Keep on Jumpin'

Jリーグ第33節 ベストアメニティスタジアム アウェーサガン鳥栖戦

試合終わりに1泊して、ついさっき帰ってきたのでレビュー書くの遅くなりましたが、負けちゃいましたね… これで順位も柏と勝点で同じ、得失点差による 5位。自力でのACL出場枠獲得はなくなりました。最終節で...

試合終わりに1泊して、ついさっき帰ってきたのでレビュー書くの遅くなりましたが、負けちゃいましたね… これで順位も柏と勝点で同じ、得失点差による 5位。自力でのACL出場枠獲得はなくなりました。最終節で勝つのが絶対条件、あとは鳥栖と柏の結果待ちという形になります。

個人的には久しぶりに鳥栖に行ったので懐かしいなって感じでしたが、試合は残念な結果だったので腹いせに博多でうまいフグ食いまくってきてやった。

Jリーグ第33節 ベストアメニティスタジアム アウェーサガン鳥栖戦

さて、土曜日のスタメンは、警告の累積で出場停止だった槙野に代わって、水輝が先発。最終ラインは水輝、暢久、ツボ。ボランチはいつもの阿部ちゃん、啓太。2シャドーにウメとマルシオ、両ワイドにヒラ、ウガ、元気ワントップ。GKは順大さんです。

結果的に先制されたので印象的にはあれですが、失点までの前半に関しては、ウチはいつもどおりしっかり後ろで組み立てて鳥栖が食いついてくるのを待ちつつ、出てこなければ暢久や啓太から鋭いサイドへの展開でヒラやウガがサイドからの攻撃で形を作るなど、けっして悪い立ち上がりではなかったと思います。何度かチャンス自体も作っていて、そこで先制できていれば試合内容は全く違ったでしょうね。まぁ、たらればを言っても仕方ないですけども。

結局、いつもの話になってしまいますが、サイドは崩す、でもクロスの精度や、中での強さ、決定力に欠けるため、惜しいけど点はとれないっていう、なんとも歯がゆい展開のまま前半も終了間際、ちょっとしたミスからサイドを深く崩されると、折り返しを中央で豊田に合わせられて失点と。これで一気に流れを鳥栖に持ってかれてしまいました。

前節の広島戦は、広島の中央ブロックがそれ程強固、かつハードチャージしてくる相手じゃなかったのもあって、柏木の不在はそれほど大きな問題には感じられませんでしたが、鳥栖のように中央できっちりブロックを作って、トップとトップ下を消しにくるチーム相手の場合、柏木のようにワンタッチでフリックして相手守備ブロックを崩せるような変化を付けられる人がいないと、なかなか崩せないですね (といってもその肝心の柏木も終盤戦、疲労からかなかなかいい仕事できていませんが…)。元気も持ち味を出そうとがんばってはいるんでしょうが、なかなかワントップで適正なポジショニング、仕事ができずに苦しんでいる感じがしました。

また、槙野がいないことで、前線の5人がハードにマークされてフリーになれない状況で6人目として攻撃参加してくる選手が足りず、なかなか効果的な攻撃ができなかったのも確かだと思います。これは代役を務めた水輝の特性的に、槙野に比べれば果敢にオーバーラップすることを得意とする選手ではないので、仕方ないとは思いますが、ちょっと残念でした。野田がツボ (打撲だったんですね) に代わって入ってからは彼が思いきって持ち出していましたが、持ち出したところで横パスミスってカウンター喰らったり、プレーの質ってところでいえばやはりまだ足りない点も多いですね。

2失点目は水輝のクリアボールが中途半端になってしまったためにダイレクトで蹴り込まれたもの。シュートした方を褒めた方がいいと思って忘れるとして、3失点目は自分たちのミスからカウンターを喰らい、マークについていた野田をうまく外した豊田にやられたもの。悲しいのはすべての失点で得点者のマークについていたり、直前のプレーが水輝、野田っていう控え選手だったってところが、主力を固定して終盤まで戦ってきたウチの、1つの弱点が露呈した形かもしれません。控え選手の出場機会が少なく、スムーズに試合に入れていないのか、試合勘がなかなか戻らないのか…

3失点してしまったことで、ウチの得点がかすんでしまいましたが、一時同点となる得点をしてくれたのはウメ。後半の早い時間に追いついたので流れ的には来たかなと思ったんですが、その5分後には失点してしまったのでショックでかかったです。

終わってみれば、堅守からの速攻、さらに90分ハードワークして足を止めないっていういつものやり方を貫いた鳥栖に、プラン通りやられたって感じで、全体的にウチがポゼッションして鳥栖のチャンス自体はそんなに多くなかったと思いますが、その少ないチャンスをきっちり点に繋げてきたってことで、完敗です。

Jリーグ第33節 ベストアメニティスタジアム アウェーサガン鳥栖戦

ということで、その日の夜は、福岡で1泊、中洲の六三亭さんで、うまいフグを食べまくってやりました。いやマジでうまかった…

六三亭でフグ

で、翌日はラーメンツアー。朝っぱらから、一蘭いって、その後マリンワールド海の中道で1日ゆっくりしてから、早めの夕飯に、今度は大砲ラーメンいって… 福岡を満喫して帰ってきました (鳥栖行ったのに佐賀はあんまり満喫してない)。

一蘭
一蘭の天然とんこつラーメン。
大砲ラーメン
久留米 大砲ラーメンのチャーシューとんこつラーメン

ということで、気を取り直して次は最終節。ホームで最後きっちり名古屋に勝って、気持ちよくリーグ戦を終わりたいですね。

あ、広島が今節勝って、仙台が負けたことで広島の優勝が決まりましたね。ミシャさんが育てたチームをポイチさんがうまく引き継ぎつつ仕上げて、クラブにとって初のタイトルということで。おめでとうございます。

試合データ
観客: 22116人
天候: 曇り
試合結果: 鳥栖3-1浦和(前半1-0)
レッズ得点者: 梅崎(58分)
順位: 5位(33節終了時点/14勝9敗10分/勝点52)
警告・退場: 平川(警告×1/反スポーツ的行為