Keep on Jumpin'

日本平 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

前試合、リーグ戦での名古屋戦からそうなんだけど、変革の踊り場というか長いトンネルに入ったんだろうな。これを早期に抜けることができるかで今シーズンの結果も変わってくると思います。 もともとフィンケサッカ...

前試合、リーグ戦での名古屋戦からそうなんだけど、変革の踊り場というか長いトンネルに入ったんだろうな。これを早期に抜けることができるかで今シーズンの結果も変わってくると思います。

もともとフィンケサッカーの弱点はみんなわかってて、ウチが選手間をコンパクトにするために高いディフェンスラインを維持したサッカーをしている分、相手にとっては中盤でボールを奪えればレッズディフェンスラインの後ろにはおいしいくらい広大なスペースがあるわけ。あとはそこに走り込む選手とボールの供給があればかなりの確立で決定機を作れるんだけど、そんくらい誰が見たってわかるわけだし、相手チームが、それなら多少中盤でキープされてもいいからゴール前だけしっかり守ってペナルティエリアの中にさえ入られないようにしといて、あとはボール奪ったらカウンター一発っていうのを狙ったら勝てそうだねって考えるのも当然のこと。でもそれはもともと想定内というか、そのリスクを承知した上で点を取りに行くサッカーをしてるわけだから、そこは別にいいんです。

今シーズン前半のいいときは、まだ完全にウチのサッカーに対して相手が研究しきれていなかったというのもあるかもしれないけど、それでもある程度自分たちの弱点を補うサッカーができてた。つまり、

選手間をコンパクトに → 運動量を上げてパスコースの選択肢を増やす → 少ないボールタッチでパス回し → パスミスも出にくいし相手も対応しにくい → 万が一ボールを取られても選手間の距離が近ければすぐに複数人でプレスをかけれる → すぐにボールを奪い返せる確率高い(そもそも自分たちの裏のスペースにパスを供給させない)

っていうこと。逆に言えばこれができないと、リスクだけが残って、弱点を相手に簡単に利用されてしまうことになる。

後半戦に入ってからのウチにまず足りないのは「パスコースの選択肢を増やす動き」。悪い試合してるときはだいたいこれがないので、

パスコースを探してボールタッチが増えてしまう → 当然攻撃に時間がかかるので相手は守りを固める&プレスかけられる → 仕方なく横パス or バックパス → 横パスカットされる → 笑っちゃうくらいきれいなカウンター喰らう → その繰り返しでディフェンスラインヘロヘロ → 運動量減って選手間の距離広がる、パスコースなくなるの悪循環

ってことになる。特にウチのサッカーに対する対処法、守ってカウンター作戦でこられたときには、中盤はキープできるんだけど、それはキープしてるというよりも持たされてるだけで、相手の狙い通り。今はその状態から、相手ディフェンスを釣るような動きとか、相手のマークをずらしたり、崩すような仕掛けがないからおそらく相手にとっては怖くないはず(目の前で横パス回されてるだけだもの)。で、まだシュートで終わればいいけど、その前にボールを奪われちゃうと上の悪循環にまっしぐら。

これを打開するには各選手がもうひと工夫、囮になってスペースを作る動きとか、それに連動してスペースを活用する動きとか、ミドルシュートで相手ディフェンスを引っ張りだすような仕掛けとか、そういうのを数多く出していくようにしないとダメなんでしょう。これは誰か一人の選手が悪いとかそういうことではなく全員が意識しないといけないこと。それができるかで最初に書いた踊り場を抜けて1歩完成形に近づけるかが決まるんでしょう。(前半戦は結果が出てたので、あとはこれに大きなサイドチェンジとかロングパスが織り交ぜられると変化が出ていいねなんて言ってたけど、今はそれ以前の話ですね。ま、1歩進んで2歩下がるのが人生ってやつです。。)

今レッズの監督、選手たちがやろうとしてるサッカーはウチが長年やってきたどん引きしてカウンター一発のサッカーから、より近代的な、レベルアップしたサッカーへの変革なわけで、サポもそこに期待をしているし、ちょっと結果が出ないからといってその路線を変えないで続けていって欲しいと多分ほとんどの人が思ってるはず。とにかくサポは信じてスタジアムに通うしかないので、選手は気持ち切り替えて修正して欲しい。

※失点パターンで言っても、リーグでの前戦、名古屋戦と今回の試合、ほとんど同じやられ方してるのが気になるところ。名古屋はケネディ、清水はヨンセンっていう「前線の的」が明確なチームで、その周りで名古屋は玉田、清水は岡崎っていう選手がしっかり動いてフリーな状態を作ってくる。ウチは「的」の選手に引っ張られる形でマークがずれてフリーな他選手にやられるっていう、見てる方としてはまたかよっていう状態。。今後もウチに対して同じような戦術をとってくる相手は増えるだろうから、早いところ修正しないと恐怖の大失速ってのもあり得るからね。。考えたくないけど。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る