Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦(Jリーグ第32節)

今年のリーグ戦も残すところあと3試合。雨の埼スタで行われたJリーグ第32節はベガルタ仙台と。向こうもACL圏内がかかってる状況で負けられないんでしょうけど、こっちもJ1残留を争う状況では絶対に負けられ...

今年のリーグ戦も残すところあと3試合。雨の埼スタで行われたJリーグ第32節はベガルタ仙台と。向こうもACL圏内がかかってる状況で負けられないんでしょうけど、こっちもJ1残留を争う状況では絶対に負けられない状況での試合。

結果は0-0で勝点1を獲得しましたが、同日甲府が負けたことでこれで勝点3差。得失点差にかなりの差があるので、次節でウチが勝つか、甲府が負ければウチの残留が決定するという、とりあえずは優位な状態にすることができました。

埼玉スタジアム2002 ベガルタ仙台戦(Jリーグ第32節)

スタメンは、ツボと永田のCBに、ヒラと野田くんのSB、アンカーに啓太。トップ下にマルシオが復帰して柏木とコンビを組み、両サイドのアタッカーはウメと元気。セルヒオの1トップという布陣。

この試合、評価が分かれるとすれば、どのように試合をとらえるかだと思いますが、この試合を勝たなければいけない試合だととらえれば、前線での連動性や攻撃的な面でのスピード感、迫力と言う部分では不満の残る試合でしたね。逆に、とにかく勝点0という事態だけは避けて、最低でも勝点1を取りにいきましょうっていう視点で見れば、ベストではないにしても最大限ベターな試合をしたなって思います。で、個人的には後者でよかったんじゃないかなと。

仙台は攻守の切り替えも早く、守備ブロックを形成するのも早いし、なかなか大崩れしないので、こういうチーム相手に得点するのは難儀するっていうのはある程度予想されましたが、それに対してウチもあまり前へ前へと急がずに、慎重な試合運びだったと思います。仙台みたいな相手に先制点を与えてしまうと本当に厳しい状況になってしまうので、とにかく失点だけは避けて、っていう試合運びは妥当でしょう。特に仙台がカウンター主体のチームと言うことを考えると、無理に突っかけて悪い位置でボールを失い、カウンターから失点みたいのは一番避けなければならない事態です。そういう意味で、うまくバランスを意識しながら試合を運んだんじゃないですかね。

ただ、だからといって失点を怖がって引きこもっているだけでチャンスも少ないつまらない試合だったかというとまったくそんなことはなくて、堀さんが監督になってから、確実にやりたいことを体現できるようになってきたんじゃないかなと思いますし、リスクを最低限にしつつも、要所要所では決定機を作っていました。逆に仙台にはほぼやばい場面を作らせないようにしっかりコントロールできていたと思います。これは特にCBに入ったツボと、アンカーの啓太の働きが非常に大きかったかなと。

ここ数試合、特に磐田戦とかがそうでしたけど、最終ラインで球際の厳しさが足りないため、相手のトップの選手にバイタルで起点を作られ、そこから決定機を作られるっていう状況が多々あったんですが、今日はツボを中心にしたラインコントロールと啓太の的確なカバーリングで相手の2トップをしっかり封じてバイタルでほとんどいい仕事をさせなかったですね。

また、そこでしっかり相手を潰してボールを奪ってくれるので、SBも比較的安心して攻撃参加できていたようですし、柏木やマルシオも前目でプレーできていたのでよかったんじゃないでしょうか。また、前後半通じてセカンドボールもしっかり拾えていたのは、最終ラインのラインコントロールが適切で中盤がコンパクトになり、選手間の距離感が適切だったというのも大きいと思います。この辺は続けて欲しいところ。

攻撃面では直輝がいない穴を復帰したマルシオがうまく埋めてくれていたと思いますし、ヒラ・ウメのサイドはかなりいい感じで攻撃の形を作れていたんじゃないかなと思います。久しぶりにサイドからクロス上げまくるヒラを見た気がします。また、1トップを任されたセルも前線でしっかりキープして味方の押し上げの時間を作り、ゴール前でもうまくスペースに入り込んでボールを受け、1度はクロスバーに当てる惜しいシュートを放ったりと、いい仕事していました。

ただ、それに比べると野田・元気の左サイドはちょっと物足りない感がありました。元気が全部足元にボールくれなので、プレーの選択肢がすくなく、相手に読まれやすいという点もあるのかもしれませんし、野田くんとヒラの経験の差なのかもしれませんが、改善の余地はあると思います。

とはいえ、全体的な完成度は上がってきた感はかなりありますし、後半から交代で入りましたが、達也の復帰や、天皇杯でも調子のいい一樹など、サブのメンツも調子が上がってきていますので、残り2試合、期待できるんじゃないでしょうかね。逆に元気くんのパフォーマンスの低下がちょっと気になっていて、今日の後半の交代でも、実際はセル→達也、ウメ→一樹だったんですけど、個人的には元気→達也、セル→一樹っていう交代の方がよかった気がするほど、特に後半の元気くんはあまり決定的な仕事ができていなかったですね。ま、外野の勝手な意見ですけど。

とにかく次の福岡戦、勝てば残留も決定で、最終節のホーム柏戦に気持ちも楽に臨めますので、次節が本当に大事な試合になります。同日の福岡×山形戦では福岡が5得点とかしててその勢いにちょっといやーな感じもしますが、ウチもきっちりコンディションを整えてしっかり勝点3を取って戻ってきて欲しいですね。福岡戦は都合が合わなくて現地に行けそうにないので、テレビ前で気合い入れて応援します。