Keep on Jumpin'

2013年の記事一覧

2013年の記事一覧を表示しています。(1 / 2 ページ)

Jリーグ第34節(2013年最終節) 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

今年も最終節。優勝の機会は前節の敗戦で逃してしまったものの、勝って自力ACL圏内、またこの試合で浦和最後となる暢久、野田、永田拓を気持ちよく送り出すためにも勝ちたかった試合ですが、見事に負けた。結果6位で2013年シーズンは終わりました。

Jリーグ第34節(2013年最終節) 埼玉スタジアム2002 セレッソ大阪戦

Continue reading

Jリーグ第33節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

前節の敗戦で、首位の横浜とは勝点差4となり、今節マリノスが勝利すれば優勝が決まるという状況で迎えた第33節、ウチはアウェーでサガン鳥栖との対戦。マリノスが敗戦することがあれば、ウチは勝利することで最終節に勝点差1の状態で優勝の可能性を繋ぐことができた試合ですが、4失点の完敗。残念ながら今季もノンタイトルが確定しました。あと残すはACL圏内となる、3位以内に入れるかというところだけ。

Jリーグ第33節 ベストアメニティスタジアム アウェー サガン鳥栖戦

Continue reading

Jリーグ第32節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

悔しいっす。前節、アウェーの仙台戦で悔しい引き分けのあと、天皇杯がないウチは丸2週間の休みを挟んでのホーム、川崎戦でしたが、きっちり勝って、首位のマリノスに食いついて行きたかったところ、完全に川崎にしてやられて痛い敗戦となりました。

Jリーグ第32節 埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

Continue reading

2013 Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝 国立競技場 柏レイソル戦

2011年、残留争いのさなかに進出した以来、2年ぶりの決勝進出となったナビスコカップ。2年前に取り損ねたタイトルを獲ろうと、気合い入れて臨んだ試合でしたが、結果は準優勝。悔しい結果になってしまいましたが、2011年の時とは違って、久々にこのメンツ、サッカーならタイトルがとれると思って臨んだだけに、カップ戦の厳しさを改めて感じさせられました。

2013 Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝 国立競技場 柏レイソル戦

前日には当日の入場をスムーズに行うため、恒例の前日抽選が行われましたが、平日の朝早くにもかかわらず、埼スタには3000人以上の人が集まって、今日は試合の日かよって思うくらいの熱気だったんですが、おかげで、当日の入場はかなりスムーズにいったみたいですね。仕切ってくれたサポ有志の皆さん、ホントお疲れ様でした。

Continue reading

Jリーグ第30節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

リーグ戦の残り試合も今節を入れて5試合。優勝争いも勝点3の間に首位から3位までが入っている超混戦。負けたところが脱落するといってもいいような厳しい状況で行われた第30節は柏レイソルを埼スタに迎えて。

柏とは翌週、今度はナビスコカップの決勝で当たりますので、前哨戦のような感じですが、ウチはリーグ戦の優勝もかかっている状況で絶対に負けられない試合。しかし、前節鹿島戦で、興梠、森脇がイエローカードをもらって累積で出場停止という厳しい状況ながら、前半に奪った柏木の2点を守り切ってなんとか勝利。2位をキープして優勝に望みをつなぎました。

Jリーグ第30節 埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

Continue reading

Jリーグ第29節 カシマサッカースタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

ミッドウィークの天皇杯は残念な結果でしたが、そこできっちり主力を温存して臨んだアウェーの鹿島戦は、現状の3位-4位対決というだけでなく、ウチとしても優勝を狙う状況で負けられない重要な試合となりました。

結果的には大迫の1失点はあったものの、先制した2点を守ってアウェーで貴重な勝点3を奪ってくれました。同日、首位-2位対決となる、横浜FM×広島の結果、敗れた広島を抜いて、ウチが2位。横浜との勝点差は「2」のまま、残り試合は5節となっています。

Jリーグ第29節 カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

Continue reading

駒場スタジアム 第93回天皇杯3回戦 モンテディオ山形戦

先週末に川崎とナビスコカップ準決勝を戦って中3日、今週末には大事な大事なJリーグ、鹿島戦を控えてっていう過密スケジュールの中でやってきた天皇杯の3回戦は、駒場スタジアムにモンテディオ山形を迎えて。

駒場スタジアム 第93回天皇杯3回戦 モンテディオ山形戦

ベンチには一応、森脇、槙野、ウガという主力組を置いているものの、それ以外は皆さんベンチにすら入れない、ナビ杯、川崎戦から11人全員スタメンを入れ替えるっていう思い切ったメンバーチェンジをして臨んだ試合。ミシャさんがどれだけ週末の鹿島戦に照準を絞ってやってきたかってことの表れでもありますが、控え組にとってはアピールのチャンス。

だから結果を出して欲しかったんだけど、2-3で敗戦。今年の天皇杯は3回戦で終わりました。

Continue reading

埼玉スタジアム2002 ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦 川崎フロンターレ戦

前回のアウェー第1戦は2点先制したものの後半に相手のシステム変更に対応できず3失点の逆転負けを喫したナビスコカップ準決勝ですが、ホームでの第2戦は、1失点以内で勝ちさえすれば決勝進出という負けられない試合。なかなか決定機を作れない厳しい内容ながらも、全体的にゲームを支配し、最後の最後で興梠の決勝点、2011年以来の決勝進出となりました。

埼スタに集まったサポの数はちょっと少なかったけど、すげぇいい雰囲気で決勝進出を決められたんで、気持ちいい週末になりました。

埼玉スタジアム2002 ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦 川崎フロンターレ戦

Continue reading

Jリーグ第28節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

2013年のリーグ前も今節を入れて残り7節となり、優勝を目指すウチとしてはもう勝点を失うことは許されない状況でのJリーグ第28節は、ここ6シーズン勝ちのないダービー、大宮アルディージャを埼スタに迎えて。

Jリーグ第28節 埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

前節前々節と、先制しておきながら追いつかれた結果の痛い引き分けを残留争いをしているチームと演じるっていう、ちょっと厳しい試合が続いていますが、今日は何が何でも勝たないといけない試合。久々に5万人近い観客を動員して、最高の雰囲気の中行われたダービーは、結果的には4-0で完勝と、今までの憂さを晴らす試合で、首位とも勝点2、次節で場合によっては首位が狙えるところまで再び勝点を積み上げることができました。

Continue reading

暢久さんの新著、「山田暢久20周年メモリアルBook 一途」

買ってみた。

今週末のダービーで、J1リーグ前 500試合出場を達成するかもしれない暢久さんですが、そんな彼のプロ生活20周年を記念して出された書籍。本人のインタビューに加え、各年ごとの記録、歴代監督やOB選手、現役選手たちからの暢久さんに対するメッセージなどで構成されています。

山田暢久20周年メモリアルBook 一途

Continue reading

Jリーグ第27節 Shonan BMWスタジアム平塚 アウェー 湘南ベルマーレ戦

2013年のJリーグも今節を入れて残り8節と佳境ですが、首位横浜FMとの勝点差は今節開始前現在で「4」。そして今節の相手は残留争い中の16位湘南。ウチが優勝を狙う上では、湘南さんには悪いけどアウェーとはいえ絶対に勝点3をとっておきたい大事な試合でしたが...... 引き分けた。

しかも先制しておきながら後半押し込まれて逆転される時間帯もあるなど、ちょっと不安になる内容での引き分けでした。今日は残念ながら現地には行けなかったのでテレビ観戦。

Continue reading

Jリーグ第26節 埼玉スタジアム2002 ヴァンフォーレ甲府戦

前節、アウェーでのFC東京戦は追いつきながらロスタイムに失点っていう悔しい負け方して勝点を落としましたが、今節はホームに甲府を迎えて、絶対に取りこぼせない試合。だったんですが...... 先制しておきながら追加点が奪えず、またもロスタイム(90+6分!)に同点にされて引き分け。勝点2を落としたといっていい試合になってしまいました。疲れがどっと出るよね。

この大事な終盤戦で勝点を取りこぼすのはかなり厳しい。実際に今日は他会場で広島、横浜FM、共に勝利して首位とは勝点差4に開き、広島には勝点で並ばれて得失点差の3位に後退してしまいました。

Jリーグ第26節 埼玉スタジアム2002 ヴァンフォーレ甲府戦

Continue reading

2ステージ制移行が決定してしまった今、サポにできることは何か

あまり深く考えずに殴り書き。

決まってしまいましたね。2ステージ制への移行。2015年から実施の予定です。

前にも書いたとおり、私は2ステージ制に反対の立場ですので、その立場から今回の決定について書いとこうと思います。

Continue reading

Jリーグ第25節 国立競技場 アウェー FC東京戦

代表戦による中断期間、公式戦的にはナビスコカップ天皇杯を挟んでのJリーグ、第25節は、アウェー国立競技場でFC東京と対戦。前回対戦、ホームでの第15節は、2点先制されてからの2得点で引き分けに持ち込むきわどい試合でしたが、今日も先に2失点してからの2得点で同点、しかし勝ち越すことはできず、最後の最後に失点して悔しい敗戦となりました。

今日は両チームとも持ち味の細かいパスワーク、ドリブルや裏への仕掛けを駆使し、お互いに隙あらば鋭いカウンターを発動して相手に襲いかかる...... そういう中で、比較的ウチがゲームをコントロールして、見応えのある内容の試合を展開しておきながら、ウチの信じられないような安っぽい失点で興ざめさせられる試合でした。同じようなパターンのセットプレーから失点を3発。全部相手はドフリー。さすがにもうね、怒りを通り越して呆れる程ですよ。

Jリーグ第25節 国立競技場 アウェー FC東京戦

Continue reading

駒場スタジアム 第93回天皇杯2回戦 栃木ウーヴァFC戦

天皇杯が始まると、秋って感じがしてきますが、第93回天皇杯、2回戦は駒場スタジアムで栃木ウーヴァFCと。栃木ウーヴァFCは来年発足予定のJ3参加を目指し、現在、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するチーム。

天皇杯の2回戦はJのチームにとっては初戦になりますが、過去、予選から勝ち上がってきたチームにJのチームが負ける、所謂ジャイアントキリングが何度も起こってて(実際にウチも喰らったしね...)、油断は禁物の初戦ではありますが、2-1で勝利し、3回戦に駒を進めました。

駒場スタジアム 第93回天皇杯2回戦 栃木ウーヴァFC戦

Continue reading

等々力陸上競技場 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 アウェー 川崎フロンターレ戦

川崎フロンターレとのヤマザキナビスコカップ、準決勝の第1戦はアウェー、等々力陸上競技場で。前半の入りからいい時間帯での先制点、後半早々の追加点までは、ほぼ完璧にウチの狙い通りに試合を運びながら、暢久の負傷退場と川崎のシステム変更を機に川崎に押し込まれて、3失点の逆転負けと、非常に悔しい内容となってしまいました。

等々力陸上競技場 ヤマザキナビスコカップ準決勝第1戦 アウェー 川崎フロンターレ戦

Continue reading

Jリーグ第24節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

残暑の厳しい中、連戦が続きますが、8月最後のホームゲームはアルビレックス新潟を迎えて。前節は、ミッドウィークにアウェーでマリノスに惨敗っていう最悪の結果でしたが、まだ首位との差は突き放されていない状況。食いついて行くには連敗だけは許されない試合でしたが、新潟の献身的な守備に苦しめられながらも、興梠の決勝点を守り切って勝点3を取ってくれました。

Jリーグ第24節 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

Continue reading

Jリーグ第23節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

前節、エコパで清水相手にほぼ完璧な勝ち試合を演じて首位と勝点1差まで迫って迎えた、その首位、横浜F・マリノス戦はアウェー、日産スタジアムで。

前回、ホームでの対戦は一時リードするも、追いつかれて逆転されるっていう悔しい敗戦だったので、今回はその時の借りを返す+うまく行けば首位を頂くって感じで、サポもかなり気合い入って臨んだ試合でしたが...... 負けた。しかも完敗。

手短に言えば、自爆で先制されたあげく、守備の人数揃ってるのにアプローチがゆるくてやられるっていうウチの得意(?)の失点パターンでとどめ刺されて終わり。大事な一戦で悔しい敗戦となりました。

Jリーグ第23節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦

Continue reading

Jリーグ第22節 エコパスタジアム アウェー 清水エスパルス戦

いやー気持ちいい完勝でしたね。今日は都合が合わなくて現地、エコパに行けなかったんですけど、現地組の方々も気持ちよく帰ってこられたんじゃないでしょうか。ということで、今回はテレビ観戦なので簡単に触れます。

前節大分戦は、20分、しかもシュート3本で3失点っていうミラクル(いや笑えないけど)失点をやらかしたところからの、4得点でひっくり返して劇的な逆転勝利でしたが、今回はそういうバカ試合にならないように、先制点を取ること、あときっちり完封して勝って欲しかった試合。その通り、きちんと先制して、さらにいい時間帯に追加点、そして無失点っていうほぼ完璧な出来で勝点3を取ってくれました。よかったよかった。

Continue reading

Jリーグ第21節 埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦

前節アウェー名古屋で悔しい敗戦をして、連敗はできない状況でのぞんだホームでの第21節は、現在最下位の大分と。

開始20分で3失点っていう悪夢のような立ち上がりから、結果的には4得点しての逆転勝利で、劇的なゲームでしたが、失点の仕方も悪く、守備面で課題の残る試合でした。さすがに勝ったからいいやって言えるレベルを超えてる......

Jリーグ第21節 埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦

Continue reading

Jリーグ第20節 豊田スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

磐田戦で連敗脱出、前節、広島には完勝して、連勝を狙ってアウェー、豊田スタジアムに乗り込んだ名古屋グランパス戦でしたが、結果は2-0の敗戦で、連勝とはなりませんでした。

パターンとしては決定機を決めきれずに先制点がとれない状況の中で、自分たちのミスから失点して試合を難しくするっていうよくあるパターンで、こればっかりはたらればなので言っても仕方ないですが、試合展開的に前半だけを見ていればウチが先制して勝ちきってもおかしくない内容でしたから、後半の不用意な失点が悔やまれる試合となりました。

Jリーグ第20節 豊田スタジアム アウェー 名古屋グランパス戦

Continue reading

Jリーグ第19節 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

前節、アウェーで貴重な勝点3を奪って、さらに連敗も止め、ここからもう一度勢いに乗りたいホーム、埼スタでのJリーグ第19節は、現在首位の広島を迎えて。ここで勝てるかどうかで今年の優勝できるかが決まるって言ってもいいくらい重要な一戦でしたが、結果は3-1とほぼ完勝の出来で、連勝となりました。

Jリーグ第19節 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

Continue reading

Jリーグ第18節 エコパスタジアム アウェー ジュビロ磐田戦

東アジアカップも終了して、Jリーグも再開した初戦は、平日の夜のエコパ。さすがに仕事の関係で現地いけなかったのでテレビ観戦。なので手短に。

結果としては 1-2 で勝利してくれて、中断前の2連敗を止めてくれたのでその結果に対しては素晴らしいと思いますが、内容的には厳しかったです。3連敗すると上位についていくにはかなり厳しい状態に追い込まれるこの状況で、しかも先制されるっていう試合展開からの逆転ですから、もう一言でいえば、「あぶねー(汗)」って感じの勝ちでした。心臓に悪いっす。

Continue reading

埼玉スタジアム2002 さいたまシティカップ2013 アーセナルFC戦

久しぶりの海外ビッククラブとの対戦ということで楽しみにしてた、さいたまシティカップ2013は、イングランドプレミアリーグの強豪、アーセナルFCを埼スタに迎えて。

もともと勝ち負けよりも、ああいう世界的な選手が集まる強豪に対してどの程度ウチのやり方が通用するのかってのが見たい試合だし、相手がプレシーズンで、コンディション的には100%じゃないにしても、アーセナル相手にある程度できるってことがわかれば、それは選手にとっても自信になるし、Jリーグにつながるので、こちらとしては気合いの入る試合。

結果的には1-2で負けだったですが、内容的には足りないところ、逆に通用するところや、なかなか出場機会がつかめないサブメンバーの中でもいいアピールができたんじゃないかなっていう選手も何人かいて、収穫の多い試合だったんだじゃないでしょうか。

埼玉スタジアム2002 さいたまシティカップ2013 アーセナルFC戦

Continue reading

Jリーグ第17節 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

厳しい夏場の4連戦、最後はホームでマリノスと。前節はアウェーで文句なしの完敗でしたので、ホームでのこの試合はなんとしても勝ちたかったんですが... また負けた。しかも追いついて、逆転してからの再逆転で負けるっていう、ある意味川崎戦よりストレスの溜まる結果でした(だって川崎戦は途中で諦めたし)。

Jリーグ第17節 埼玉スタジアム2002 横浜F・マリノス戦

Continue reading

Jリーグ第16節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

長いシーズン、こういう試合もあるよねっていうしかない、久々にボコられたアウェーの川崎戦。もうなんつーか、悪かったところは反省して、気持ち切り替えてもらうしかないっすね。前節も先に2失点っていう、この直近2試合は失点が先行するっていう流れになってるのは気になりますが、この暑さの中まだ連戦は続くので、きっちり立て直してもらいたいものです。

Jリーグ第16節 等々力陸上競技場 アウェー 川崎フロンターレ戦

Continue reading

Jリーグ第15節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

前節、アウェーの国立で勝利して、お次は平日夜の埼スタにFC東京を迎えて。去年の対戦はホームアウェーともに引き分け、しかもウチが先制しておいて追いつかれるっていう試合でしたが、今回もまた引き分け。

でも今回は2点先制されてからの追いついた形なので、かなりやばい試合ではありましたが、東京の守備がはまっていてウチのやりたいことがほとんどできない、東京のプラン通りっていう試合展開でしかも2点先行された状態から追いつけたっていうのは素晴らしいことだと思います。優勝を狙うには、こういう厳しい内容の試合でも最低限、勝点1がとれたってのがあとで響いてきますからね。

Jリーグ第15節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

Continue reading

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

さて、今日は久しぶりのリーグ戦ということで、アウェーですがほぼホームみたいな国立で、ヴァンフォーレ甲府と。ナビスコカップの準々決勝がホームアウェーで2試合あったといっても、中断前最後のリーグ戦は5月29日の仙台戦ですから、丸々1ヶ月休んでたことになりますね。

Jリーグ第14節 国立競技場 アウェー ヴァンフォーレ甲府戦

Continue reading

そろそろJリーグの2ステージ制復活についてひとこと言っとくか

最初に結論だけ言えば、私は2ステージ制の復活には反対です。2ステージ制ってのが、2004年までやってたのと基本的に同じ形のものだと仮定してですが、理由は下記の通り。

  • 今のチーム数(18チーム)で2ステージ制を復活させれば、両ステージとも均等にホーム & アウェー形式で開催するのは不可能。となると公平な条件で優勝を争うということができなくなる
  • 2ステージ制だと各ステージの優勝が短期(今のチーム数なら1ステージ17試合)決戦で決まるので、もともと運によって左右される可能性が高まっているのに、さらにあるチームとはアウェーでしか戦わないとかいう要素まで加われば、それがさらに強まることが予想される
  • 結果として年間優勝というタイトルの価値が下がるのではないかという懸念(実際に年間で最も勝点を獲ったチームが優勝できないっていう事態が何度か起こってるよね。どことは言わないけど)
  • 「J1で優勝チーム = その年、1年間を通して一番強かったチーム」という価値が下がるってことが問題。俺たちサポはそのタイトルために毎試合サポートしてるんだし、自分が愛するクラブを日本で一番強いチームにしたいと共に戦ってるわけで、そこは譲れねーだろと思うわけ。

だから反対です。

ちなみに、世界標準が1ステージ制だからとかそういうのは比較的どうでもいい。サッカー強豪国の中には国内プロリーグが2ステージ制の国もあるし。とにかく「最強」っていう称号にケチが付くような仕組みはやってくれるなっていう単純な話です。

Continue reading

埼玉スタジアム2002 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 セレッソ大阪戦

第1戦、大阪できっちり勝って帰ってきてくれたおかげでかなり楽な気持ちでのぞめたホームでの第2戦ですが、結果は1-1の引き分けで、トータルスコア 3-1。結果、無事準決勝にコマを進めました。準決勝は9月と10月に、ホーム&アウェー形式で、川崎フロンターレとの対戦になります。

欲を言えば勝ちたかったけど、カップ戦は次に進む事が大事ですからね。

埼玉スタジアム2002 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 セレッソ大阪戦

Continue reading

大阪長居スタジアム ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦 アウェー セレッソ大阪戦

大阪いけなかったんでテレビ観戦につき簡単にしか触れませんが勝ちました。スコアは 2-0。しかも興梠さんが2得点というのもうれしいね。

ナビスコカップは準決勝までホーム&アウェー形式なので、次の日曜日には準々決勝第2戦が埼スタで。アウェーゴールも2点獲ってきてくれたので、状況的にはかなり楽な感じですが、次もきっちり勝って準決勝に進みたいですね。

Continue reading

浦和レッズ後援会 設立20周年記念式典(トレーニングマッチ)行ってきた

Jリーグがコンフェデレーションズカップの関係でお休みだから最近ブログ書いていませんが、久しぶりにスタジアム行ってきたので書きます。

今日は、浦和レッズ後援会の設立20周年記念式典が、浦和駒場スタジアムで開催されました。後援会会員の端くれとして参加してきた。内容的には90%が湘南ベルマーレとのトレーニングマッチで、45分を4本、計180分たっぷり、久しぶりに試合を観させてもらいました。

浦和レッズ後援会 設立20周年記念式典 ミシャさんと阿部ちゃん

Continue reading

Jリーグ第9節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

ACL試合日程の関係で、今年ACLに出場していたウチを含めた4チームは、第9節が先送りになっていたのですが、今日はその、日程が後ろにずれてた第9節。これで全チーム試合数も同じになって、ここから6月後半のナビスコカップ準々決勝の日程まで、日本代表のワールドカップ最終予選と、コンフェデレーションズカップ2013出場に伴うJリーグ中断期間に入ります。

だから、きっちりホームで勝って、気持ちよく中断期間に入りたかったんですけどね... PKで先制するも、最後の最後で追いつかれて悔しい引き分けでした。でもこの勝点1によって、順位的には2位に浮上です。ま、前向きにとらえましょう。

Jリーグ第9節 埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦

Continue reading

Jリーグ第13節 国立競技場 アウェー 柏レイソル戦

鹿島鳥栖とホームで連勝して、ワールドカップ最終予選とコンフェデレーションズカップによる中断期間まであと残り2試合ですが、その1つ目、Jリーグ第13節は、国立競技場で柏レイソルと。

Jリーグ第13節 国立競技場 アウェー 柏レイソル戦

柏さんはACLの決勝トーナメントに進出しているため、先週のミッドウィークに全北現代と1試合やって、中3日。ウチはしっかり1週間準備期間があった状態での対戦でしたが、まさかの2試合連続6得点で快勝してくれました。しかも、柏にきっちり対策された中、前半で2得点、さらに後半前掛かりになった柏から、セットプレーとカウンターで4得点。きっちり仕留めてくれた、内容的にも素晴らしい勝利でした。

Continue reading

浦和レッズ後援会から DVD 届いた

Jリーグは今年20周年ですが、浦和レッズ後援会も今年で20周年を迎えたと言うことで、記念のDVDが送られてきました。DVDといっても、映像じゃなくて、後援会の会員に定期的に送られてくる会報誌「RD EXPRESS」って冊子があるんですが、過去の「RD EXPRESS」を全部まとめてDVDにしたものだそうです。

浦和レッズ後援会 20周年記念 DVD

Continue reading

J1リーグチーム通算1000ゴール達成記念記念DVD 「UrawaReds 1000 Goals+」

発売日にスタジアム行ってたので、スタジアムファンショップで買えばよかったものを、何を血迷ったかオンラインショップで注文しちゃったので今日届きましたよ。

J1リーグチーム通算1000ゴール達成記念記念DVD「UrawaReds 1000 Goals+」

Continue reading

第93回天皇杯の組み合わせが決定。浦和レッズの初戦は駒場で2回戦から

まだちょっと先の話ですが、今年の天皇杯の組み合わせが決まりましたね。ウチの初戦は、9月7日(土)または 11日(水)に開催される2回戦、栃木県代表 vs 埼玉県代表の勝者と浦和駒場スタジアムでの対戦になります。

候補日が2日あるのは、9月7日はナビスコカップの準決勝の予定がすでに入ってるんですね。ウチが勝ち進んでれば、そこは当然ナビスコカップになるので、天皇杯、2回戦は9月11日になります。予定が確定するのは6月30日とのこと。

Continue reading

ロビーからメッセージ

シーズンチケットホルダー向けに、今シーズンから毎ホームゲームごと、選手からのメッセージを添えたメールが届くようになっていますが、今回の鳥栖戦後のメールにはロビーからのメッセージが。

サポーターのみなさん

今日は皆さんに会うことができとても嬉しかったです。
ありがとうございました。

これからも浦和レッズを応援してください。

心をこめて ロブソン・ポンテ

浦和レッズ シーチケホルダー向けメール : 第12節 vs鳥栖戦 試合後メール から引用

Continue reading

Jリーグ第12節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

前節、鹿島にホームで勝って、連勝といきたいJリーグ第12節は、ホーム埼スタにサガン鳥栖を迎えて。鳥栖さんは今年ちょっと苦しんでて、順位的には下位に低迷していますが、ウチが比較的苦手な高さを活かした放り込みサッカーやってくる点からも決して楽な相手ではありません。

Jリーグ第12節 埼玉スタジアム2002 サガン鳥栖戦

しかし、今季初の大量得点。6得点して、6-2と、きっちり快勝してくれました。

Continue reading

セレモニーさんプレゼンツ ロビーのトークライブ ダイジェスト動画が公開中

浦和レッズスポンサーのセレモニーさんが主催で、2013年5月13日(月)19:00からレストラン&スポーツバー「ティナラウンジ」で行われた、ロビーのトークライブ。

ロビーの他に、水内さんが司会、ゲストに土田コーチ、都築さんも迎える豪華なトークライブだったようですが、参加できなかった人向けに、ダイジェスト動画を公開してくれています。

Continue reading

今日はJリーグ20周年記念の日。東京タワーもJリーグ色だったよ

Jリーグが開幕したのが、1993年5月15日。今日はその日からちょうど20周年の記念日ってことで、東京タワーが「Jリーグカラー」にライトアップされました。ちょうど近くにいたんで、ちょっくら東京タワーに寄って写真撮ってきた。ちなみにライトアップは19時~22時の間でした。

iPhoneのカメラで撮ったんで、夜だとちょっと厳しくて、ライトアップの色がわかりにくいですが、一応、Jリーグをイメージした赤、白、緑、黒の4色ってことらしいです。

東京タワー Jリーグ20周年記念ライトアップ

Continue reading

5月18日 鳥栖戦にもロビーがくるー

5月11日に埼玉スタジアムで「Jリーグ20thアニバーサリーマッチ」として開催されたJリーグ第11節、浦和レッズ×鹿島アントラーズ戦に「レジェンドプレーヤー」として来日したロビーですが、なんか名残惜しくなっちゃったらしく(笑)、次の鳥栖戦にも遊びに来るらしいですよ。

Continue reading

サッカー批評(61) サポーターは敵か味方か?

ここんとこサッカー批評買ってなかったんだけど、ふと本屋さんに寄ったら置いてあったんで買った。61号はサポーターについてのお話。

浦和レッズマガジンや浦研でおなじみのライター島崎さんが、「槙野智章がサポーターに受け入れられるまで不思議な一体感を生むパフォーマンスの魔力」というコラムを書かれてます。

Continue reading

Jリーグ第10節 長居スタジアム アウェー セレッソ大阪戦

ACLが終わってリーグ戦に戻った第10節は、アウェーでセレッソと。GWだってのに現地行けなかったので自宅観戦です。そろそろスタジアム欠乏症でございますよ。

さて、ウチはACLがあった関係で第9節は今月末(5月29日のホーム仙台戦)にずれていますので、1試合少ない状態ですが、おかげさまで中2日のセレッソに対してタイへの遠征があったとはいえ中4日とコンディション的には恵まれた状況での対戦。

大宮清水と連敗している状況なので、今日はアウェーとはいえ勝たないといけない試合でしたが...... 先制され、一度は逆転したものの、最後に追い付かれて引き分け。悔しい結果となりました。

Continue reading

サンダードームスタジアム ACL 2013 予選グループF 第6戦 アウェー ムアントン・ユナイテッド戦

ACL の予選、最終戦は、タイ、ムアントン・ユナイテッドとアウェー、サンダードームスタジアムで。

ウチは勝って、同日、同時間にキックオフする、広州恒大×全北現代で、広州恒大が勝てばグループ2位で予選通過っていう、厳しい条件下で迎えた試合でしたが、結果は先制点を守り切って勝つも、広州恒大×全北現代がスコアレスドローで終わったため、勝点では2位の全北現代に並ぶも、直接対決の結果(1敗1分け)によってグループ3位、予選敗退が決まりました。

現地には行けなかったけど、テレビを通して現地サポの声はきっちり聞こえたきた。予選敗退は残念な結果だったけど、最後、アウェーできっちり勝てたし、気持ち切り替えてリーグを獲って、来年またチャレンジしましょう。お疲れ様でした。

Continue reading

Recent Entry

全ての記事一覧を見る