Keep on Jumpin'

日産スタジアム アウェー横浜F・マリノス戦 (Jリーグ第32節)

前節悔しい負け方して、連敗だけは勘弁してもらいたいアウェーの横浜F・マリノス戦は、日産スタジアムで14時キックオフ。午前中まで雨が降ってて、どうなるかなと思ったけど、お昼前には雨も上がって、晴れ間も見...

前節悔しい負け方して、連敗だけは勘弁してもらいたいアウェーの横浜F・マリノス戦は、日産スタジアムで14時キックオフ。午前中まで雨が降ってて、どうなるかなと思ったけど、お昼前には雨も上がって、晴れ間も見えてくるいいコンディション。ただ風が強くて冷たかったんで、試合開始前はちょっと寒かった。。

日産スタジアム アウェー横浜F・マリノス戦 (Jリーグ第32節)

肝心の試合のほうは、ウガが2試合ぶりの先発、それ以外は前節、G大阪戦と変わらず、ただ、萌ちゃんがサブで復帰したのはいいニュース。

内容に関しては前半開始早々にロビーのミドルシュートが突き刺さって幸先良く先制。これでかなり楽になった。それにしても、これは今日の試合全般に言えることだけど、マリノスの中盤は、ウチのロビーに対してほとんどプレスをかけてこなかったので、比較的自由にロビーが前を向いてボールを持つことができて助かった。

先制点にしても、2点目(これもロビーのミドル)にしても、バイタルエリアのシュートレンジであれだけフリーにしてくれれば、そりゃロビーなら枠に飛ばしますよねっていうくらい楽にプレーさせてもらってたので、今日の勝因としてはそこが大きかったと思います。もちろん、それをきっちり決めたロビーの決定力は素晴らしいんだけど、ウチが相手の俊輔に対してすばやく、きっちりとプレスをかけ続けたのに比べると、マリノスサポとしては何やってんのっていう感じだったろうなと予測します。トップ下でゲームを作ってるキープレーヤーをお互いにどう封じ込めるかっていう部分で今日の試合には大きな差があったんじゃないでしょうかね。

前・後半で分けると、前半はマリノスに押し込まれて、かなり苦しい時間帯もありましたね。特にマリノスの松本選手はスピードもあってサイドで何度かウチのディフェンスが置いてかれるようなシーンもあったり、小野選手の突破も厳しいし、あとやっぱり俊輔へのプレスが甘くなって、バイタルエリアで前を向いてボール持たれたり、いい位置でフリーキックを与えてしまうと、ヒヤッとするシーンを何度か作られました。

ただ、最後はウチのバックラインがしっかり体を張って守り、何とかしのいでいる状態で展開。で、前半終了間際にロビーの2点目が決まって、これで今日は完勝だぜと思った矢先、前半ロスタイムにゴール前のこぼれ球を押し込まれて失点。うーん、せっかくいい感じできてたのにもったいない。そのまま前半は終了。

この1失点で相手に流れが行くといやだなと思っていたら、ウチは後半開始と同時に柏木を交代させて萌ちゃん投入、彼が前半ちょっとプレスが甘めだった俊輔をしっかりケアし、俊輔にボールが入るときっちり詰めて自由にプレーをさせず抑え込むと、後半はマリノスの攻撃がほとんど機能しない状態に。

逆にウチは後半立ち上がり早々に中盤でボール奪取→峻希がサイドを突破すると、2列目からすげぇ勢いでロングランしてきたサヌに折り返し、きっちり押し込んでダメ押し。さらにその数分後には、まったく同じような状況から今度は中央のエジに折り返しをしっかり決めて4点目。これで試合は決まりました。この峻希へのパスの供給源がロビーだったことを考えると、前述したとおり、ウチのロビーに自由な仕事をさせたことがマリノスにとっては致命的だったってことですね。

その後は追加点が取れそうなシーンを何度か作るも、結局そのまま終了。守備では引き続ききっちりとプレスをかけ続け、後半はほとんど完封に近い形でマリノスを下し、勝点3を獲得。久々に気持ちのいい試合だったよ。

日産スタジアム アウェー横浜F・マリノス戦 (Jリーグ第32節)

お次はアウェーで川崎戦。厳しい相手だけど、ここはきっちり勝って、1つでも順位を上げたいね。