Keep on Jumpin'

Jリーグ第23節 エコパスタジアム アウェー 清水エスパルス戦

前節鹿島にダブルを決めて、今節はエコパでの清水戦ですが、きっちり勝って久々の連勝+清水にも今年ダブルとアウェーで最高の結果、勝点3を持ち帰ってくれました。 ...

前節鹿島にダブルを決めて、今節はエコパでの清水戦ですが、きっちり勝って久々の連勝+清水にも今年ダブルとアウェーで最高の結果、勝点3を持ち帰ってくれました。

Jリーグ第23節 エコパスタジアム アウェー 清水エスパルス戦

今日のスタメンは、ケガで別メニュー調整になっていた柏木が帯同せず、ウメがトップ下でマルシオを組む形。最終ラインから、ツボ、永田、槙野、ボランチに阿部ちゃん、啓太、2列目アウトサイド、左にウガ、右にヒラ、2シャドーが前述の通り、ウメとマルシオ、元気ワントップ。

清水もここ数試合連勝しているものの、ケガ人や警告の累積で最終ラインにJデビュー戦となる選手が入るなど、厳しい台所事情がうかがえる状況。で、立ち上がりからその経験値に劣る最終ラインに対してウチの攻撃陣がいつも通り、5トップ気味に襲いかかると、ウチの変則的な攻撃時ポジションに対応が遅れた清水から前半20分までに2得点して、ほぼ試合をウチのものに。

清水はダブルボランチにして中盤の底に人数を増やして啓太のところはケアしてきたものの、逆に前線に人が足りずに前プレがほぼかからないため、阿部ちゃんや永田が期を見てドリブルで持ち上がると、それに対応しようと中央に絞った途端、サイドのウガやヒラにロングボールで裏のスペースを突かれるという状況に。

さらに、ウメやマルシオがサイドに流れてボールを受けたのに対して同サイドにスライドすると、今度はそこから逆サイドに大きなサイドチェンジでサイドバックの裏を使われる、逆にサイドバックがヒラやウガをケアしようと引っ張り出されると、そこで生じたCBとのギャップにウメやマルシオ、元気が入り込んでくるっていう、まぁそれは混乱した状況になっていましたが、そこをアジャストする前に一気に試合を持ってかれた感じで、前半に関しては前節、鹿島戦同様、ウチにとってはほぼ完璧な試合展開だったんじゃないでしょうか。

先制点は左サイドでキープしたウメが、逆サイドのヒラに大きなサイドチェンジ、ウチが左サイドで起点を作っていたために、中央スペースをケアしようと絞っていた清水のSBにとっては裏にできた広大なスペースをヒラに使われたため、アプローチが遅れてヒラはほぼフリーでクロスを中央に供給、それに対してニアサイドに元気が走り込むことによって清水ディフェンスを引っ張り、できたファーサイドのスペースにヒラへのサイドチェンジと同時に走り込んできたウメがヒラからの絶妙のクロスをダイレクトで叩き込んでのもの。

サイドで起点→逆サイドに展開→相手ディフェンスを左右に揺さぶってからの→中央にできたスペースに2列目が飛び込んでの得点。っていうもう狙い通りの得点で、柏木が不在の状況でも、出場時間の長い前線選手間ではコンビネーションは完成の域に到達してきた感があって素晴らしいなと思います。

さらに追加点はPKですが、ウメがドリブルで仕掛けてペナルティーエリアに侵入した決定機を後ろから倒されてのもの。そこにいたるウメの仕掛けはキレがあって素晴らしかったですが、その前の状況も、サイドに大きく振ったことで生じた清水のディフェンスラインのギャップをウメがうまく突いた形で、結果は倒されてのPKでしたが、崩しとしては狙い通りだったんじゃないでしょうか。

あとはうまいことペースを調整して前半は折り返し。

で、ここからが最近のウチの課題ですが、後半、立ち上がりから清水がSBを1枚削って高原を投入、2トップにしてボランチをアンカー1枚にして前線に人数を増やすと、前プレがかかるようになってウチの最終ラインが前半のようにボールをキープできず、押し込まれる展開に。

特に、ヒラ、ウガの運動量が落ちて、ラインが上げられなくなると、セカンドボールも拾えなくなり、バイタルエリアで清水の選手に前向きにボールキープされる時間が増えて劣勢にっていう鹿島戦などでも陥った状況。(ま、鹿島の時ほど、相手の攻撃が形になっていたわけではないので、怖さはそれほどなかったですが)

それでもカウンターから生まれたチャンスにきっちり3点目を奪って、試合を決めてくれればいいんですが、相手の好守にも阻まれなかなかチャンスをモノにできない時間が長く続きました。マルシオに代わって入ったランコも、期待されたのは前線で溜を作って、ラインを押し上げる時間を作って欲しいっていう感じだったと思いますが、イマイチはまらず。

とはいえ、疲れの見えるヒラを野田に(これでウガが右に移って、野田が左)、前述の通りマルシオをランコに、さらにとどめに啓太を水輝に変えて、何とか最後までねばり、無失点に抑えての勝利。後半の試合運びに課題はあるものの、相手がシステムを変えてスイッチを入れてきたのに対して、得点を許さず、2点差を守り切っての勝利は、素晴らしい結果だったと思います。

ということで、次はホームに戻ってのダービーマッチ。きっちり勝って、3連勝といきたいものですね。

試合データ
観客: 23188人
天候: 晴れ
試合結果: 清水0-2浦和(前半0-2)
レッズ得点者: ウメ/11分、阿部/20分
順位: 3位(23節終了時点/11勝4敗8分/勝点41)
警告・退場: -

Recent Entry

全ての記事一覧を見る