Keep on Jumpin'

大阪長居スタジアム アウェー セレッソ大阪戦(Jリーグ第24節)

テレビ観戦でしたが相変わらずの先制されたら勝てない状態は続きますね。しかも点の取られ方が悪い。相手の連動した動きにマーカーが置き去りにされてフリーで叩き込まれる... 2点目、3点目はまぁ前がかりにな...

テレビ観戦でしたが相変わらずの先制されたら勝てない状態は続きますね。しかも点の取られ方が悪い。相手の連動した動きにマーカーが置き去りにされてフリーで叩き込まれる...

2点目、3点目はまぁ前がかりになった状態だったからねで一応は仕方ないかなと思うけど1失点目は完全にセレッソのサッカーにいいようにやられた状態。マンマークで守備をしていながら肝心の1対1で簡単に外されるんじゃなんのためのマンマークかわからんですよ。

攻撃面でも前線の選手が引いてボールを足元で受けるかランコに対するとりあえずロングボールってのばかりでそれに対して連動する動きもないから個々人がバラバラに仕事してる感じ。前半の立ち上がりはランコのそばで達也がランコのポストプレーから裏に抜けようっていう仕掛けを何度もしていてそれ自体は悪くなかったけど、彼だけがんばってるって状態ではさすがに状況の打開は難しいですよね。

柏木、直輝が累積警告で出場できなかったのも大きいと思いますが、彼らがいても現状では劇的に状況が変わっているわけではない(中盤の運動量は確実に増えるので良くはなると思うけど、問題が全部解決って程甘い状況ではない)ので、ちょっと出口が見えない。

とにかく気になったのは

  • ボールが各駅停車(だけどパス自体は繋がってるのでなんとなくポゼッションできてるようには見える)。
  • ボール受けてから考えてる感、ハンパない。
  • 相手にとって危険なところに積極的に入っていく選手が少ない、さらにそこにパスも供給されない。だから相手が崩れない。
  • ↑にも関連するけど、特に中央やバイタルで起点が作れているわけでもないのにとりあえずサイドに振ってイージーなクロス→中はディフェンスの間で待ってるだけ。みたいな状態で得点は難しい。クロスに対する入り方にしても前節の(決まらなかったけど)達也の2列目から飛び込んでくるような動きが全くなければ相手ディフェンスも対応しやすい。
  • マンマークで守備しながら大事なところでマークを簡単に外されたり、対人で負けたりってのが最近目立つ。疲労の蓄積が原因か?
  • ラインコントロールちゃんとやれ。マジで。
  • 先制されて追いつかないといけないって状況になると繰り出されるセル(orマゾーラ)入れてのごり押しサッカー。確かに一見派手になるし、勢いで1点くらいは取れちゃうからなんかいいように見えるけど、バランスは崩れているし守備を捨てての特攻にしか感じないのでもうちょっと頭使ったサッカーをして欲しいです。

とりあえず、これでしばらく中断して休養できるので、この期間にしっかりコンディションを整えて、再開後はきっちり買って頂きたいものです。

テレビ観戦だし、負け試合だしで超テキトー

Recent Entry

全ての記事一覧を見る