Keep on Jumpin'

広島ビッグアーチ アウェー サンフレッチェ広島戦(2012年Jリーグ開幕戦)

今年もやっと開幕ですね。広島から帰ってきて疲れて寝ちまったので遅くなりましたが簡単な観戦メモなど。 さて、2012年、浦和レッズのJリーグ開幕戦は、アウェーでサンフレッチェ広島との対戦。今年のうちの監...

今年もやっと開幕ですね。広島から帰ってきて疲れて寝ちまったので遅くなりましたが簡単な観戦メモなど。

さて、2012年、浦和レッズのJリーグ開幕戦は、アウェーでサンフレッチェ広島との対戦。今年のうちの監督は去年までのサンフレッチェ広島で監督をやっていたミシャですから、まさに兄弟対決といった感じ。やろうとしているサッカーもほぼ同じ、互いに対策もわかりきっている状況で、得点がバンバン入ってという感じよりもかなり落ち着いた試合になるんじゃないかってのは始まる前からある程度は予想できましたが、その通りの試合になりました。

広島ビッグアーチ アウェー サンフレッチェ広島戦(2012年Jリーグ開幕戦)

今年は開幕前のプレシーズンマッチがありませんでしたし、直前のトレーニングマッチは非公開だったりして、チームがどの程度完成しているのか、ポジションがどの程度確定しているのかが外からだとさっぱりわかりませんでした。

ワントップを誰にするか、最終ラインの右側は誰だろ?とか、阿部ちゃんを最終ラインで使う場合、ボランチで啓太と組む人が誰になるのか、もしボランチで柏木を使うならインサイドハーフは?マルシオとかどうすんの?みたいないくつかポジション的にこれで決まりっていう感じがしていない箇所がありましたが、結局この日のスタメンは、最終ラインに左から、槙野、阿部、水輝の3選手。ボランチに啓太と柏木。2列目、左にウメ、右がヒラ、中央に直輝と元気、達也のワントップという布陣。

やっぱり阿部ちゃんは最終ライン中央、リベロの位置 (ホントはボランチが最適なんだろうけど人がいねぇ)。啓太と組むかなと思っていた小島くんはまだミシャを満足させられなかったか、柏木を啓太と組ませて、柏木が1列下がったことで空いたところに直輝を元気と組み合わせてインサイドハーフで使ってきました。最終ライン右には水輝くんが開幕スタメン(おめでと)、1トップは達也と。

試合は立ち上がりから互いに前線で激しいプレスにいくこともなく、落ち着いた入り。

攻撃時、ウチのビルドアップは啓太が最終ラインに下りてきて、4バック気味になり、啓太、阿部ちゃんに柏木を加えたトライアングルを基本にパスを交換しつつそこで相手を引きつけ、ギャップを作ったところで直輝や元気に縦の楔→相手を中央に寄せといて→フリーのサイドへみたいなのが狙い (これは広島も同じ) になりますが、最終ライン+柏木でボールを回しているときに広島の選手が全く食いついてこず、縦へのパスコースだけ切って対応されるのでなかなかスイッチとなる楔が入れられず、サイドに出すも楽に守備をスライドされてフリーになれず、達也へのロングボールを入れるも...という繰り返しでした。

特にウチの前線の5人がほぼ1列になって相手の最終ライン前に並んでしまうため、柏木との距離も遠くて、そこからのパスコースがほぼなく、所謂、前後分断状態になってしまっていたので、これだと効果的な攻撃は難しいですね。直輝や元気がもっと頻繁に下りてきてパスを引き出してあげるなどもう少し工夫が必要かなと思いました。この辺は時間が必要な部分だと思いますが、課題としてはっきりしたところかと。

逆に守備面は結構しっかりできていて、特に阿部ちゃんの存在のでかさを実感した試合でした。広島のビルドアップに関しては、ウチでいう啓太と広島の森崎(和幸)、柏木と青山が同じ役割になりますが、これに対してウチも前線で無闇に食いつかず、青山を柏木がしっかりマークして石原、高萩、さらに佐藤寿人への縦の楔をケア、相手前線のこの3人は啓太を加えたウチの4バックで抑えればという感じなのですが、広島のうまかったところは、たまに青山が最終ラインまで引いてしまうなどポジションを大きく動かすことで柏木のマークを混乱させ、空いたスペースに森脇が入って来てフリーでボールを受けたりしていた点。

それに対応するため啓太が引き出されたりするとそれでできたギャップに佐藤が入って来てフィニッシュまで行かれるみたいな感じでしたが、前述の通り、そのやばい場面ではことごとく阿部ちゃんが身体を張って守ってくれてた感じ。そのおかげで前半は失点ゼロで折り返しました。

そういう意味で、ウチの攻撃もなかなか形にならなかったものの、広島の決定機もそれ程多くなく、膠着した感じの試合展開だったのですが、後半立ち上がり、ミキッチからのクロスに石原が合わせたシュートを順大がはじくも、そこに詰めた佐藤に押し込まれて失点。ミキッチvsウメのマッチアップがこの試合では明暗を分けたかなという感じ。

これはウメが悪いとか言う話ではなくて、守備面での能力が売りではないウメと、スピードもあってサイドを突破できるだけでなく、場合によっては中に切れ込んでフィニッシュまで持って行けるだけの高い能力を持ったミキッチがマッチアップすればそりゃミキッチが有利だよねっていうだけの話。やはり広島にとってのミキッチの存在はデカイです。そしてそこからきっちりやられましたと。

失点後は達也→ランコ、さらに直輝→ポポと代えて攻勢にでましたが1点が遠く (それでもポポのクロス→槙野ヘッドはこの試合最大の決定機でしたが...)、そのまま試合終了。今年も開幕戦勝利とはなりませんでしたね...

ということで、主に攻撃面での課題は多く見られましたが、ここは練習、試合を積み重ねることで徐々によくなっていくと思われますので、その期間が短くなることは祈りますが、そこはミシャとチームを信じて見守るしかなさそう。来週はホーム開幕、相手は去年のチャンピオン、柏と相手にも不足無しですから、埼スタを赤く染めてしっかりサポートしましょう。

広島ビッグアーチ アウェー サンフレッチェ広島戦(2012年Jリーグ開幕戦)

おまけ

阿部ちゃんの新チャント+試合前のスタジアムの様子を簡単に動画で撮ってきたので下に貼っときます。

おまけ2

金曜日から広島に入って、1日観光してたのでアウェー広島観光マップも。ビッグアーチに試合見に行くことがあったら参考まで。


より大きな地図で 2012 Jリーグ開幕戦 広島ツアー を表示

試合データ
観客: 29,603人
天候: 曇り時々雨/晴れ間あり
試合結果: 広島1-0浦和(前半0-0)
順位: 14位タイ(1節終了時点/0勝1敗0分)
警告・退場: 柏木(警告×1/反スポーツ的行為