Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦 (Jリーグ第23節)

前節、アウェー東京戦で勝利した勢いで連勝といきたかった、ホーム埼スタに戻っての清水戦は、結果だけ見れば1-1の同点で、勝点1。いい形で先制して、勝てると思った試合だっただけに引き分けは悔しかったけど、...

前節、アウェー東京戦で勝利した勢いで連勝といきたかった、ホーム埼スタに戻っての清水戦は、結果だけ見れば1-1の同点で、勝点1。いい形で先制して、勝てると思った試合だっただけに引き分けは悔しかったけど、いい試合だったよ。

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦 (Jリーグ第23節) 埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦 (Jリーグ第23節)

今日はサイドバックで岡本くんが先発、左右のサイドアタッカーとして、東京戦と同様、元気、峻希の若手2人。ボランチには萌、柏木という形。CBはスピラ、暢久のコンビ。今日も若手がいい仕事してくれて、フィンケ監督が指向してきた世代交代と、チーム戦術の土台作りがいい感じで完成しつつあることを改めて感じさせてもらいました。

若手の起用に関して、(フィンケ監督は否定していますが)主力級のケガによる離脱が影響しているのは明らかだと思います。でも、その若手がウチの目指すサッカーをしっかりと実践し、結果を出している現状は、期待せずにはいられない好材料だと思います。直輝やウガなどが復帰してくればさらに面白くなってくるでしょう。

特に、ボランチ起用されている柏木が萌ちゃんとのコンビで素晴らしい仕事をしていました。東京戦でも感じたことですが、縦パスの意識が高く、2列目から前線に対して効果的な楔のパスを供給し、さらに自分も果敢にゴール前に飛び出してチャンスを演出していました。さらに相手ボールになった瞬間、素早く相手攻撃の起点をケアし、相手の素早いカウンターを封じていました。これは萌ちゃんも同様。さらに、その後方ではここ数試合格段に安定感を増したスピラ、ベテランらしい読みと対人能力の高さを誇る暢久がしっかりと相手攻撃を封じていました。

失点はカウンターから岡崎に技ありのボレーを決められてしまいましたが、それ以外ではしっかり集中し、ゲームコントロールできていたと思います。あとは追加点がしっかり奪えればもっと楽な展開に出来るのにねっていう感じ。ただ、過去、うちはゴール前まではボール運べるけど、シュートが打てないとか、決定力が課題になっていました。ここ数試合では、しっかり先制点も取れていますし、そこにいたる攻撃の組み立てもかなり目指す方向にそって、完成度が高まってきてると思います。その点では次につながる試合だったのではないでしょうか。

さて、次節もホームで新潟戦。そろそろホームで気持ちよく勝ってもらって、ラストスパートかけましょう。

そういえば、後半から達也が復帰。まだコンディション的には完璧じゃないみたいだけど、キレのあるドリブルと、裏のスペースへの飛び出しで何度か決定機を作っていました。次も期待。

あと、暢久が今日の出場で「J1通算450試合出場」達成。J2に1年いたことが影響して歴代ではまだ2位らしいけど、J2時代の出場を合わせれば文句なしに1位だし、サブで途中出場とかじゃなくて、スタメンで出続けてのこの記録。ホントすごいよ。今年も暢久の季節がやってきたし、変わらずがんばって欲しいです。

おまけ。今日は16時キックオフだったので、試合終わりでも少し空が明るかった。夕焼けが雲に反射して、埼スタの空が少し赤かった。

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦 (Jリーグ第23節)
Recent Entry

全ての記事一覧を見る