻したいですね。

おまけ

那須さんのチャントがお披露目だったってことで、現地参戦の方がYouTubeに上げてくれていましたので貼っときます。今日の2点目といい、那須さんの存在は本当に大きいですよ。

試合データ

観客: 32378人
天候: 晴れ
試合結果: C大阪2-2浦和(前半0-0)
レッズ得点者: 元気(71分)、那須(82分)
順位(第10節終了時点 暫定): 4位(5勝2敗2分/勝点17)
警告・退場: 矢島(警告×1/ラフプレー)