Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 天皇杯3回戦 東京ヴェルディ戦

ワールドカップのアジア地区予選やU-22のロンドンオリンピック予選などでリーグ戦はしばらくお休み中ですが、今週末のリーグ戦再開前に天皇杯の3回戦、埼スタで東京ヴェルディと。お久しぶりの対戦ですね。 ...

ワールドカップのアジア地区予選やU-22のロンドンオリンピック予選などでリーグ戦はしばらくお休み中ですが、今週末のリーグ戦再開前に天皇杯の3回戦、埼スタで東京ヴェルディと。お久しぶりの対戦ですね。

埼玉スタジアム2002 天皇杯3回戦 東京ヴェルディ戦

結果的には2-1で勝利。無事4回戦に進みました。スタメンはかなりリーグ戦からは変えて、本命の試合となる今週末のリーグ、仙台戦に向けて主力を温存した形になりましたが、それでもしっかり結果を出せたのは良いことだと思います。

今日はGK、ギシさん、4バックに峻希、青山、水輝、暢久。小島くんをアンカーに、ダブルトップ下を直輝とユースから昇格予定の矢島くん。左右にマゾーラと一樹を置いてのランコ1トップという形。システム的には頑なに4-1-4-1ですね。

前半はヴェルディが中央をしっかり固めて、特にアンカーの小島くん、トップ下の2人、さらにランコのところできっちりマークに付いてきていたのでなかなか中央で縦方向にパスを入れることができず、起点も作れないので攻撃の糸口がつかめない感じ。開き直ってしばらく縦ポンで裏のスペースを狙い相手のバックラインを下げさせるとかでもよかったかもしれませんが、その辺は前半に関してあまりうまく対応できなかった感じ。局所局所で個人技での打開ができるとチャンスは作れるけど決定的な場面はほぼ無しという前半でした。

後半も立ち上がりは前半と変わらずですが、10分過ぎに一樹が中央で前を向いてボールを受けるとそのまま見事なミドルシュートをゴール角に叩き込んで先制。これでかなり試合が楽になりました...と思っていたらその数分後、カウンターからドリブルでゴール前に持ち込まれると、ウチのディフェンスがそこに引っ張られたところでどふりーの逆サイド、アポジにパスを通されて失点。試合は振り出しに。

後半も30分を過ぎると試合はオープンな感じになってお互いに決定機を作る展開。が、残り10分弱、ヴェルディゴール前で獲得したフリーキックを一樹が決めて勝ち越し。そのまま逃げ切りました。

内容的にはメンバーの問題もあって評価がしにくい試合でしたが、やはりダブルトップ下とアンカーに誰を置くかでかなり試合展開が変わりますね。週末の仙台戦は直輝、水輝がいませんが、特に直輝の代わりをどうするのかってのは深刻です。マルシオは仙台戦、間に合うんですかね。今日、サブでも入るかなっておもったらいなかったし...

さて、天皇杯はこれでリーグ戦終了までありませんので、現実に戻って次の仙台戦に備えましょう。しっかり勝ってちょっとは気を楽にさせて欲しいものです。

そういえば、川勝監督が「負けたら埼京線で帰らせる」なんて試合前に言うもんだから、試合後に「埼京線」コールを盛大に浴びるはめになったヴェルディ選手の皆さんは大変だなって思いました。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る