Keep on Jumpin'

Jリーグ第20節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

前節は気持ちよく勝って、今日は前回アウェーでの引き分けの借りを返すぜって感じでのぞんだホームでのFC東京戦ですが、結果は2-2の引き分けということで、今シーズンはお互いに互角の対戦ってことになっちゃい...

前節は気持ちよく勝って、今日は前回アウェーでの引き分けの借りを返すぜって感じでのぞんだホームでのFC東京戦ですが、結果は2-2の引き分けということで、今シーズンはお互いに互角の対戦ってことになっちゃいました。

Jリーグ第20節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

今日のスタメンは、怪我で離脱していたヒラが戻ってきていつもの右サイドに。ヒラの替わりにそこをやってたウガを左に移して、本来そのポジションのウメを前節もらった警告での累積により今節出場停止だった柏木の位置にいれてという布陣。最終ラインはツボ、永田、槙野、ボランチに啓太と阿部ちゃん、両サイドがヒラとウガ、2シャドーにマルシオとウメ、元気ワントップというスターティングメンバーでした。

前半は立ち上がり、東京があまり前プレもかけてこず、さらに中盤で啓太のところにもほとんどプレッシャーがかかってこない状態で、ラインは高く、ウチの両サイドに対するマークもルーズな状態だったので、積極的に裏のスペースを狙うウチの両翼に対して、啓太や、最終ラインからロングパスが綺麗に入りまくったことで何度もチャンスが作れていました。

先制点は10分過ぎ、ウガのスーパーミドルシュート。ショートコーナーからのこぼれ球を見事に蹴り込んでのもの。ウガってたまに(っていうと失礼だけど)すごいのぶちかますときがあるけどまさに今日はそれが炸裂しました。

その後もウチのペースで試合は進み、35分過ぎには東京のプレスが甘い状況をうまく使ってドリブルで持ち上がった啓太から、裏に仕掛けたウメに絶妙なパス→ゴール前に走り込んだマルシオへの折り返しをきっちり押し込んで追加点。ここまでは完璧な試合展開で前半を折り返し。

だったんだけど...

後半見事に修正されたっす。東京はルーズだった中盤でのプレスを徹底し、さらにシステムを変えて中盤から前線にかけて人数をかけてくると、そこで奪ってからの縦に素早いカウンターでウチを押し込み、簡単に2点返して追いついてきやがりました...相手がやり方を大きく変えてきたことに対して、ウチの対応がうまくできなかったですね。

ただ、終了間際にあからさまなペナルティーエリア内でのハンドを見過ごされたりとか、アホかっていうこともありましたので、その辺は残念です。それ以外にも後半、何度かチャンスも作っていますので、そこで決めきれるかってところなんでしょうね。

ということでとっても悔しい引き分けになりましたが、チームとしてはここ11戦負けなしで3位をキープしておりますので、気持ち切り替えて次のアウェー、神戸戦をきっちりサポートしましょう。気がつけば柏、名古屋あたりがすぐ下に来てて嫌な感じですが、ウチも1試合で首位とは入れ替わる混戦ですので、アウェーで勝点をしっかり持ち帰りたいですね。

Jリーグ第20節 埼玉スタジアム2002 FC東京戦

おまけ

前節おあずけだった通算観客動員数1,000万人を、今節で見事達成しました。20年で1,000万人。すごいっすね。これからもさらに上を目指していけたらいいっすね。

あと、今日はエジが東京の選手として久々に埼スタに戻ってきましたね。試合前にはゴール裏の方まで挨拶にきてくれて、俺らも拍手で迎えるなんていう一幕もありました。ま、試合始まってしまえばそこは敵チームの人ではありますが、東京での活躍(ウチの試合以外でね)を期待してます。

試合データ
観客: 34267人
天候: 晴れ
試合結果: 浦和2-2東京(前半2-0)
レッズ得点者: 宇賀神/11分、マルシオ/35分
順位: 3位(20節終了時点/9勝3敗8分/勝点35)
警告・退場: -